カテゴリ:MHW( 13 )

これまで無属性と龍属性の剣斧しか個別紹介していなかったため、
今回は爆破属性を持つ一品を紹介します。
例によって英雄石や剛刃球を要求しているので敷居は低くはないのでご容赦を。


・テオ=キャッスル

レア度:8
攻撃力:190(表示値665)
会心率:0%
スロット:なし
強撃ビン:爆破300(強撃ビンの中で最高の属性値)

物理火力(匠5 or 攻撃5のみ発動として)
剣モード:324(平均やや上、強撃ビンとしては低め)
斧モード:287(やや低め)

黒鋼の剣斧(テオ・テスカトル派生)の最終強化バージョン。
この武器は爆破300という強力な属性値をそなえている。
属性がほぼ飾りな強撃ビン剣斧にあって例外的であり、テオ斧の強みでもある。
そしてカッコイイ。効果音も良し。爆破エフェクトも派手と、
オシャレ性能が随一 モチベーションを高める上で大変重要だ。

 爆破属性のメリットとして、火力の安定化部位破壊が挙げられる。
爆破が通る相手であれば、硬い部位だろうが一定のダメージが望める(一回のダメージは最大弱点を一度ドつく程度になる)
まったく通らない相手もいないので、火・水属性などより汎用性も高い。
(爆破が通る相手には、火や水属性換算で300~400くらいの火力を発揮する)
→他の武器と比べて性能が低下しにくい
起爆は戦闘の初期によく起こるため、序盤での火力が高い。
破壊で軟化する部位を効率よく潰せるので額面以上の火力が期待できる。
→ヴァルハザクの外皮や、ネルギガンテの角が該当する

同族と比べて強撃ビンに依存しきっていない分、斧モードが強いのもポイント。
斧でいる時間が長い分だけ、立ち回りに余裕ができる。
(集中3積みパワスマは剣比率が高くて足回りで苦労したりする)

最大火力こそ平均レベルに留まるものの、丁寧に削っていく闘いではとても使いやすく感じるだろう。


運用法
・匠で白ゲージを出して、これを剛刃研磨と効果持続で維持するのが安定する
 →匠5で白30と、デモンの白20より雑な研ぎなおしが可能。
 →会心率の確保が難しいので達人芸はやや不得手。
爆破属性は伸びしろが少ないため、物理を素直に伸ばした方が効率が良い。
 →本気で爆破特化するならウルムースマッシャーⅢに覚醒と特殊会心でもどうぞ


競合との比較
・バゼルレイダーⅡ
同属性かつ物理威力と切れ味でやや勝る。レア7
爆破性能はテオ斧が倍程度あり、火力の安定という意味ではこちらが上手。
またラッシュ力を突き詰めると結局、デモンに行きつくので差別化が怪しくなってしまう。
独自の動きをする分にはテオ斧の方が向いているだろう。

・断滅の一閃
切れ味やスキル構成が自由な武器。レア8
余力を攻撃系スキルに回しきった場合、火力はデモンとそん色ない程度まで到達する。
龍封力のついた物理武器と言って差し支えないため、立ち回りの自由さではテオ斧が勝る。

・デモン
最大火力特化型。レア8
仕様は以前の記事の通り。強撃ビン剣斧の中ではテオ斧と真反対に位置する。


総じてテオ斧は、最大火力動きやすさを両立した武器と言える。
気楽な運用を重視したいスラアクユーザーであれば、斧英雄石を投じる価値は十分だろう。
カスタム強化するかの参考になると幸いである。



構築例 オーグベース火力重視型

テオ=キャッスル カスタム1(回復能力付与)
オーグヘルムβ(オーグヘルムαだと同性能で攻撃球を一個節約できる。見た目の相性はβがいいかも)
オーグメイルβ
カイザーアームα
オーグコイルβ
デスギアフェルゼβ
匠の護石Ⅲ
装飾品:痛撃玉×1 攻撃球×2 剛刃玉×1 持続球×3 自由枠①×1

発動スキル
滅尽龍の飢餓(加速再生)
匠 lv5
攻撃 lv4
弱点特攻 lv3
スタミナ急速回復 lv2
渾身 lv2
剛刃研磨 lv1
死中に活 lv1(自由枠)

集中スキルが無いので剣のラッシュがし辛い代わりに、加速再生+回復能力の粘り強さが光る。
渾身との相性・ヴァルハザク等への対策を兼ねて自由枠には死中に活を採用。
斧モードの活用をより意識した構築になっている。

↓ この装備の見た目 悪役で出てきそう ↓
b0168174_00024624.jpg

by vibnil | 2018-04-04 00:20 | MHW | Comments(0)


以前の記事で紹介した、デモン装備でうまい事ヴァルハザクを倒せた時の動画になります。
もう少しでブログ主も自己ベストを3分台に持っていけそう・・・!

