人気ブログランキング |

[CoD BO4]スナイパーライフル簡単考察 ver0.8[マルチプレイヤー時]

2019/7/2:ヴェンデッタを追加し、記事全体を修正

検証&実際にプレイしてみての、スナイパーライフル(SR)の簡単な考察になります。
レートや射程は実機でおおざっぱに測っただけの数値のため、確度はお察しください。
エアプも多々入っているため、お察しください。

・今作の傾向
 熱狂的なファンもいるご存知の全距離ワンショットキル武器
属する武器の何れもが一直線の射線に対し、何らかの強烈な強味を持っている。
今作の全体的なキルタイム鈍化と逆行するワンショットキルにより対正面火力は凶悪なものとなっている。

特に戦場の動きが鈍くなるほどより刺さる。
即死部位の特定箇所は威力が200超となっており、タック5の体力増強すら突破が可能。
所謂有利ポジションから上半身や頭だけ出すような相手を正攻法でやれる武器として、
真っ先に候補となる武器カテゴリとなっている。

一方でBO3と比べて即死部位が減り、WW2と比べて息止めによるエイムアシストが存在しないため、
ワンショットキルの難易度自体が上がっている点が逆風となる。
動きが早いゲームバランスであるのに、落ち着いた発砲でしか安定できないSRはどうしても場と相手を選ぶ。
速いテンポに不向きで味方の援護も難しく、居場所も被るのでチームにSRが複数人いるとバランスが一気に崩れる。
敵からの圧が強くそもそも落ち着けないと思ったならば、受けに強い武器なりに替えると良い。
逆に敵の対狙撃がきつくなってきた場合は、隠密を使う等して横から稼ぐと良いだろう。


・スナイパーを使いこなすのに必要な事

0.アサルトライフル(AR)は使えているか?
 根本的に狙って撃つができないと、SRはガラクタになり下がる。
ARを満足に使えるようになってから、SRに挑戦しよう。

1.即死部位を理解する
 どこまでに当てたら即死かを理解しない事には始まらない。
また武器毎に防弾ベストごと持っていける部位、体力200を貫通できる部位も異なる。
そういった敵には意図的に貫通できる部位を狙えるようになりたい。

2.サブ武器を使いこなす
 スナイパーは近接戦、というより格闘戦で非常に弱い存在である。
クイックショット決めれば余裕?
→敵がジャンプ撃ちしてきて、足に弾丸吸われたらどうします? 土下座します??
タイミングが掴めない戦闘ではサブ枠で近接戦をこなそう。
サブ武器はSRで撃ちこぼした敵の追い打ちに優れているので、1ポイントで幅を大きく広げられる。
スナイパーはハンドガンを適切に使いこなせて一人前くらいにはある。

3.特定ポイントに固執しすぎない
 どんな高火力だろうが、特定ポイントしか絶対に見ない相手というのは脅威度が半減する。
その射線を回避すれば居ないも同然、迂回ルートからやりたい放題。
リスポーン位置も固定され、裏湧きしにくくなり、正面だけ見てれば良くなる。
そんなチームの足手まといにならぬためには、絶対にあそこで狙撃するという拘りを捨てよう。
判りやすい縦の並びだけでなく、以外と斜めや横から抜ける所があったりする。
近接戦が想定される場合は、事前のサブ展開も忘れずに。

4.息止めを活用する
今作のSRは手ブレが大きく、スタビライザー有でも無視しきれない。
対して息止めの安定化が素早くなっており、
エイム完了から一瞬の息止めを挟むだけでも命中精度は大きく向上させれる。
特に即死範囲の狭いSDMOUTLAWは全力で活用しないと生死に関わってくる。


・SRの即死範囲

基本的に大口径Ⅰが無いとお話にならず、レベル上げが辛い武器群となる。

PALADIN HB50
素:胸上&肘より上
大口径Ⅰ:手先を含む、胴体
大口径Ⅱ:手先を含む、腿半ば以上
ベスト持ちに対するHS以外での1撃キル:可、体力200でも胸~肘より上なら可

