[CoD BO4]スペシャリスト簡単考察 ver0.6[マルチプレイヤー時]

2018/11/17:アップデートの内容を反映 9-バン弱化、フラジャケタクマス絡み
検証&実際にプレイしてみての、スペシャリストの簡単な考察になります。字数が全く簡単ではない
ダメージや射程は実機でおおざっぱに測っただけの数値のため、確度はお察しください。
エアプも多々入っているため、お察しください。
また推奨される組み合わせは、基本的な運用をする場合に相性が良いのであって、
考えのある変則的な運用はほとんど考慮しません。
b0168174_15181675.jpg
↑ルインはBO3からの続投。
他にもバッテリー、プロフェット、ノーマッド、セラフ、ファイアーブレイクが続投した。

・・今作の傾向
BO3ではスペシャルウェポン・アビリティから一方を選択する形式であったが、
今作では必殺技枠はスペシャルウェポンで固定となり、リーサル枠が特殊装備との兼用になった。
いずれも通常の武器・パークでは実現できない固有の能力を持つ。

BO3では試合中に一度だけ出せる切り札的な存在で、気晴らし用のオマケな存在であったが、
今作は2枠搭載かつ、装備チャージの強力さも相まって戦術に組み込めるほどの物となっている。
武器のキルタイムが軒並み鈍化し、銃だけでは限界がある今作において、
スペシャリストが活用が勝敗を分かつ大きな一因だと言える。

・特殊装備
R1で発動する投げ物や設置物。
銃撃では対処できない敵への対抗策になったり、一時的な戦力の水増しが可能となる。
再使用には時間経過を要する。装備チャージがあると2/3の時間で済む。
1試合に複数回の使用ができるため、特に重要。
併用するカスタムで「何がしたいのか」「何をカバーしたいのか」でスペシャリストを決めると良い。

・スペシャルウェポン
各スペシャリストの切り札的な存在。
普通の試合であれば使用できるのは0~2回ほどになる。
非常に長いチャージ時間を持ち、スコアの獲得である程度短縮される。
大抵は特殊装備と相互に作用したり、上位版であったり、同じ方向性を持っている。
何れも強力無比だが、使用回数に限りがあるので、これありきで考えるのはオススメし難い。

最も重いビジョンパルスとアナイアレーターは文句なしに最強クラスである反面、
12分チャージという足かせがあり、試合終了までに間に合わない可能性がある。
また後出しでスペシャリストを変更した場合、こちらの使用が難しくなってくる。


・・各スペシャリストのチャージ時間
b0168174_15384281.png
スペシャルウェポンはスコアの獲得で上記よりも短縮される。





・・各スペシャリスト考察

スペシャリストの解説順は、前のめりな動きへの適正で並べた。
ここでいう適正とは、敵に近寄る動きに向くかどうかであり、
前衛・後衛を強制するものではない。


ルイン(Ruin)
特殊装備:グラップルガン(15秒→10秒)
効果:30m以内の壁面や床、オブジェクトへワイヤーアクションを行う
領域外へもワイヤーは飛ばせる(自身は進入できる限界まで移動する)
ワイヤー移動中は若干の視点移動、腰射撃、途中解除のみ可
*多少の引っかかりは避けて通る、プレイヤーに放つと失敗する

スペシャルウェポン:グラブスラム(8分→5分20秒)
ダメージ:3000(推定)
効果:その場で跳躍し、着地際に半径8mの標的全てにダメージを与える
ボタンおしっぱで跳躍時間/距離が少し延びる。グラップルガンからの連携が可
注)今作は途中で撃ち落とされてもゲージが全消費される

利点:ワープの如き移動力、陣地転換の速さ
欠点:後手に回ると特殊装備が腐る

最もフットワークの軽いスペシャリスト。
最短10秒チャージになるグラップルガンは特異的な存在で、使用者に高い機動力を与える。
多角的な攻撃を可能とし、水平方向に使えば超ライトウェイトにもなる。
初動が遅く、撃ち合いには役に立たず「先手で使えないと腐る」。

グラブスラムはスクロールシューティングゲーム風に表すなら"ボム"枠。
不意の近接戦で困った場面をどうにかしてくれる。
グラップルガンからの連携も可で、固まっている敵を一掃できる。
超ダメージによって、様々なオブジェクトをプレイヤーもろとも破壊できる。