落石外しやヴァルノスに投石阻止されたりが損失大きいですね。
回避装衣+達人円筒が最も火力出そうですが、
ただでさえ不安定でタイム落ちやすい装備なので、考え所どす。


by vibnil | 2018-04-03 21:44 | MHW | Comments(0)

2018/3/26更新 スキルとの相性とか加筆
注)この記事はMHW発売初期のものです。追加された装備は考慮されてません。

今、滅龍ビンが熱い!
というマイブームが起きてるので、滅龍スラアクの紹介をします。

・パワースマッシャーⅡ

レア度:6
攻撃力:190(表示値665)
会心率:10%
スロット:③×1
滅龍ビン:龍属性420(龍属性スラアクで最高値、斧に乗らず正味350くらい)
封龍力:中 (斧モードでは無効)

物理火力(匠5 or 攻撃5のみ発動として)
剣モード:287(強撃スラアクの平均330と比べるとかなり低い
斧モード:287(平均レベル)
*無撃強化で1.1倍化できるので、実際は結構高い

ボーンアックス(骨系統武器)の最終強化バージョン。
途中までは強撃ビンだったものが、古龍素材が混ざったら滅龍ビンに変化した。
都合、下位に滅龍ビンは存在せず、入手タイミング的に活躍できるのはストーリークリア後となる。
スラアクで唯一の滅龍ビン持ち(毒、麻痺、減気も一系統しかないけど)

従来のモンハンシリーズで言えば物理性能の終わっている産廃といったスペックだが、
[高出力状態]を最も使いこなせるメリットを引っ提げて帰ってきた。

特徴は何といっても、とにかく[高出力状態]になるのが早いこと。
以前投稿した記事を参照してほしいが、飛天連撃を出すまでもなく覚醒する。
そしてヒット数増加と高属性値の相性が抜群で、龍属性が通る相手にはすごい勢いで削っていける。
何故か"無属性強化"が乗るため、これを装着した場合の火力はかなりのものになる。
(スキル込み込みの最大火力は全スラアクでも平均レベル。スタートダッシュと安定性が売り)

レア6故にカスタム強化を3回受け付け、全スラアクで会心率は2番手になる。
これにカイザーシリーズ(頭腕脚)をつけ、装飾品で補強すれば、
炎王龍の武技(会心時、切れ味を消費しない)で切れ味をも維持して戦い続けられる。
集中スキルを発動できるダマスクβ(鎧腰)との相性も抜群で、男キャラなら見た目も中々という完成っぷり。
*記事最後に理想ビルドを掲載

集中スキル無しの強撃スラアクでストレスフルな狩りを続けていたスラアク使いの同志諸君にも、
このストレスフリーな一振りを試して頂きたい。

幾つかの注意点。
 龍属性値に依存した武器のため、これが通らない相手は流石に不得手。
また斧攻撃にはビン効果が乗らないため、龍属性と封龍力の効き目は表示値よりも低めになる。
→龍属性強化との相性も微妙
 武器作成自体は骨素材と幾ばくかのヴァルハザク素材で可能だが、
真価を発揮するためにはカスタム強化が必須。猛者石を3つ要求されるのが重ため。
特異的な性能を持つので、斧猛者石を優先してつぎ込む価値はある。

これらをクリアできれば、快適な一振りは目前だ!


・スキルとの相性
☆無属性強化:絶対必須。強さの半分くらいがこれ。武器スロットで賄える
◎達人芸:切れ味維持の第一候補。匠で切れ味段階が上がらず、高会心のため相性はとても良い
◎弱点特攻、攻撃4↑、達人:達人芸を後押しする
〇渾身、超会心、フルチャージ:枠がきつめ。最大火力を重視するなら
〇集中:なくても機能する。操作の簡単さを重視するなら優先
△龍属性強化:斧モードに乗らない。攻撃球や達人球の代役としては有用
△匠:達人芸に特化できるなら不要
△剛刃研磨:手間の少なさが売りなので微妙
×属性解放:無属性強化と両立できない

構築にもよるが、龍の通る相手に対する物理理火力と属性火力の比は9:1くらいになる。
大抵の場合、物理を伸ばした方が火力は伸びる。
素の物理威力が低めなので優先度は 攻撃up>会心up となるが、達人芸があるので折衷するのが無難。


封龍力・竜属性が共に通る、歴戦ヴァルハザクでのデモンストレーションを置いときます。
何気に不動の装衣&回復効果で強制的に本気スキルを発動されるのがエグイ。不動の装衣は何やらせてもエグイけど。




