人気ブログランキング |

【CoD MW】マークスマンライフル簡単考察ver.0.4【マルチプレイヤー】

実機検証によるマークスマンライフル(MR)の簡単な考察となります。
【CoD MW】マークスマンライフル簡単考察ver.0.4【マルチプレイヤー】_b0168174_21401012.png
・カテゴリとしての特徴
過去作の通例であった"フルオートでもスナイパーでもないライフル"ではなく、独自路線となる。
①何れも全距離でHS1撃が可能(厳密には首までで、非HSでも稀に1撃が発生)
②即死範囲・距離がかなり限定されている
上記を無理やり満たしたセミオート~ボルトアクションライフルとなっている。
スナイパーライフル(SR)よりも挙動が軽く、HS1撃が可能なため構築次第で最強の逆狙撃武器になり得る。

・今作の傾向
共通点が少ないが、以下のような毛色が目立つ。
③レベル1状態だと"アイアンサイト固定"のため、半ば~完全に産廃と化している
 (今作のアイアンサイトはズーム倍率がHG相当と極めて低い)
 →COOPで武器レベル2~3まで上げて、リフレックス出すと幾分かマシになる
④精度込みで連射性能に乏しく、平時の戦闘力が低い
 (無理やりワンショットで誤魔化せるSRよりも厳しい場合が目立つ)
⑤一方的に敵の意図せぬタイミングから一方的に貫くことに特化している

ショットガン(SG)やSRみたいに距離で撃ち合いを拒否するのではなく、
テンポで撃ち合いを拒否したい武器なので、撃ち合い性能(素性能)は高望みしないようにしたい。





・各MRの性能メモ

EBR-14
威力射程:60-52-46(65m→84m→∞)
部位倍率:頭×2.75、手足×0.9
レート:約250
最速キル:14.4F
エイム:約0.3秒
マガジン:10発
セミオート

セミオートタイプの古典的なMR。
ワンショットに拘らずとも、上の下レベルの2発キルを持つ。
素でHS一撃できる武器としては最高レートを誇る点も売り。
暴れが利き最低限度の素性能が確保されているとも言える。

中距離までの高速キルに限ればFR5.56が遥か上を行くため、
逆狙撃と最低限の素性能を両立した武器として扱いたい。

遠距離では手足に1発当てると3発キルとなってしまう。
HSワンパンのみで満足するならライトウェイトサプで隠密化も可。
2発キルを確実に取りたいならバレルでの射程強化を図りたい。
手ブレがそこそこあるため、エイム安定性はやや強化すると心強い
(完全特化する必要は薄い)

射程変化(同時採用時は加算)
マズル系【ライトサプ-30%、モノサプ+10%】
バレル系【20.0":+20%、22.0":+30%】


MK2 Carbine
威力射程:90-70(20m→∞)
部位倍率:頭×1.62、胸肩×1.2
レート:約90
最速キル:40F
エイム:約0.2秒
マガジン:7発
ボルトアクション式

近中距離でのワンショットキルに特化したMR。
挙動はCoD WW2にあったSG:ルフトバッフェのライフル弾に近しい。
SMG相当のエイム速度から、20m以内へ胸肩一撃の弾丸を放てる。
代わりにエイム以外の挙動と連射性能が壊滅的で、素性能がとても低い。

平時の戦闘を代わりにできるように、オーバーキルを積むなり、
至近だけなら安定するスネークショットなりと併用したい所。

バレルとモノサプで胸上キルを30mまで伸ばせる。
低下したエイム速度をストックやリアグリップでフォローできると良い。
上記ビルドではエイム安定性(待機中の手ブレ)が悪化するため、
遠距離HSワンパンはお飾りくらいに考えると良いだろう。
遠距離逆狙撃を考えるならカークを使いましょう。

射程変化(同時採用時は加算)
マズル系【ライトサプ-30%、モノサプ+10%】
バレル系【短:+17%、中:+25%、長":+40%】


Kar98k
威力射程:86-50(57m→∞)
部位倍率:頭×2、胸肩×1.8
レート:約40
最速キル:90F
エイム:約0.4秒
マガジン:5発
ボルトアクション式

逆狙撃に特化したMR。俗称はカーないしカーク
過去作で言う所の高精度/低威力の単発SRであり、
制圧力ほぼ0と引き換えに、挙動面がSRの1.5倍程度の性能をしている。

定点で動かない敵への即死に特化しているため、使う相手を選ぶなり、
平時の戦闘を肩代わりできる近中に対応した武器を別途で積みたい。
近中で使う場合はMK2カービンの完全劣化にもなる。

何気にワンショットキル可能な距離が遠距離(当ブログでは50m以遠)到達ギリギリであり、
補強できないとワンショットもままならない状態であったりする。
21.2バレルとスカウトコンバットサイトが詰めるレベル10半ばまでは苦行を強いられる。
限界まで伸ばしても85mまでのため、広いマップの場合は中央→マップ端が限界となる。
マップ端同士で撃ち合う場合はHDRの使用を推奨する。

射程変化(同時採用時は加算)
マズル系【ライトサプ-30%、モノサプ+10%】
バレル系【21.2":+17%、25.1":+25%、27.6":+40%】


・備考
"弾速"について
元が早いため、50m以内であればほぼ考える必要なし。
長遠距離では最強化と最鈍足で着弾に0.1秒程度の差が発生。
素と比べても最強化で3Fの差が出ると考えると、気にするなら補強したい。
どっちみちカークは射程ついでに補強一択となる。

"エイム安定性"について
遠距離での狙撃を気にするEBRとカークはマイナスにならないようにさせたい。
100mクラスは届かないため、最大強化する必要性は薄い。

"反動制御、反動安定性"について
EBR以外は次弾までに反動を殺し切れるので関係なし。
EBRは反動制御(縦反動)が減る分だけ、最速2連射を当てやすくなる。

"挙動面"について
即死範囲範囲が限られるため、挙動に振り切ってもリターンは少ない。
エイム安定性と相反するため、ストレスの無い範囲で微調整するのがお勧め。


・最期に

 環境初期はM4やPKMが暴れ回った上、レベル1スタート時の性能が低すぎて地獄でしたが、
まぁまぁ落ち着いてきてやや出番がやってきた感があります。
どっちにしろ稼ぐ武器ではなく、稼がせないための(安定性より即死狙いな)類のため、
相応の覚悟をもって使うと良さそうですね。


Commented by あけぎぬ at 2019-12-26 11:08 x
マークスマンもLMGも現環境ではロマン武器ですね。
LMG大好きマンな自分もちょっと使うのをためらうぐらいいまいちな性能ですね
Commented by vibnil at 2019-12-26 19:06
どうせEスポーツで使われんからどうでもいいや的な調整入ってて私は悲しいです
ショットガンにしろハンドガンにしろ、もうすこし爆発力より素性能をまともにしてほしいですね~
by vibnil | 2019-12-25 21:40 | CoD MW | Comments(2)