総じてグラップルガンが使えてない場だと悟った時は変更するのをオススメする。
強制的に味方と2点攻撃を可能とする特性上"斜めの動き"を心掛けたい。
特定マップの場所取りに使うのも非常に強力。


ファイアーブレイク(Firebreak)
特殊装備:リアクターコア(1分50秒→1分15秒)
ダメージ:200/2.6秒(初期値。発動継続でさらに増大、対タクマス200/4秒)
効果:全方位13m以内にいる"生物"に対して遮蔽物を無視してスリップダメージを与える
このダメージは最大体力にも作用する。タック5でも一度に50しか回復できない
最大体力へのダメージは15秒後に解除される
与えるダメージは連続発動で加速し、一定ラインを超えると自身にも加速度的にダメージを与える。
(発動から7.5秒で自身もセルフキル)
発動中は使用者への弾丸ダメージを半減する
自分あるいは敵がタクティカルマスクを使用しているとそれぞれダメージが1/3程度に軽減される

スペシャルウェポン:ピューリーファイア(10分30秒→7分)
最長15mまで届く火炎放射器
弾速が遅いが多段ヒットし、タクマスの無い敵はほぼ即死する(体力200だと1HITのみ耐えれる)
タクティカルマスク持ちでも直撃は耐えれない
プレイヤーの他、軍用犬・ストライクチームにも有効
非生物に対するダメージ効率はかなり悪い
エイム可能だが、無駄にアシスト距離が伸びて足が止まるだけなので普段は不要

利点:近接火力、遮蔽物を無視した敵への干渉
欠点:距離のある敵に対して無力

近接戦で凄まじい制圧力を発揮するスペシャリスト。
インファイト自慢が苦手とする"待ち"に対して、接近さえできれば対処が可能。
2階建てマップでは特に凶悪で、真下/真上で使われるとほぼ詰みである。
例え生き延びてもHPが減ったままのため、敵を大いに足止めできる。
弾丸ダメージ半減を生かし、無理やり"撃ち合い"で使えないこともない。

ピューリーファイアは閉所制圧での切り札となる。
適当に振り回すだけで角待ちを制圧でき、また角待ちに用いる事も可能。
パーク2系統とはそれぞれ相互作用があり、より無茶苦茶な"消毒"が可能となる。
きわどい距離で敵に引かれると当たらないため、切り捨てる決断も必要。

総じて近接クラスでは攻めの択を増やしてくれるため、非常に相性が良い。
どちらの能力も近接限定であり、射線を切っての接近が重要になる。
(他方で位置取りが相反するロング武器とは噛み合わない)
どちらも盾を貫通し、またタクマスで軽減される事は覚えておこう。


プロフェット(Prophet)
特殊装備:シーカーマイン(1分35秒→1分5秒)
接続時間:30秒
拘束時間:6秒(解除成功時:1.6秒、対タクマス時1秒で固定)
効果:自動で付近の敵を探索し、拘束を行う電気ショックマシン
拘束中は極々僅かな視点移動と腰射撃のみ可
拘束直後にタイミングよく□を押すと短時間で脱出できる(タクマス時は不要)
コールドブラッド相手には探知距離が5m程度まで縮む
拘束が決まるとリアクターコア・バリスティックシールドも中断される

スペシャルウェポン:テンペスト(8分→5分20秒)
ダメージ:30(対タクマス15)
拘束ダメージ:11ダメージ/秒(対タクマス6ダメージ/秒)
拘束時間:6.5秒(対タクマス3秒)
効果:専用ライフルから当たった敵を感電させる特殊弾を放つ
生物に当たるとダウン状態となり、わずかな移動しかできなくなる
ダウン中はスリップダメージを受け、周囲数m内の友軍を連鎖で感電させてしまう
感電中ないし泳ぎ状態の敵に対しては必殺となる(シーカーマインからでも1撃)
軍用犬とストライクチームにも有効

利点:場所不定の敵を炙り出せる、複数の敵を無力化・殲滅できる
欠点:近接戦に弱い、タクマス相手だと効果が目に見えて落ちる

離れた/場所の判らない敵の無力化が可能なスペシャリスト。
シーカーマインは唯一となる、能動的に動く特殊装備である。
単身で動く際の斥候/保険として大いに有用。
破壊されたらされたで相手の居場所が明らかになるため、
敵の有無がよく判らぬマップ外周を動く際に役立ってくれる。

