人気ブログランキング |

[CoD BO4]ハンドガン簡単考察 ver0.75[マルチプレイヤー時]

2018/10/31:HG全体のエイムが微短縮、RKのレート微減&リロード微短縮
2019/01/28:KAP 45を追加
2019/02/24:アップデート内容を追記
2019/03/27:アップデート内容を追記

検証&実際にプレイしてみての、ハンドガン(HG)の簡単な考察になります。
レートや射程は実機でおおざっぱに測っただけの数値のため、確度はお察しください。
エアプも多々入っているため、お察しください。

・今作の傾向
戦場で不意に訪れる"詰み"から持ち主を守ってくれる武器である。
"二人目の敵" "近接戦"での対応力に厚みを持たせれる。
1ポイントとサブ枠が余ったら、ハンドガンかランチャーを持つべし。

何といってもBO4特有の試合展開の速さに加えて、
"体力回復手動化"によるリロードのリスク増が特需を起こしている。
弾が切れタイミングで接敵してしまい、1キル献上。誰もが通る道である。
一般的にアサルトライフル(AR)はリロード→次のキルまで3~4秒はかかるが、
ハンドガンに切り替えて戦えば、1秒程でキルが可能。
このゲームにおける1秒の価値は、当記事の読者であれば説明不要だろう。

弾数や射程はお察しでマルチキルには不向き。
エイム倍率(拡大率)が最低のため、中遠以降は手が出ない。
アタッチメントを盛ったSGやSMGに近接火力は劣る等、無双をする武器ではない。
不意の1デス1キルに変換してくれる装備と考えよう。
(レシオ上げに徹するなら、ハンドガンが必要になる状況をそもそも回避すべきとも言えるが)

2018/10/31のアップデートにより、AR/TR/LMGの多くがエイム中移動の鈍化を受けた。
近接戦での対応力・飛び出し射撃に打撃が入り、SMGとの近接戦が難しくなった。
同時にHGのエイム時間短縮が入ったため、これら近接戦を肩代わりできるHGは、
1ポイントで近接戦の択を大幅に増やせるため重要さを増している。


・1ポイントでサブ枠を採用する場合の選択肢
b0168174_21321823.png
上記にサブ枠・ノーアタでの大雑把な使い勝手を記述した。
リロード際の対応においては、詰む距離が無いSTRIFEがとにかく優秀。
咄嗟の近接戦では、SPITFIRE並みの火力を持つRK7KAP 45が強い。
MOZUは瞬間火力があのVKM750すら上回るため、予期できる正面衝突で生きてくる。

正直言ってショットガン(SG)はアタッチメントが無いと火力不足のため、
1ポイントで護身として採用するのは現実的ではない。
またランチャーは別の意味では護身になるが、咄嗟の対応では素手と大差ない。




・ハンドガン簡単解説
基本的にHS威力は1.1倍で固定
大口径Ⅰで頭への補正が1.75倍の変化する

基本移動速度:100%
エイム中:83%
ストックⅠ:100%(MOZUのみ)
発砲ペナルティ:なし

STRIFE
射撃方式:セミオート
レート:460
威力射程:46-37-29(4→5→6発、18m-35m-∞)
最速キル:23.5F
マガジン弾数:12
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス
他:サプレッサー、FMJⅠ/Ⅱ、ロングバレル、クイドロ、拡張マガジン
MOD:スティレット(格闘攻撃が一撃化)
2019/3/27:レート増価(360→460)

とても予備火力に特化したハンドガン。
1ポイントで入れる弾切れ用保険枠。
HGの最速挙動とSMG越えの射程を持ち、ハンドガンとしては唯一、中距離にも手が届く。
追撃が欲しい場面での「あと数発」を捻りだすための武器と言える。
「火力が大幅低下したストック付きAR」くらいに考えても良い。
アプデでレートが爆増したため、近距離の"最速キル"自体は中々の物となった。

最速キルは全武器中でも下位で、単純な正面衝突は弱い。
素早い挙動で多少は誤魔化せるが、基本は追い打ち・緊急時専用と割り切ろう。

持つ事に意味がある武器のため、アタッチメントは不要。
付け加えて2ポイントあるならオーバーキルSMGの壁が高い。
あえて1個付けるとするならサプで消音、FMJでゴリラ狩りが差別化に有用だろう。

MOD:スティレットは格闘が一撃キルとなるが、
今作の格闘攻撃は吸い込みが微妙で頼りなく、室内戦用の構築と割り切りが必要となる。


RK7 GARRISON
射撃方式:3点バースト
レート:529(バースト中600?)
威力射程:38-32-28-24(4→5→6→7発、13m-18m-25m-∞)
最速キル:20.4F
マガジン弾数:15
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ELO
他:拡張マグⅠ/Ⅱ、レーザーサイトⅠ/Ⅱ、グリップ、ラピファ、サプ
2018/10/31:バースト間隔微増(総合レート微減)、リロード微短縮
2019/2/19:射程増(8m-13m-18m-∞ → 13m-18m-25m-∞)
2019/3/30:威力増(32-28-24-28 → 38-32-28-24)

