人気ブログランキング |

[CoD BO4]サブマシンガン簡単考察 ver0.8[マルチプレイヤー時]

2019/5/5:アップデート内容を追記、アプデの累積に併せて個別解説等を大幅に見直し デモンやスイッチブレードの強化が露骨すぎて、調整ガバガバが露呈してますな
2019/6/26:アップデート内容反映。弾速向上で全体的に微強化された

検証&実際にプレイしてみての、サブマシンガン(SMG)の簡単な考察になります。
レートや射程は実機でおおざっぱに測っただけの数値のため、確度はお察しください。
エアプも多々入っているため、お察しください。

・今作の傾向
今作で唯一の移動速度が100%であるメイン武器となっている。
最速移動/挙動を生かした重要ポジションへの一番槍や味方の援護、乱戦下での対応で役目を担える。
「死なずに」動き回り、敵の注視をかき乱しつつ味方と連携して圧倒していくのが王道な使い道となる。
アップデートで多くのSMGに至近限定(7.5m以内)の5発キルが加わり、格闘戦の強さは上がり気味。
ゼロ距離火力こそ格闘武器やショットガン(SG)に劣るものの、腐りにくさが雲泥なので気にする必要はない。

体力150環境の影響をモロに受けた武器種であり、総じて至近以外の戦闘力に難を抱えている。
これまでの初心者にも使えるポジションから一転、経験者向けになった。
→初心者にはアサルトライフル(AR)をお勧めしたい。
何れのSMGも適正距離を離れるとハナクソのような威力になるため、距離の把握を徹底するべし。
射程負けが頻発しやすいため、長射程武器との連携を意識したい。
⇒アップデートで弾速が若干改善され、中距離以降の性能が誤差程度に増加した。

性質上、音響センサー対策のデッドサイレンスは重要である。個別部分では言及しない。
またオーバーキルが軽い作品でもあるので、別のメイン武器との併用も十分ありである。

余談だが、今作のSMG/HG/SGは弾速が低速に設定されており、他のカテゴリと比べて着弾が遅い。
(ブラックアウトで顕著である)


・SMGの距離と最速キル(10m時点)
最速キルは正面衝突時の優劣に関わってくる。
全武器まとめて計算した別の記事も参照されたし。
やっつけ測定からの計算のため、推定止まりなので注意。
b0168174_01101158.png
先述の通り、最速キルは大した事がない傾向にあるため、撃ち合いは避けたい。
(実際のVKMなりDMRはラピファや大口径やついているため、素のDEMONを超える程度なキルタイムを持つ)
SAUGおよびSPITFIREの近接や、MX9大口径などにチャンスがある程度。
GKSは露骨にキルが遅いため、奇襲に専念する事。




・各SMG解説
以下、射程順に記載(数値上の威力射程:GKS > MX9 > Cordite=DEMON=Switchblade > SAUG > Spitefire)
全体でHS1.1倍、大口径MX9のみ1.42倍、大口径DEMONのみ1.56倍となる
サプレッサーで"第2以降の威力のみ"射程0.8倍
ロングバレルで"第2以降の威力のみ"射程1.5倍

基本移動速度:100%
エイム中:75%
ストックⅠ:88%(MX9、SPITFIRE、SAUG 9mm、Switchblade X9)
ストックⅡ:100%弱(SAUG 9mm)
発砲ペナルティ:なし
*最速キルは10m時点の値を採用


GKS
威力:32-28-24-21(5→6→7→8発、7.5m-35m-51m-∞)
レート:622(クアッドショット時:総合660)
最速キル:28.9F
マガジン:38
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、リーコン、デュアル、サーマル
他:グリップⅠ/Ⅱ、ロンバレⅠ/Ⅱ、クイドロ、拡張マガジン
MOD:クアッドショット(4点バースト化、射程が変化)
    →推定威力:32-28-27(5→6→6発、7.5m-38m-∞)
2019/4/30:5発射程増加(→7.5m)

最長射程SMG。6発距離は他の2倍ほど。
ARにも劣らぬ精度を持ち、30m前後に安定して手を出せる唯一のSMGとなっている。
(MX9やCorditeもロンバレ併用で届くが、精度的に安定するとは言い難い)
グリップⅡで利点に磨きがかかり、GKS=グリップⅡくらいの使用率となっている。

足周りと射程の両立と引き換えに、最速キルで大きなハンデを抱えている。
具体的にはそこらの武器の1.5倍弱を要する。
タイミング五分で撃ち合った場合、容易に力負けを起こしてしまう。
オマケで火力を直接上げるアタッチメントがないため、補強もできない。
足と射程を生かして敵が無防備な瞬間に射撃を差し込む事が、GKSを使う上での必須事項となる。
(奇襲はSMG共通の課題だが、GKSではひと際重要)