テンペストは同じルートから来る複数の敵を鎮圧するのに生きる。
単なる打ち合い用としてはSRやアナイアレーターに劣るが、
対複数ではこちらが上。感電は射線が切れてようが発生する。
キルした相手からは感電しないため、敵排除の順番はよく考えたい。

性質上、移動力・射程を兼ねた隠密クラスと相性が良い。
不意の接敵による事故死をマインが、苦手な対複数をテンペストが補ってくれる。
乱戦はマインの破壊が頻発し、テンペストも狙いにくいので不得手。
S&D的な動きをする場合に活用したい。


バッテリー(Battery)
特殊装備:クラスターグレネード(1分→40秒)
ダメージ:200超~140(対フラジャケ105-22、直撃ダメージ15+爆破ダメージ大幅増加)
ダメージ(子機):145?~ (直撃ダメージ15、直撃爆破以外では即死しない)
加害範囲:7m、子機は2m
即死範囲:5m、子機は直撃のみ
対オブジェクト:レーザーワイヤー〇 軍用犬2確 バリケード7確
効果:粘着爆弾を投擲する。爆破後、5つの子機が周囲に撒かれ再度爆発する

スペシャルウェポン:ウォーマシン(8分→5分20秒)
ダメージ:200超~115(対フラジャケ49~30)、直撃時推定250
対オブジェクト:レーザーワイヤー〇 軍用犬〇 バリケード7確
効果:2回接地すると爆発する弾頭を射出する。弾数6
プレイヤー等に当たると即時爆発する

利点:範囲攻撃を放物線に乗せて放てる。閉所に強い
欠点:爆破にはラグがある。フラジャケで大きく軽減される

爆破のエキスパート。芋砂の天敵となる。
大した爆発物の無い今作において、数少ない実戦的な爆撃を可能とする。
パーク1はエンジニアとタクマスが大流行しており、現環境は爆殺し放題な状況にある。
室内で呑気にロングを見続けている敵へ放り込めば、容易くキルできるだろう。
子機の拡散に慌てて飛び出したプレイヤーを処理するのも一興である。

ウォーマシンは超すごいグレネードとなる。
連射による即死範囲の広さは脅威的。悠長さを直撃爆破で補填している。
バウンド後に炸裂する都合、壁を背にした相手に対する火力が特に高い。

2つの能力はどちらも地点制圧に特化しており、場所が判る敵に対して強い。
用途が被るのは芋排除を何度もできる利点と言えるだろう。
爆破の性質上、狙い撃ちできない相手には辛いので、戦況を見て選択したい。
動いて使う能力だが自衛が不得手のため、能力無しでも過不足なく戦えるクラスと相性が良い。
→ストックやクイドロがついているライフル類が無難か


エイジャックス(Ajax)
特殊装備:9-バン(1分→40秒)
ダメージ:1
拘束時間:最後に被弾してから3.3秒(対タクマス:0.7秒)
効果範囲:半径15m
効果:チャージにより複数回炸裂する閃光弾
構え継続でチャージをして、炸裂回数が3→6→9と増える
範囲内に居さえすれば向きを問わず無力化される
無力化されている間は水平移動、方向転換、ジャンプ、腰射撃のみ可

スペシャルウェポン:バリスティックシールド(9分36秒→6分25秒)
効果:専用ハンドガンが付属した堅牢なシールド 装弾数100発
エイムでギミックが展開し、前面をほぼ完ぺきに防護する
弾丸・格闘ダメージを無力化できる。爆発・炎熱・閃光系は無力化できない

利点:1対1で能力が刺さるとほぼ勝ち確となる。突破力の高さ
欠点:単身だと能力を生かしきれない。盾は対策されるとあっさり落ちる

誇張抜きで「理不尽の」スペシャリスト。蔑称でゲイジャックスとも呼ばれたり。
ある程度戦線が固まっている状態での9-バンの制圧力は半端ではなく、
敵の防衛耐性を破壊するのに彼ほど優れた人材はいないと断言できる。
9-バン自体は自身に対しても作用するが、味方には効かないため、
炸裂途中で味方に突撃させるとより一層効果的となる。