完成予定図
パワースマッシャーⅡ カスタム3(会心強化×2、回復能力付与 → 会心+回復+スロ1でも可)
カイザークラウンβ
ダマスクメイルβ
カイザーアームα
ダマスクコイルβ
カイザーグリーブβ
攻撃の護石Ⅲ
装飾品:痛撃玉×1 達人球×4 無撃球×1 攻撃球×1 自由枠①×3(護石と交換可)

発動スキル
炎王龍の武技
攻撃lv4
集中lv4
力の開放lv3
見切りlv4
弱点特攻lv3
無属性強化lv1

耐性スキルと達人芸の発動を両立した組み合わせ。
素の会心率45%に弱点特攻(50%)、達人の円筒(50%)、力の開放(30%)あたりが上乗せされる。

安定して高出力状態になれて、弱点を殴り続ければ研ぎ要らず、集中3でスラッシュゲージの管理もしやすい等、
"平均スコア"を重視している。最大火力を追い求めたいならダマスクβを削るなりすると良い。
ただピークの火力だけを目指し始めると、強撃ビンスラアクの影がちらつくので後は好みでどうぞ。



↓ この装備の見た目 バケツヘッド! ↓

b0168174_23075303.jpg

by vibnil | 2018-03-27 00:00 | MHW | Comments(3)

最新の無料大型アップデート第一弾で実装された、イビルジョーの剣斧の考察となります。
猛者石不足につきあくまで机上論となっていますので、参考ばかりに流し読みされるとよいでしょう。
バンギスシリーズは・・・まぁ、お察しください

テラーテュランノス
レア度:7 → カスタム強化2回
攻撃:220
会心:-25%
属性:龍180
封龍力:大
スロット:なし
強撃ビン搭載
切れ味:素で青40、匠5で白50

匠5での物理火力
剣モード:356(デモンに次ぎ、モーターアクセルと並んで同率2位)
斧モード:304(同上、ハザクデミオスⅡらと並んで同率2位)
*無強は考慮外

 今作6本目となる龍属性を持ったスラアクとなる。水や各種異常系が一本ずつしかないのに凄い格差。
高攻撃力・マイナス会心・匠5で白50・強撃ビンと、バゼルレイダーと対になっている。
物理攻撃の最大値に特化した龍属性武器で、デモン断滅の一閃と競合する。

 デモンと比べると、無撃強化が乗らず最大火力は数%劣る。
代わりに無撃球用の中スロットが不要で、白ゲージの長さで20勝って融通が利き、
封龍力:大と若干の龍属性が古龍相手に刺さる。

 断滅の一閃と比べると、匠が必要なので構築が縛れる代わりに、
白ゲージの存在から最大火力で1割近く勝り、弾かれ耐性が得られる。
龍属性スラアク最長の白ゲージが、硬い部位を持つ相手への保険にありがたい。
これはパワースマッシャーⅡとの差別点にもなる。

白ゲージ50によって構築の幅がそこそこあるのがうれしい所。
・匠5かつ剛刃研磨を採用すればデモンとほぼ同じ装備で作れる。
 →効果持続や無強を切れるので、その分を他に割ける
・ゼノラージベースで匠5業物を両立すれば、剛刃研磨無しでも運用ができる。
 →最大火力は落ちるが強化持続・怯み軽減と併用できる。

総じて十分実用に耐える一品と言える。
難点はカスタム強化に斧猛者石を4つ要求されること。重たい
さらにパワースマッシャーⅡやデモン、断滅の一閃のビルドを既に持っているプレイヤーにとって、
性能に大差のないこれをわざわざ作る意味があまりないこと。

まだカスタム強化を行っていないスラアクユーザーが、猛者石で一品作りたい!
というのであれば選択しても良いといった具合。
それでもレア6~7のスラアクは
パワスマを筆頭にハザク、レウスギア、ウルムースマッシャー、ボルボグランダー等、
一芸を持ったブツのオンパレードなので、優先度は低からず高からずである。

作っても損にはならない性能をしているので、見た目で決めてしまっても全く問題はないだろう。


by vibnil | 2018-03-24 00:35 | MHW | Comments(0)

注)この記事はMHW発売初期のものです。追加された装備は考慮されてません。
おおよそスラアクで最大火力を目指す場合に何を使えばいいのか?
その答えとなる武器、デモンを紹介します。
有効活用には複数の激レア素材が前提となるため、万人向けでない事に注意されたし。


・デモン

レア度:8
切れ味:匠5で白20
攻撃力:230(表示値805)
会心率:-30%
スロット:①×1
強撃ビン
属性なし(覚醒で氷180を持つが死にステータス)

剣物理火力:361(全剣斧でトップ)
斧物理火力:308(全剣斧でトップ)

 タイラントアックス(角竜派生)の最終強化バージョン。
おまけ程度の減気ビンがついてたのは過去の話。MHWでは強撃ビンを引っ提げてやってきた。
これ以降の説明を1行で収めるとするならば、

" 高い攻撃力×白切れ味×強撃ビン×無属性強化×弱点特攻3 = つよい "
握力×体重×スピード=破壊力???