奇襲のためにサプレッサーの重要度もかなり高い。
カスタム構築は隠密or探知系パークを重ねたゲリラ戦仕様と、弾数を補強した軽戦車仕様が考えられる。
正直言って突破力はスペシャリストに頼ったほうが手っ取り早い。

MOD:クアッドショットはバースト射撃と引き換えに全距離6発キル化となる。
本気の活用にはグリップⅡ等の併用が必須だが、最速キル問題が解決されず癖が強い。
得てして重武器で事足りてしまうため、趣味の領域となっている。

MX9
威力:34-28-24-21-18(5→6→7→8→9発、7.5m-19m-30m-35m-∞)
レート:710 (ラピファ:750)
最速キル:25.4 F(ラピファ:)
マガジン:35
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ホロ、ELO、サーマル
他:レーザーサイト、ハイブリットマグ、ストック、ラピファ、サプ、FMJ、大口径、ロンバレ
2019/4/30:5発射程増加(→7.5m)、最大威力のみ微増(→34)

バランス型の初期SMG。
面射撃に優れ、継続した射撃で精度が落ちづらい利点を持つ。
2番手の射程と併せて極端な力負け・射程負けを起こさずに動けて腐りにくい。
アタッチメントを幅広く揃えているため、目的に応じた補強を行いやすい。

素のままでは極端に優れる箇所を持たず、圧倒できる距離が無いことが欠点となる。
近接自慢のSMG自体はたくさんいるため、無難に戦える最速武器として活用したい。

特筆すべき点として"ラピファ"及び"大口径"が搭載可能が挙げられる。
ばら撒き中の精度に優れているため効果を発揮させやすく、
両方を発動した場合の火力はSMGの水準を超える。
他にもサプ&ロンバレで火力を維持したまま隠密、
ハイブリットマグで長期戦に対応するなど多様に扱える。目的に応じて換装すべし。

自己完結が強い武器のため、サブやスペシャル枠は割となんでもいける。
使い手の個性が出る、味わい深いSMGと言えるだろう。


Cordite
威力:32-28-24-21-18(5→6→7→8→9発、7.5m-19m-25m-32m-∞)
レート:788 (ラピファ:830)
最速キル:22.8 F
マガジン:60
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ホロ、脅威発見機、ELO
他:FMJⅠ/Ⅱ、グリップ、ロンバレ、レーザーサイト、拡張マガジン、ラピファ
MOD:弾帯(600発マガジン化、予備マガジン枠消失、拡張マガジンと併用可)
    →最短64連射でオーバーヒートが発生、完全復帰に7秒ほど要する
2019/4/30:射程増(4m-16.5m-22m-26.5m-∞ → 7.5m-19m-25m-32m-∞)

60発マガジンと無難な威力射程が売りのSMG。読みは"コルダイト"
由緒正しい"P90枠"で強烈な確定上反動も健在。
総火力はSMG随一であり、嵌った時の稼ぎやすさも同様となる。
リロードという致命的な隙を後伸ばしにできるのはそれだけで大きな長所である。

特定の挙動がAR並みに遅い欠点を持ち、同カテゴリと比べて無理な挙動が行いづらい。
補うアタッチメントも乏しく、一点突破より粘りの戦いを意識したい。
「大して動かないならARで事足りることは命題となる。

無難処はロンバレやグリップ、ラピファ併用の火力重視パターンで、
適宜FMJや拡張マガジンと差し替えて使うと効果的である。

SMGでFMJⅡ搭載可能なオンリーワンでもあり、近接戦で貫通射撃という択を可能とする。
特定の箇所で効果を発揮するため、変わり物好きは試すのも一興である。
代わりに対ストリークは不向きで腐りやすいのが欠点となる。

MOD:弾帯はとりあえず弾丸が一杯になる。大抵は弾より先に命が尽きる。オブジェクト系向け。
どうでもいいが水中ではヒートアップしない。また全弾撃ち尽くした場合に限り弾補給が可。
補給の際はノーモーションでマガジン内の弾丸が100%回復する。


DEMON 3XB (3点バーストSMG)
威力:32-28-24-21-18(6→7→8→9発、19m-25m-32m-∞)
レート:930 (ラピファ時:976超)
最速キル:19.4 F(5発キル:15.5F)*実際はこれより僅かに早い
マガジン:36
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ELO、ホロ、コンパクトスコープ
他:大口径Ⅰ/Ⅱ、レーザーサイト、ステディグリップ、ファストマグ、アドバンスマグ、サプ、ラピファ
2019/4/30:5発射程が追加、全射程が増加
2019/6/26:5発射程が削除