バリスティックシールドは正面に対して驚異の突破力を与えてくれる。
一本道で使うと無策の敵はお手上げする他ない。1対1での絶望感もやばい。
LMGやSRに封じられたルートを無理やりこじ開け、戦況のリセットを狙う事ができる。
専用ハンドガンの火力はたかが知れているため、味方の火力補助が欲しい所。
アプデで精度が落ちたが、まだまだ現役。

1対1の強さも勿論だが、真価は味方の補助があってこそ発揮される。
PTで連携した運用できれば、不利な盤面でも容易く"いい勝負"に持ち込めるだろう。
勝ってる側からすればエイジャックスほど怖い者もいないため、
タクマスを付けて被害を抑えたり、本気で対策するならトロフィーの導入も考えよう。
アップデートで9-バンの、特に対タクマス性能が大幅に低下した。
対シールドにはランチャーの他、ファイアーブレイクとバッテリー及び9-バンが有効である。


セラフ(Seraph)
特殊装備:タック・デプライ(1分35秒→65秒)
持続時間:25秒
効果:味方のリスポーン地点を設置箇所の周辺に変更する
リスポーンする側は通常位置でのリスポーンと選択が可
敵が付近にいる場合は警告が表示される
敵は隣接するタック・デプロイを□ボタン長押しでも破壊できる
数人を召喚した時点でも破壊される

スペシャルウェポン:アナイアレーター(12分→8分)
ダメージ:750(推定)
対オブジェクト:レーザーワイヤー2確、バリケード4確、軍用犬1確
効果:超威力のリボルバー。高い貫通力を併せ持つ。装弾数6

利点:強制的な数の水増しで、地点確保に強い
欠点:自身に絡め手が一切無い

強制的に物量を呼び込むスペシャリスト。
デプロイはオブジェクト系で猛威を振るう。活用については説明不要だろう。
周囲の多少散った範囲から敵が出現するため、過去作の戦術マーカー待ちは難しい。
湧く前に破壊するか、ある程度距離を取って順次処理するのが良い。
TDMでもマップ次第では中央確保に有効となる。

アナイアレーターは今作最強の銃と言って良いだろう。
スナイパー以上の弾丸をリボルバーから放つ。弱いわけがない。
対人の他、対装備・ストリークとしても強力。大抵の物を数発で破壊する。
6発のために12分を要する、コストに対する影響力の小ささがネックか。

セラフを用いるからには、特定箇所を取るという考えが必要だ。
また設置者が真っ先に落ちるとデプロイを破壊されやすいため、
ある程度は動けて守れるクラスと併用したい所。
投擲物でまとめて無力化される事も考えられるので、タクマスの採用も考えたい。


リーコン(Recon)
特殊装備:センサーダート(1分35秒→1分5秒)
持続時間:15秒
効果範囲:半径18m
探知間隔:2秒探知→1秒待機で5回サイクルする
効果:ビーコンの周辺にいる敵をミニマップに投影する
遮蔽物は無視する
視認扱いなのか、ゴーストや冷血でも無効化できない

スペシャルウェポン:ビジョンパルス(12分→8分)
持続時間:15秒
探知間隔:5秒間隔で3回スキャン、それぞれ4秒持続
効果:マップ全体をスキャンし、当たった敵を透過表示する(友軍と共有)
*使用者からの距離に応じて探知発動が遅延する
*使用者が途中で死ぬと中断される

利点:耐性無視の探知を行える。詰めの性能は屈指
欠点:単身での攻め手に欠ける。影響力は味方の強さに依存している

探知のスペシャリスト。本名:木村克己
リーコンはアタッチメント名と被るため、大抵は「木村」と呼ばれる。
弱体化前はFFAで猛威を振るい、8人の木村が本物を決める争いをしていた。
センサーダートは確かなクリアリングを自軍に提供する。
攻めの前の布石にするもよし、守りの際の保険にするもよし。
用途の広さは屈指だが、効果時間の短さには気を付けたい。
また味方がミニマップを見ていないと意味がなくなる。

ビジョンパルスは過去作における"オラクル"の変型判。
問答無用で敵を透過表示し、攻め手を封じて逃げ場を奪う。
五分~勝っている盤面で試合を決定づけるのに非常に効果的。
12分チャージが辛く、試合終了までに間に合わない可能性がある。
大敗している盤面だと旨味が少ない(対空中は無意味な)のも欠点。