物理偏重環境である今作において、文句なしでスラアクNo.1の火力を誇る一品である。
然るべき構築で相手の弱点に攻撃を叩き込めば、100超えのダメージがドンドン表示される。

 最大火力においてデモンを超える剣斧は存在しない。
例として以前投稿したパワースマッシャーⅡ達人芸仕様と、記事後半で紹介するデモン装備を比較する。
互いに自由枠に攻撃球全積み、龍属性が良く通る相手と仮定した場合、その火力は
394パワスマッシャーⅡ&達人芸
444デモン&隻眼ダマスク             *かなり端折ってる計算なので注意
覚醒速度等に差はあるが、弱点を突いている属性武器に対してなお1.1倍程の火力を見込めてしまう。
これの前では一部を除き、モンスターの弱点属性を突くなどという小細工は無為となる。
それゲームバランス的にどうなの?という疑問は残るが。
ソロで敵が必ず正面を向くorPTで敵を完封する前提であれば、剣斧の最適解足りえるブツとなる。

当然、これほどの火力が何のデメリットも無しで得られるわけもない。
大きく分けて 不安定さ 作りにくさ この二点が代償となっている。

不安定さ
・強撃ビンなので[高出力状態]になり辛い。
 →二連斬りや飛天連撃を多用するため、行動が制限されてしまう
・切れ味維持に剛刃研磨が必須となる。
 →剛刃研磨の有効時間を覚醒ゲージ、スラッシュゲージとは別に管理する必要がある
・弱点特攻が発動できない場合、マイナス会心で著しく性能が低下する
・物理的に硬い部位に対しての火力低下も顕著

運用がおそろしく重たくなる。パワスマを使っている時とは雲泥と言えるくらい重たい。
総じて能力がとても下にブレ易いと言える。
噛み合わない場合、そこらの中堅スラアクよりも低火力になりかねない。

作りにくさ
デモンをマトモに運用する上で、匠の護石Ⅲ剛研球英雄の龍脈石 斧が必要になる。
護石はクエスト相乗りでなんとかなるが、球と龍脈石は本人の運も重要。
英雄石は酷いとハンターランク200超えても手に入らない場合すらある。


これらの障害を乗り越えて初めて至れる最大火力。
スラアク使いの同志諸君も一度は体感してもらいたい。

構築例A フリー枠重視タイプ
デモン カスタム1(回復能力付与)
竜王の隻眼
ダマスクメイルβ
カイザーアームβ
ダマスクコイルβ
デスギアフェルゼβ
匠の護石Ⅲ
装飾品:無撃球×1 剛研球×1 持続球×3 自由枠①×6(火力特化なら攻撃球×6)

発動スキル
匠lv5
弱点特攻lv3
無属性強化
剛刃研磨
効果持続lv3
集中lv3
自由枠(攻撃lv6、体力増加lv3+耐性スキル1種など)

集中3と90秒研磨を前提に、最大火力の追求あるいは耐性との両立をした組み合わせ。
ダマスクを削れば火力が微増するものの、手数減少と兼ね合いからここら辺が妥当かと思われる。

↓ この装備の見た目 ダマスク腰の呪い↓

b0168174_21482954.jpg
構築例B 立ち回り重視タイプ
デモン カスタム1(回復能力付与)
竜王の隻眼
クシャナディールβ
クシャナハトゥーβ
ダマスクコイルβ
クシャナペイルβ
匠の護石Ⅲ
装飾品:無撃球×1 剛研球×1 痛撃球×1 持続球×3 自由枠①×1、③×1

発動スキル
風圧完全無効
匠lv5
弱点特攻lv3
無属性強化
剛刃研磨
効果持続lv3
集中lv1
回避性能lv2
回避距離lv2
自由枠(耳栓lv1+攻撃lv1など)

スキル数を重視した組み合わせ。火力や融通で劣る代わりにW回避と風圧無効がある。
耳栓lv1は大型アップデート第一弾で零距離属性解放突きに役立つ。やっぱりダマスクコイルの呪縛が強い。


by vibnil | 2018-03-20 21:49 | MHW | Comments(4)


歴戦レイギエナの単体クエストの場合、戦闘までに結構な数の痕跡を回収できます。
クエスト開始から戦地到着までの間に確定で確認できているのは
・開幕でキャンプからでた所に5か所
・メイン戦場に数か所
・寝床に2か所