パッチ:絶対零度で追加された新SMG。ティア50で開放となる。
一風変わった3点バーストSMGであり、暴れに強いSMGと暴れに弱いバースト形式が相反している。
腰射程が良いと書いてあるが、拡散が若干狭いだけで、他と大して違わない。
バースト射撃ながら素の射撃レートは2番手であり、最速射撃にはかなりのボタン連打を要する。

SMGとしては唯一の大口径Ⅱ持ちかつ、最大の倍率を誇ることが注目箇所で、
25mまでならそこそこ現実的に15.5Fの最速5発キルを叩き出せる。
総じて至近以外の正面対決に弱いSMGにあって、例外的に近中距離まで勝ちに行ける点が売りとなる。
アプデで至近5発キルが削除され、至近の最速キルはスイッチブレードや近接特化組に譲るようになった。

法外な火力は大口径Ⅱが大前提となるため、命中箇所依存による不安定さが欠点となる。
6発射程外の19m以遠は特に安定しない。狙いの難しい格闘戦も同様である。
この武器を扱う上でムラッ気とお付き合いする事は避けられないだろう。
(バースト射撃・大口径依存・高拡散の3大不安要素を併せ持つのは現状でデモンのみ)
平時は他のSMGよりも謙虚に、要所は他のSMGより強気で運用する事がお勧めである。

採用理由のほぼ全てを大口径Ⅱによるエイム射撃が占めているため、
リフレックス or ELO + 大口径Ⅰ/Ⅱは大前提となる。
弾消費が激しいのでマグ系アタッチメントも余裕があるなら欲しい。
腰精度を補強するアタッチメントもあるが、正直言ってバースト武器と腰射撃が相反しているため微妙である。
サプレッサーも悪くはないが、不安定さに拍車がかかる。余談ながら実装初期と比べて射程が倍以上に伸びている。開発はこれを実装する上で、まともな調整をしたのだろうか???


SWITCHBLADE X9
威力:32-28-24-21-18(5→6→7→8→9発、7.5m-13m-19m-26m-∞)
レート:840(ラピⅠ:920、ラピⅡ:1000)
最速キル:21.4 F(ラピⅠ:19.6F、ラピⅡ:18F)
マガジン:30(アドマグ:40)
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ELO
他:クイドロⅠ/Ⅱ、ラピファⅠ/Ⅱ、グリップ、ストック、アドバンスマグ、スタビライザー、FMJ、レーザーサイト
注意:連射中の15発目まで左上反動、16発目以降から右上反動となる
2019/4/30:全威力射程が増加
2019/6/25:6~8発射程が6mずつ短縮

不安定さと引き換えに射程とレートを両立するハイリスク枠。
5発キルを持つフルオートSMGで最もレートが高く、それをラピファⅠ/Ⅱで強化が可能。
ラピファⅡ採用時には、ソーの威力射程&5発キルをスピファのレートで撃ち出すに至る。

当然だが代償は重たい。
並以下の威力射程とマガジン30発、劣悪なサイト、射撃途中で左右反転する射撃反動と散々である。
補強なしではそもそも当てるのに苦労する事となる。
理論値こそ最強格だが、精度がまるで見合ってないためどうしてもロマン枠となる。
(ラピファ非採用の場合、ラピ有りコルダイトとの比較が大変怪しくなる)

ラピファ有での現実的な運用プランは以下の通り
1:クイドロⅡ併用(拡大倍率が低下)で劣悪な視界と反動を無理やり誤魔化す
2:7.5m以内のキルに焦点を当て、ラピⅡレーザーで至近に特化する
3:グリップ&サイトを併用して無理やり当てる

どうあがいても高コストとなる上に有効射程と弾数の課題が重くのしかかる。
特定の状況に焦点を当てて、割り切った運用をしたい。余談ながら実装初期と比べて射程が大幅に伸びている。開発はこれを実装する上で、まともな調整をしたのだろうか???