総じて自軍が優秀である場合に、脇を埋める目的で使うと強いだろう。
どちらも探知間隔に1秒の空白があるため、注意したい。
引きこもりすぎるとセンサーダートが腐り、前のめりすぎるとパルスが没収されやすい。
中衛志向なクラスで用いて、どちらの能力も味方と連携して活用したい。


クラッシュ(Crash)
特殊装備:アサルトパック(1分40秒→1分7秒)
持続時間:30秒
効果:弾薬箱を設置し、弾丸を補充できる。予備弾を最大まで回復する
死ぬまでの間、武器を使ったキル及びアシストに25ポイントのボーナスが入る
近寄って□ボタンで補給する。発動時は同時に補給を行う
同じ弾薬箱からの補充は1スポーンにつき1回まで

スペシャルウェポン:タック5(7分15秒→5分)
効果:全味方の体力を"最大200まで"増加させつつ、全回復させる
火傷を負っている味方には50の回復に留まる
最大体力は25削られる毎に25だけ減る(200→175→150)

利点:スコアストリーク展開に関しては最強
欠点:連続キルできないとかなり無能になる

サポート特化したスペシャリスト。
弾補給と体力回復は地味ではあるが、それ故に腐りにくい。
弾薬箱は自軍の持久力とスペシャルウェポンやストリークの発動を補助する。
特に必ず恩恵を受けれる自分自身とCOMSECデバイスとの相性が極めて良く、
LMGと併用して高ストリークにつなげ逆転・圧倒を狙うのが定石となっている。
野良TDMで一人で試合を決する手段としては最も有力だろう。
逆にこれを狙われている場合は、特殊装備で狙い撃ちにしてカットできると良い。

タック5の最大体力増加は撃ち合いの勝敗に強く影響する。
一度限りだが各員が多少の不利を一度だけ覆せる。
稀だが、撃ち合いの最中に発動されると疑似的に体力が300程度になり凶悪。
スナイパーの即位部位に対する攻撃は多くが200ダメージを超える点に注意したい。

弾薬箱の味方との共有、落ち着いたタック5の発動諸々を考えても、
LMG&COMSECデバイスとの併用は完成された戦術と言って差し支えないだろう。
ただし途中でカットされると鈍足・無能力が目立つので、諦めも重要か。
変わり種として、弾消費が激しいクラスの維持に用いるのも有効。
特にデュアルSAUGを継続して使うなら必須だろう。


トルク(Torque)
特殊装備:レーザーワイヤー(1分→40秒)
持続時間:90秒
ダメージ:30↑、接触時の速度で増加、格闘時もカウンターで発動(対タクマス10↑、対格闘カウンターなし)
耐久力:1750(推定)
展開数制限:2(同一プレイヤーに対して)
効果:接触した相手の動きを制限し、ダメージを与える有刺鉄線を展開する
ダメージは接触時の速度に依存し、格闘攻撃でも反応する
ワイヤーでダメージを与えると僅かなスコアを得られる(設置者にバレる)

スペシャルウェポン:バリケード(4分48秒→3分12秒)
持続時間:90秒
耐久力:3000(推定値、左右の上板は700かつダメージが本体にも伝播する)
ダメージ:75dmg/1秒
攻撃範囲:正面8m
展開数制限:1(同一プレイヤーに対して)
効果:正面近距離へ熱線を放つ、堅牢な鉄板を展開する

利点:敵の進軍(特に物量面)に対して強いけん制が可能
欠点:自身から敵に攻撃する性能が皆無

陣地防衛のスペシャリストその1。
こちらは明らかに敵がやって来るルートを封鎖・阻害するのに向く。
鬼ごっこ向け。
レーザーワイヤーは手軽に細い通り道を封鎖できる。
敵は破壊するか迂回するかを迫られるため、どっちに転んでも足を止めれる。
敵が接触した時に25~50ポイントが入る。
下手な味方よりも頼りになると多くのプレイヤーが感じているだろう。
装備チャージを用いると、破壊されない限り常時2個のワイヤーを展開できる。
設置箇所はプレイヤーの有無を問わないため、敵の飛び出しに重ねて展開する事で、
ハメ殺すという奥の手が可能。至近で追い詰められた場合の手としてどうぞ。
耐久力1750はとても固く、普通の弾丸だとかなり非効率(コルダイト63発分)。
対策にはランチャー(直撃ダメージ2000)がお勧め。