放置すれば痕跡は更新されていきますが、クエストの回転を落としたくないのでこの程度で留め、
HR30以上のクエスト増殖を狙いつつ、各種猛者石が出る事を祈ります(英雄石は出ないです)。

同じく開幕から痕跡がいっぱいあるリオレウス(&亜種)や、痕跡がどんどん増えるディアブロス(&亜種)と比べて拘束しやすいのが利点ですね。

by vibnil | 2018-03-17 23:55 | MHW | Comments(2)

モンスターハンターワールドにおいて、宝玉がとても出辛く、集めるのが大変なのは周知の事実。
(超大型古龍は例外でドロップ率が高く設定されているけど)
そこで今作は調査クエストの報酬枠宝玉類を狙うのが主流になっている。

そこでプレイヤー諸氏は疑問にぶち当たる。
「手元に報酬が銅銅金金と、銀銀金の調査クエストがあるけど、どっちが宝玉が出やすいのだろう?」

今回は報酬枠から宝玉類がでる確率について、ちょっとだけ計算してみる事とする。
(攻略サイトのドロップ率を参考に計算しているので、実は違う可能性も無きにしも非ず。参考程度に)


・基本知識

宝玉は銅枠からは出ない。金・銀枠からのみ出る。
→とにかく宝玉を狙う場合、銅枠の数は無視してOK

任務・フリー・調査問わず、今作は基本報酬に宝玉が設定されていない場合が多い
→設定されてない場合は激運チケット使っても無意味
→超大型古龍や歴戦個体のクエストでは設定されている(主クラス二頭以上でも出るようだ)
→当然ながら歴戦個体クエストの報酬枠からは出ない。代わりに基礎報酬から極僅かに出る模様

複数頭クエストは調査枠から出る報酬が必ず分散するため、二頭追いでもしてない限り非推奨
→例として2頭クエストで銀銀金の場合、第一対象から金銀、第二対象から銀で確定となる(倒す順番関係無し)



剥ぎ取りや捕獲報酬からも若干ながら宝玉が出る確率はある。
運が悪ければどれだけ報酬枠が多くても出ない時は出ない
→とは言え銀銀金金レベルまで行くと期待値がかなり高いため、そこまで苦労はしないだろう

*以下、計算結果の少数点2桁からは切り捨て
*銅枠から出ない場合は無視して表記する


・宝玉
金枠:15%で排出
銀枠:8%で排出

金枠×1から一個出る確率15%に対し、銀枠×2から一個以上出る確率は15.3%
宝玉に関しては、金1枠よりも銀2枠の方が誤差程度ながら出やすい
報酬枠に対して一個以上の宝玉が出る確率は以下の通り

15.3%:銀銀
21.8%:銀金 
22.1%:銀銀銀

27.7%:金金
28.0%:銀銀金

33.5%:銀金金
38.8%:銀銀金金

銀金金クラスともなると三回に一回は宝玉が出る期待値となる。
受注可能人数との兼ね合いも考えると、銅銅金金か銀銀金が妥協ラインかなーと思う。


・竜玉
金枠:20%で排出
銀枠:8%で排出
銅枠:1%で排出

金枠×1から一個出る確率20%に対して、銀枠×2から一個以上出る確率は15.3%
竜玉は金枠の数を最優先するのがベスト
報酬枠に対して一個以上の宝玉が出る確率は以下の通り

22.1%:銀銀銀

32.2%:銀銀金
36.6%:銅金金
37.2%:銅銅金金

41.1%:銀金金
41.7%:銅銀金金
45.8%:銀銀金金

とりあえず金枠二か所以上のクエストを選べばそれなりに出る。
残り部分は銅2枠よりも銀1枠を優先した方が良い。

余談だが、ディアブロス系の角は鳥竜玉のそれと排出率が似ている(銅から出ない事以外同じ)。
この場合は金枠と銀枠の合計数を重視すると良い。


・鳥竜玉
金枠:20%で排出
銀枠:15%で排出
銅枠:3%で排出

39.7%:銅銅金金
45.6%:銀金金  →ディアブロス系の角も同等
53.7%:銀銀金金 →ディアブロス系の角も同等

一応、参考程度に。
クエスト報酬からも出るため、これが出なくて困る事はまずないとは思われる。

・最後に

歴戦個体の調査クエストでは報酬が装飾品or龍脈石固定となるため、
宝玉類を狙う場合は通常個体の調査クエストを回した方が効率が良いです。
今、自分が一番必要としている物が何かを考えてクエストを選ぶとよいでしょう。

by vibnil | 2018-03-17 14:12 | MHW | Comments(0)

無料アップデート第一弾が3/22配信と発表され、伝統の荒し屋イビルジョーが解禁となります。
通例でいく場合、歴戦個体はHR50以降の古龍クラスとなると思われますが、どうなるんざんしょ??