SAUG 9mm
威力:28-24-21-18(6→7→8→9発、10m-19m-24m-∞、デュアル時8m→19m→24m→∞)
レート:900 (MOD時:900×2)
最速キル:20.0F (MOD時:8.0F)
マガジン:36
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ホロ、脅威発見機、ELO
他:ストックⅠ/Ⅱ、ファストマグⅠ/Ⅱ、クイドロ、グリップ、サプ
MOD:デュアル(2丁所持、腰だめ限定、ファストマグⅠ、サプ以外と併用不可)
2019/4/30:ストックⅡの効果が微減

近接重視のバランス型SMG。無理やり読むなら"ソー"とか"サグ"あたり。
高レート射撃に加えて一部の挙動が他SMGより素早く、総じて格闘戦に向いている。
余談だが、これ以上の射撃レートを持つ武器は曲者揃いとなる。

元から最速の挙動をアタッチメントで底上げできる利点を持ち、
一人だけ別ゲームを行い、ありえないタイミングから射撃をねじ込める。
単純火力よりも近接での対応力に焦点を当てると良い。

近接向け武器の常として、中距離以降の火力が貧弱で、居場所やルートが限られる。
これ以降の全てに言えるが、手が届かないと感じた場合はカスタム変更も含めて一考すべし。

アップデートで他のSMGに5発距離が導入され、単純な最速キルでやや押されがちとなった。
ショットガンや近接ARも強化されており、以前ほどイージーウィン出来なくなっている。
近接戦をしかける相手を選ぶ、パークや装備を活用する等して対応したい。

MOD:デュアルでは2丁持ちになり、2倍火力で暴れられる。
射程を度外視すれば、実質レート1800による火力は最強という他ない。
代わりにエイム不可・射程減・腰精度減のハンデを背負い、有効射程が極端に縮む。
根本的に別武器で、ゼロ距離火力特化のSGと考えて相違ない。


SPITFIRE
威力:27-23-21-18(6→7→8→9発、8m-18m-25m-∞)
レート:1000 (MOD時:1500)
最速キル:21.6 F(8m以内:18.0F)
マガジン:32
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ホロ、デュアル、ELO
他:レーザーサイトⅠ/Ⅱ、FMJ、クイドロ、ストック、拡張マグ
MOD:ワイルドファイア(射撃レート1.5倍化、射撃反動倍化、射撃中の移動速度にペナルティが発生)
2019/3/27:6発射程微増(→8m)

カテゴリ内で最大の射撃レートを誇るSMG。
至近距離の戦いにおいて凶悪な角待ちの鬼。
近接自慢は数有れど分厚い弾幕による安定感は無二の利点である。
有効射程はSG並みで、10m時点で7発キルとなってしまうのはご愛敬。
基本は伏兵として、攻め上げてくる敵を刈り取るのに向いている。

短射程すぎるため、下手に直線を走って途中で会敵してしまうと、射程差で負けてしまう。
ルート取りを考えたり、長射程武器と併用するなりでカバーすること。
この銃は近接に弱い武器のサブとして有用で、オーバーキルでの採用こそが本番と言えなくもない。
サブ専用ならアタッチメント無しでも十分使える。

アタッチメントは近接戦の底上げと弾数確保に傾倒しており、
正面対決に向くストック、暴れに強いクイドロ&レーザーⅠ/Ⅱ、ベスト対策のFMJと豊富である。
アプデでマガジン系が弱体化され、補強してなお弾数の不安を拭い切れない点に注意したい。

MOD:ワイルドファイアはレート1.5倍を実現するが、ペナルティが酷すぎて安定しない。別名:爆音ラッパ
素の時点でほぼ全ての武器に近接で優位が取れるので、過剰とも言える。
至近の正面衝突は屈指の強さだが、誇張抜きで5m以遠は諦めた方が良い。
(非最速キルな条件と言える)暴れに強いデュアルソーと対照的ではある。


・終わりに
検証で判った情報を基本に、机上論と経験ベースで作った記事なので、
必ずしも使い手の体感と一致するわけではないのでご了承ください。
現状、ざっくばらんとした分類分けは以下の通りです。

バランス枠MX9(近中寄り)、Cordite(連戦向け)、SAUG(近接寄り)
有効射程特化DEMON(正面衝突意識)、GKS(移動×射程)
近接戦特化スピファ(至近特化)、デュアルソー(ゼロ距離向け)、スイッチブレード(高コストで不安定だが射程も両立)

他の武器種と比べてもバランスはかなり良いと感じます。(アプデ前のデモンとスイッチブレードはゴミクズだったがな)
新武器2つ追加された後も役割が明確に分かれているのは好印象。WW2のパチモン連打とは訳が違った。

今作のSMGはどうしても(至近以外での)撃ち合いに弱いカテゴリとなっています。
特に開幕のルート取りは考えて行いましょう。開始数秒で1デスとなる可能性が高いです。
また、スペシャリストや別枠での補強はしておきたい所です。
敵が落としたARやLMG、SRも有効活用できると良いでしょう。