バリケードはより堅牢かつ攻撃性能を持つ壁を作れる。
平地でも隠れ場所を作れてブラックアウトでも大活躍である。
ワイヤーと併せて3方までを固めれる。トルク二人なら6か所。すごい。
ランチャー直撃及びFMJⅡ持ち武器(最短2秒で破壊される)には注意したい。

防衛用武器(特にLMG)との相性は言うに及ばない。
強ポジを独占してしまえば荒稼ぎは約束されたようなものである。
ただし自身の場所取り能力が低くなるので、味方の協力を生かせるとより効果的。
別に近接クラスと併用し、敵の近接クラスを要所から追い出し完封する用途が考えられる。
特定マップで敵の素通しがヤバい場合に考慮したい。


ノーマッド(Nomad)
特殊装備:メッシュマイン(1分10秒→48秒)
ダメージ:500(推定値。対フラジャケ:110)
ダメージ(単体):110(対フラジャケ:40)
ダメージ(射出時直撃):30(設置前と比べて極めて低威力なので注意)
連携距離限界:13.5m
展開数制限:4(一度に2個射出できる)
効果:設置したマイン同士の間でワイヤーを発生させ、敵がかかった場合に爆破を行う
爆発はワイヤーを軸として円柱状に発生する
発動する、破壊される、特殊装備を変える、5つ目が設置されるまで持続する

スペシャルウェポン:軍用犬(10分30秒→7分)
持続時間:45秒
耐久力:400程度
コールドブラッド相手には探知距離が10数mまで短縮される
発動ボタンで2つの行動パターンを切り替えできる。
 追跡:本体に追従して探知する
 警備:指令を出した地点から探知を行う
原則として一度標的をロックすると、対象が死ぬか見失うまで追い続ける
探知範囲は本体の周辺及び「マップの内周部分」となっている
50m以上遠い射線の切れている相手だろうが容赦なくロックする
裏返せばロックされたプレイヤー以外は撃ち放題な事を利用したい

利点:裏取りしてくる少数に対して強いけん制が可能
欠点:対複数に弱い。

陣地防衛のスペシャリストその2。
こちらは敵がやって来るか不明だが、通られると困る場所の封鎖に向く。
かくれんぼ向け。
メッシュマインは一発ぽっきりだが踏めばほぼ即死で、制限時間も無い。
貫通できない壁の裏に張り付ければ、正面方向からは爆発物がない限り通れなくなる。
ロングレンジで戦いたいが、裏取りしてくるSMGを何とかしたい場合にとても有効である。
単体でも接触された場合は起爆する。後ろ向きに歩いた際に当たる場合もあるので注意したい。

軍用犬は一時的に強力な兵を一匹召喚できる。
ノーマッドの主戦場(ロングレンジ戦)を考えると、考えなしの発動は腐りやすい。
敵に詰め寄られた際に反撃で使う用途でとても強力だ。
マインは発動済み、装備的に近接戦は無理で追い詰めらた!といった状況で押せると宇宙。
どうでもいいが格闘攻撃は"敵の直前の移動状態"に応じて放たれる。
このため走っても逃げれないが、静止状態から寸前で後退すると避けれる場合がある。
生物なのでFMJⅡのダメージボーナスを受けないが、HS判定があり大口径等の補正を受ける。
都合、MOZUのスカルブレイカーを受けると一撃で沈む

最長射程を持つ武器(LMG、SR)との相性は素晴らしく良い。
侵入経路をマインで塞ぎ、ロングをガン見すれば貴方もはれて芋砂ホイホイである。
一部の界隈からは極端に嫌われるが、それがノーマッドの戦い方なのである。


・・最後に
記事が長すぎて簡単考察()になっている感がやばいです。
兎にも角にも、スペシャリストの活用が試合展開に大きな影響をもたらすため、
より効果的な運用をしたい所ですね。
各スペシャリストの特徴や利点、対策法は覚えておいて損はないでしょう。

Commented by むしょ at 2018-11-11 05:52 x
知っていると思いますが一応、セラフのタックデプロイはSnDだと自身が1度だけスポーンできる効果があります
Commented by vibnil at 2018-11-11 19:40
成程、知りませんでした(@q@;
接続時間等に変更あるのか暇をみて確認します・・・
by vibnil | 2018-11-17 02:06 | CoD BO4 | Comments(2)