・スラッシュアックスにかかる調整について

零距離(乗り)属性解放突きに関する修正がやってくる。

-零距離属性解放突きの威力をアップ
-零距離属性解放突き中に、耳栓スキルlv4を付与
-剣ジャンプ属性解放突きから零距離属性解放突きがつながるようになる
-乗り属性解放フィニッシュを切れ味消費無しに変更
-零距離解放フィニッシュ後の着地までのけぞり無効が適用されるように修正

 零距離属性属性解放突きは、始動・継続・フィニッシュ何れも強化されるものと思われる。
これまでの仕様だと、零距離解放は非覚醒のそれと比べ威力が大差なく、
特に高出力状態の追撃が発生しないため、普通に切った方がダメージ出るという体たらくで、
離脱する敵への追い打ちに使えるかどうかレベルの魅せ技であった。
これが第一弱点に張り付いた場合、覚醒連撃より火力が出る仕様になれば大いに採用価値が上がってくるだろう。
不動の装衣+回復の能力付与も面白そうだ。

 耳栓スキルlv4付与は、装備の耳栓スキルと加算されるか否かがカギ。
(開発側のコメントから、まず加算は確定とのこと)
加算されると耳栓5が発動できるため、敵の怒りタイミングに合わせて零距離ぶっぱという選択肢が出てくる。
頭や尻尾に張り付いてヒット箇所を固定する性質があったため、
これまで以上に弱点特攻・破壊王・減気ビンのスタン等が熱くなると思われる。
解放中にかかる補正がどうなるかも注目したい所。
強属性に下降補正がかかっているらしいが、これを削除ないし上昇補正に変えれば属性火力の復権になるかも。

 乗り解放フィニッシュの切れ味消費削除はかなりうれしい修正となる。
あれを最後まで出した場合、切れ味を20近く消費するというコスパ最悪の魅せ技だったため。
剛刃研磨の無いデモンなんかは、フィニッシュ前に青ゲージまで成り下がり、
折角のダメージがウンチになり、追撃もしょぼくなるという体たらくであった。
ストレスが大分緩和されるだろう。


・イビルジョーの装備について

まず恐暴竜のスラアク=業斧グラバリタは歴代から滅龍ビンであり続けたため、
今作でも滅龍ビンになるのではと思われる。過去作の上位武器は

-匠でそこそこの白ゲージ
-きわめて高い物理威力
-ウンチみたいな龍属性威力
-会心率はそれなりにマイナス
-①スロットが一個相当

このような仕様だったわけだが、滅龍ビンで属性値も低いとは産廃ではともとれる。

しかし今作にはぶっ壊れスキル無属性強化が存在する。
恐らく高いであろう物理威力と、白ゲージ、無強の相性は言うに及ばず、
最速で覚醒して追撃を生じるのであれば、これは驚異的な武器になりそうな感もある。
属性値が低すぎると覚醒後の効果が少ないのでは?とも思われるが、
そもそも属性値の高いパワースマッシャーでさえ物理特化のビルドをすると、
物理威力:属性威力は9:1くらいのバランスになるため、物理がそれ以上に高ければ何ら問題はない。
仕様上、斧物理火力はぶっちぎりのトップになる事が期待される。

恐らくレア8武器となるであろうから"英雄の龍脈石 斧"は一個は確保しておきたい所だ。
私は一個ホールドしてるから勝ち組だな!!!

パワースマッシャーとの差異は達人芸が使いづらく、代わりに最大火力が高いという点だろう。
これ以上はエアプが甚だしくなるため、実装を待って記事とする。

防具のバンギスシリーズは、歴代からすると火力スキル・食事スキルを併せ持つ物になると思われる。
高レベルの火力防具がネルガル一式以外にもできるのは大歓迎だろう。

アプデ後の環境に期待したい。


by vibnil | 2018-03-15 19:10 | MHW | Comments(2)

以前投稿したスラアクのオススメスキルの蛇足的な記事になりますが、
効果自体は壊れと言っても過言ではない"無属性強化"とスラアクの関係性を解説します。

・・無属性強化

効果無属性武器の物理攻撃力を1.1倍にする
備考1:スラアクにおいては斧モード時点で無属性なら、ビンの効果に依らず両モードで適応される。
備考2:素が無属性でも、属性解放スキルで属性値を出してしまうと無効

該当装備:無撃球(2) あるいは ディアシリーズを4か所以上装備


発動条件こそあるが、効果そのものはぶっちぎりに強い壊れスキルである。
攻撃力10%アップは素人目では弱そうに見えるが、他と比べると効果は歴然。
素の武器攻撃力の1/10が攻撃力に加算されるため、デモンで+23、パワスマで+19となる。
攻撃lv1は+3であると考えると、無撃強化はその約7の効果を発揮してくれる。

スラアクは高出力状態でヒット判定が2倍となり、過去作よりも属性の比重が高まっている感はあるものの、
それにしたってこのスキルは、発動できるものならさせるべきものとなっている。



・発動条件にビンは含まれない!