Commented by at 2018-11-06 08:15 x
いつも素晴らしい記事をありがとうございます。
本当に参考になっています。
Commented by vibnil at 2018-11-07 00:32
必ずしも正確な情報とは限らないので使って試してくだせー
Commented by 5年前から信者 at 2018-11-07 16:14 x
bo2時代からずっと愛用させていただいてます。いつも社会人で忙しいにもかかわらず、迅速な更新と役に立つデータ考察ありがとうございます。
現状近中のソーと安定のmxの二強で後は特化型といったイメージですが、ドミネハードポイントで使うならどれがオススメでしょうか?アタッチメント有りで愛用しているものをおしえていただきたく。
あと考察の為多種の武器を使用されてると思いますが、好きな武器ジャンル、スタイルも出来れば、参考にさせていただきたく。
Commented by vibnil at 2018-11-08 23:58
ドミネハードポイントはやった事ほぼないので何とも言えませんね(@q@;
粘りたいのか無理やりぶちかましたいか、別方向からやりたいのかのバランスで決めればいいのではないでしょうか。
全部を使おうとしている考察者として、特定の何かをオススメしよう等は無いですね~(産廃は産廃と言いますが)
プレイスタイルも同上どす。
Commented by 5年前から信者 at 2018-11-13 10:51 x
返信ありがとうございます。確かにスタイルマップによってベターがあるのでなんとも言えないですよね。
とりあえず自分の経験とデータ参考考察参考にいろいろ試していこうと思ってます。これからもブログ更新頑張ってください応援してます
Commented by 初心者 at 2018-11-16 12:43 x
筆者さん一押しのロンバレコルダイトが想像の114514倍強かったです。
FMJ2で撃ってたら何故か戦闘ヘリも墜ちてきました。っえ?キミ コレ(smg)で逝くの?
Commented by むしょ at 2018-11-16 16:56 x
Cordite強いですよね
ロンバレグリップFMJの対ゴリラ汎用装備がはかどります(´^p^`)
Commented by vibnil at 2018-11-17 16:35
結構汎用的になった気がしますが、コルダイトはエイム若干遅いので注意が必要どす(@q@;
Commented by あけぎぬ at 2019-01-09 09:01 x
demon強い強いと言われて使ってみましたが大したことないですね!
管理人さんが同じ感覚で安心しましたw
Commented by vibnil at 2019-01-09 11:07
「光る所は確かにあれども、用途が狭い、特にデモン単品だと詰む場合が多い」といったところですね。
クイドロLMGやAR的な強さは確かに皆無だと思います(@q@;
Commented by BO5でないかな at 2019-02-25 13:32 x
最近から参考にさせてもらっています。
5年前から信者さん→私のでよければ聞いてください。
私はドミネ・ハーポでは、SAUGを使用します(というか、SMGかMX9、スピファしか使いません)

SAUGは、ストック1・2、ファスマグ1
MX9は、ハイブリットマグ、ラピファ、ストック
SPITFIREは、クイドロ、ストック、拡マガ

ギアは、スティムショット
パーク1は、スカベンorタクマス
パーク2は、デクスタリティ
パーク3はデッサ

ハーポドミネ共に拠点には入らず、周辺で遮蔽物を使いながら動き回ってキルを目指す感じです。
SAUGになると特に遮蔽物に隠れる機会が増えますかね。

頭だしポジは使わず、基本、角の壁を出入りする(頭だし同士の打ち合いはARに勝てませんし、ストックを使った機動力を活かしたいので)

ランクマのチーデスでは自分程度だと、この戦い方で平均30キル10~15デスくらいでおさまってますかね

レンジの長いステージでも戦い方は変えず、距離をつめる方法のみ考えて動きます。
いつかARでもそれくらい出来るようになりたいですね。
(筆頭はMADDOX!でも、なんか私はまだまだ使えない。)

気になったので参考になればと
Commented by レジェンズ at 2019-04-05 16:28 x
スイッチブレードはぶれない高レートで最強かなーと思いました。射程20m越えたら9発になるんすね( ̄0 ̄;spitfire以下の射程だけどわりと9発当ててやれちゃう不思議
Commented by 近接好き at 2019-05-13 11:34 x
反動制御が簡単なPC版だとスイッチブレードはかなり強いですね
他と比べて使いやすさは劣りますがそれを補って余りある火力って感じです
Commented by vibnil at 2019-05-13 20:57
こちらが当てれれば勝てるという点は明確な勝ち筋にできるので、最速キルが早いというだけで強みありますね。
不安定さもそうですが、パークが犠牲になるので他SMGより足腰重たくなるのもスイッチブレードの欠点に感じます。
そこはやりたい事との相談ですね~
by vibnil | 2019-06-26 20:06 | CoD BO4 | Comments(14)