バランス型のハンドガン。
最速キル、射程、弾数、レートが程々のレベルで揃っている。
最速キルではMOZU、格闘戦ではKAP、射程ではSTRIFEがいるが、
何れも大きなな欠点を抱えており、無難な予備火力が欲しい場合に第一候補となる。

特定状況でさらにキルができるようになる他種と異なり、
隙を減らしてデスを回避するための装備だと認識しておこう。
余談だが元は格闘戦に強い武器だったが、アップデートでバランス枠に移行させられた。
さらに威力増で最速キルがMOZUに迫るまでになり(あちらは大口径や頭蓋割があるが)
そこそこの信頼性を獲得した。

保険枠なのでアタッチメント採用の価値は薄い。
強いて言えばラピファやグリップ、サプでオーバーキル高レートSMGとの差別化を狙うくらいか。


MOZU
射撃方式:セミオート
レート:360
威力射程:62-46-32-29(3→4→5→6発、19m-24m-30m-∞)
最速キル:20.0F
マガジン弾数:6
装備可能アタッチメント
サイト:コンパクトスコープ
他:ロンバレⅠ/Ⅱ、大口径、スピードローダー、スタビライザー、ストック、クイドロ
MOD:スカルブレイカー(HS威力10倍、基本的に全距離で一撃

強烈な威力を持つリボルバー。
近中距離での瞬間火力はなんとVKM750を上回る。
全体でも上位に位置する最速キルを、HGの移動速度に乗せてぶつけるのが強い。
最速キルで劣るロング向け武器の裏に搭載し、近接戦の護身に使うのにとても有効。

反面弾数6かつ、リロード時間が軽機関銃(LMG)並みに遅いため、
1マガジン1キルとなる息切れの速さがネック。二人目が来たら諦めるしかない。
命中率50%が出せないと敵が死なないため、迂闊に腰射撃でばらまけ無いのも痛い。
他HG2種が咄嗟の対応に優れるのに対し、こっちは事前対応向けとなっている。

スピードローダーで全弾リロードが3分の1程度まで短縮されるため非常に有用。
SPITFIREの倍以上の最大威力距離を持つため、2~3ポイントを割く価値は十分にある。
大口径Ⅰ搭載による2発キルも痛烈で、第二候補となる。

MOD:スカルブレイカーはHS威力が推定10倍となる"超スゴい大口径"である。
3発キルが1発になるインパクトはジョークでは済まされず、1対1限定なら強武器足りえる。
本気でやるならスピードローダー併用5~6/ギア&パーク4/メイン0~1ポイントとして、
敵のメイン武器も分捕りながら戦うとネタと実用性を両立できるだろうか。
軍用犬とストライクチームにも効果がある。

ロンバレⅡは弾速を低速→高速(AR等と同等)としてくれるが、枠が足りな過ぎる。
併用するならスコープ・スタビ・MOD併用となるが9ポイントとなり非現実的。
またロンバレⅠの効果がHS前提だと死ぬ。ガンゲーム用の存在と捉えよう。


KAP 45
射撃方式:フルオート
レート:820(ラピファⅠ:913、ラピファⅡ:1000)
威力射程:28-23-21-18(6→7→8→9発、9m-15m-20m-∞)
HS倍率:×1.1(大口径時:×1.4、39-32-29-25)
最速キル:26.3 F(6発キル:19.7 F、5発キル:17.6 F、ラピⅡ5発キル:14.4 F)
マガジン弾数:20
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス
他:ラピファⅠ/Ⅱ、大口径、ファストマグ、ハイブリットマグ、ストック、グリップ、FMJ
*イベント:BARBARIANS限定

遅れてやってきたフルオートHG。
サブ枠1ポイントでフルオートのばら撒きを行える貴重な一品。
メイン武器が鈍重な場合に、1ポイントの使用料で咄嗟の"格闘戦"が可能となる。
基本的にスピットファイアの縮小版であり、切り替え時間やエイム中移動で勝る。

代わりに強烈な反動と距離減衰により、射程外は絶望的。
弾収束の低さから最速キル自体もそこまで期待しないほうが良い。
アプデで最速キルがカテゴリ内でビリとなった。暴れ専門だと割り切ろう。

アタッチメントをつけるなら常に近接用SMGの陰がちらつく。
ラピファⅡや大口径でキルタイムを伸ばせるが、スピファやデモンともろ被りする。
ちなみにストックでエイム中移動100%となり、簡易ストックⅡソーにもなれる。
お守り的な役割が強いので、ノーアタ運用が主流になるだろう。


・終わりに
検証で判った情報を基本に、机上論と経験ベースで作った記事なので、
必ずしも使い手の体感と一致するわけではないのでご了承ください。

おそらく最近のシリーズでは最もハンドガンの需要がある作品となっています。
メイン武器に盛りまくってキルしやすさを伸ばすのも良いですが、
1ポイント工面してハンドガンで詰み回避すると戦績はより安定するかもしれませんね。


by vibnil | 2019-02-24 12:35 | CoD BO4 | Comments(0)