備考1の通りだが、元から無属性のデモンやウルムースマッシャーだけでなく、
斧モードでは無属性となる滅龍麻痺減気ビンも恩恵を受けれてしまう。
無属性とは一体

このスキルが発動すると、対象の中で最も物理性能の低いウルムースマッシャーですら、
斧物理最強格のモーターアクセルやハザクデミオスに近い斧物理火力となる(比較対象はそこから属性も乗るわけだが)
強撃ビンで更に乗算が乗り、素の物理火力最高のデモンに至っては、説明不要の超火力が得られる。


・落とし穴には注意すべし

発動できれば最強格であることには変わりないスキルではあるが、
そこには当然穴があるのでそこらは把握しよう。

 発動は"無撃球"が前提となるので、これを所持していなければ当然ながら発動できない。
ディアシリーズは古龍素材を用いる防具と比べるとスキルの水準が低すぎて、
いくら無属性強化が発動すると言えど有意義とは言い難い。
この無撃球は激レアではないようだが、出ない人は出るまで頑張りましょうとしか言いようがない。

 デモンを除いて対象の剣斧は素の物理性能が並以下のため、
これだけを発動させてもモーターアクセルⅡ火竜斧レウスギアⅡの物理火力に勝てない。
あくまで低火力武器たちの救済スキルとしての側面が強く、
真価はビンの効果も生かせてこそ発揮されると考えた方が良い。
例外のデモンは"代償"に多くのスキルを要求してくる玄人仕様になっている。

 当然だが無属性が著しく通らない場所への性能は期待できない。
意図的にそういった部分を狙うのであれば、素直に属性武器を担ぎましょう。
(レアケースだけど)
野良マルチやらで弱点部位をまるで殴れない闘いだと、効果を生かしきれない可能性が高い。

 2レベルのスロットを1か所専有するため、他スキルを僅かに圧迫する。
弱特・剛刃研磨・集中あたりと競合し、防具の構成をある程度縛ってくる。
これによって切れ味の維持が出来なくなると本末転倒となる。
他の攻撃スキルを多少削ればいい話ではあるのだが。

・対象武器との相性

剣物理火力の比較
レウスギアⅡ:剣物理火力349、匠で白ゲージ、会心15%、火150、武器スロ①
モーターアクセルⅡ:剣物理火力356、青ゲージ、防御+30、火120、武器スロ①
*比較側は無撃強化の代わりに何か入れれるので、実際にはもう少し上がる

デモン (剣物理397、白ゲージ、要匠4・剛刃研磨等、武器スロ①)
説明不要。
匠4以上で白ゲージ化&剛刃研磨でこれを維持した場合の火力は剣斧でトップとなる。
ただし匠4・剛刃研磨・効果持続・無撃強化あたりを並べた上で、
一番重たい覚醒ゲージ・研磨の有効時間・スラッシュゲージを同時に管理する必要がある。
理屈上最強と言った具合で、ハマった時はすごい。そして噛み合わなかった時がゲロゲロになる。
TA的にはこれ一択だろう。

ウルムースマッシャーⅢ (剣物理352、匠で白ゲージ、会心20%、武器スロ③)
素の物理火力が最低かつ、解放による高い爆破値を捨てる事になるが会心率は剣斧でトップ。
カイザー防具と併せて最も白切れ味が持つ武器として運用が可能になる。
レウスギアと比べ余剰スロットと会心率で5%勝る代わりに、あちらは火150を持つ。
どっちにしろ、デモン程極端ではないけど白ゲージを持ちつつ高火力が欲しい場合に使うと良いだろう。

パワースマッシャーⅡ (剣物理315、青ゲージ、会心10%、滅龍420、武器スロ③)
以前の記事を参照。安定性では随一。龍属性値に目が行きがちだが、物理性能も相当な事になる。
会心率も2位タイでカイザー防具と併せられる。
切れ味青かつビン効果の手前、龍属性の通らない相手には厳しいか。

合金製完成剣斧Ⅱ (剣物理305、匠で白ゲージ、毒420、武器スロ①①)
毒属性枠。特殊ビンの中では唯一の白ゲージ持ち。
剣物理火力が最低なので、長期戦になりがちなマルチ向けかもしれない。
総じて毒の通り方次第。

ボルボグランダーⅢ (剣物理322、青ゲージ、会心-30%、麻痺270、武器スロ②①)
麻痺枠。斧物理火力はデモンに次ぐ。拘束と火力を同時に出来るのは凄い。
ただし運用コストがデモンと同等レベルに重たいため、そこまでするならデモンでいいやという面が強い。
使うなら化合の装衣も併用したい。

ジャグラスレイダーⅢ (剣物理302、青ゲージ、減気210、武器スロ③②)
減気枠。効果自体は麻痺の劣化みたいなものだが、運用コストは遥かに軽い。
対象武器の中で唯一、武器スロットに無撃球を入れた状態でなお高レベルのスロットが1個だが工面できる。
武器スロだけで②③スロットのスキルと無撃強化を両立できるのはこいつだけ。
使うなら強打の装衣との併用で。


by vibnil | 2018-02-21 21:47 | MHW | Comments(2)

今からスラアクやってみたい!けど最初の一本にどれを作っていいか判らない・・・
剛研球や無撃球が無くて有力処のハデスやパワースマッシャーが使えない・・・
という人にお勧めな、装飾品いらずでとりあえず組めるスラアクを紹介します。


・ハザクデミオスⅡ

レア度:7
切れ味:匠5で白40、白ゲージの長さは3位)
攻撃力:200(表示値700)
会心率:0%
スロット:②×1
滅龍ビン:龍属性210(強属性スラアクで最低値
封龍力:

剣物理火力:301(強撃スラアクの平均330と比べて低め)
斧物理火力:301(切れ味を考慮すれば実質トップ)

ボーンアックスを元に、ヴァルハザク素材で作られる一振り。
大本は強撃ビンだったが、モデルチェンジついでに強属性ビンに変わっている。
"物理重視の強属性ビン搭載型"とかいう歪な武器である。
ある意味、ヴァルハザクっぽいと言えなくもない。

従来作だったら残念武器の烙印を押されるであろうこの武器も、
[高出力状態][カスタム強化]という新仕様で評価が一変している。

この武器のセールスポイントは、どんな状況でも並以上の性能を期待できること。
そして必須となる装飾品が無い事である。
作りやすい 組みやすい 使いやすい 使い手に優しい一品 カスタム強化全積みさえ考えなければな!

以下、ハザクデミオスⅡの使いやすさの要因
斧火力が全剣斧でもトップクラスの高さ。変形切り下がりや振り回しの火力が痛烈
・物理偏重なので敵の龍耐性を気にせず封龍力を使える
・強属性ビンなので覚醒ゲージが溜まりやすく[高出力状態]になりやすい
 →強撃ビンのように腐り辛い
・匠5で白ゲージ40。そこそこ長持ちする上に弾かれ辛い
 →変形ループの際に無視できないメリット
古龍武器のくせしてレア7。カスタム強化を2回できる(猛者石も4つ求められる)
・何かと便利なスロット②が一つ

強撃ビン勢は運用するのが重たいし、他の強属性は属性頼りなので相手を選ぶ。
特殊ビン系は必須スキルが多々ある・・・
これに対してハザクデミオスⅡは匠さえ用意すれば好き放題できるのが便利。

斧火力の高さから、剣モードに不慣れなスラアク初心者の方には一番マシな剣斧になり得る事を強調したい。

腐らない事だけに全振りしたような武器なので、剣モードでの最大火力は劣りがち。
"装飾品と龍脈石が整ってしまえば"パワースマッシャーⅡとの差別化点は斧火力と切れ味くらいに落ち着きます。
(実は白切れ味×攻撃スキルの相性で、最大火力はパワスマを超えうるものの、両方とも強撃スラアクの劣化になりかねない)
さらなる火力を目指す分には他に候補がいくらでもあるので、
操作に慣れて物足りなくなったら新たな構築を開拓すれば良いだろう。


・作成サンプル

ハザクデミオスⅡ カスタム2(回復能力付与、自由枠1)
スカルヘッド
クシャル鎧α
クシャル手α
ダマスク腰β
クシャル足α
回避の護石Ⅲ
装飾品:短縮球×1 跳躍球×1 自由枠①×3

発動スキル
完全風圧無効
匠lv5
集中lv3
回避性能lv5
回避距離lv3
+自由枠①×3

風圧無効とW回避で動かしやすさを全振りした型。
各員の好みで回避スキルを削り、他に回すと良いだろう。
男キャラなら中々まとまった見た目になってくれる。

↓ この装備の見た目 アンデット戦士風 ↓
b0168174_21171296.jpg

by vibnil | 2018-02-19 21:17 | MHW | Comments(5)