KOSHKA
素:胸&肘より上
大口径Ⅰ:手首より上を含む、胴体
ベスト持ちに対するHS以外での1撃キル:胸より上のみ可

OUTLAW
素:首元より上
大口径Ⅰ:胸~肘より上
ベスト持ちに対するHS以外での1撃キル:不可

SDM
素:なし
大口径Ⅰ:首上

Vendetta
素:頭のみ




・各SR解説
以下、即死範囲順に記載。最速キルは最短複数発キルを記載
全てのスナイパーが距離による威力減衰を持たない。

基本移動速度:95%(OUTLAWのみ96%?)
エイム中:40%
ストックⅠ:65%(KOSHKA、OUTLAW、Vendetta)
ストックⅡ:75%(Vendetta)
発砲ペナルティ:射撃中は移動速度0.8倍
エイムアシスト距離:エイム中は無し/腰状態も無し(SDMVendettaのみ腰/エイム途中状態は25mのアシストがある)


PALADIN HB50 (ボルトアクション)
基本威力:140、頭336、胸~肘より上210
大口径Ⅰ:140、頭336、胸~肘より上296、手先を含む胴体210
大口径Ⅱ:140、頭336、胸~肘より上296、手先を含む胴体210、太もも半ば以上196
レート:48
最速キル:75.0F
マガジン:6
装備可能アタッチメント
サイト:リーコン、デュアル、脅威発見機、ホロ、アイアンサイト、サーマル
他:大口径Ⅰ/Ⅱ、FMJⅠ/Ⅱ、スタビライザーⅠ/Ⅱ、サイトローダー

 最も基本的なスナイパー。通称パラディン。
動きが早く当てれる部位が安定しない今作において、最も広い即死部位は大変重要である。
ワンショットキルの安定感は群を抜いている。
特定状況を意図せず、ワンショットで正面の敵を葬りたい場合はこれを使うことになる。

挙動が最低速度かつ、待機中の手ブレが最大であるため、無謀な格闘戦や狙いっぱなしが不得手となる。
自身が出せる動きの限界を見極め、ワンショットワンキルを徹底させたい。

運用は最低でも大口径Ⅰの採用が前提となる。
大口径Ⅱによる即死部位が最大の売りなので、意図がない場合はここまで必須。
速射を主体として撃ち逃げ運用の場合はFMJⅠを併用して対防弾ベストを盤石にすると良い。
FMJⅡを搭載すると、UAVを一撃破壊できるようになる。冷血併用でヘリスナの逆狙撃もできる。ただしコストが重たい。
スタビライザーで狙いっぱなしの安定感が変わるため、余力に応じてⅠやⅡを採用したい。
これに限らずサイト系の採用は好みによる。サーマル眺めっぱなしに有用だが、冷血相手に弱いため注意。


KOSHKA (ボルトアクション)
基本威力:140、頭336、胸~肩252、肘より上227
大口径Ⅰ:140、頭336、胸~肩252、肘より上227、手首・胴体より上196
レート:55
最速キル:65.5F
マガジン:6
装備可能アタッチメント
サイト:リーコン、ELO、アイアンサイト、サーマル
他:クイドロⅠ/Ⅱ、レーザーサイトⅠ/Ⅱ、FMJ、ストック、大口径、ファストマグ
MOD:ストレロク(エイム"途中"射撃での弾拡散を低減する)

 射撃開始タイミングに特化したスナイパー。通称コシュカ ないし コーシュカ。
挙動補強に特化したアタッチメント群により、通常は間に合わない状況に発砲を挟む事ができる。
平時では1テンポ狙う時間を増やせるという利点にも変換が可能。

ワンチャンスを無理やり掴むのに特化しすぎで、過度にリスク高な点が足を引っ張っている。
スタビライザー不可かつ手ブレが大きいため、1射線を持ち続けるのは不得意。
即死部位も単発としては心もとなく、発砲機会はあれども即死の安定感がやや不足する。
「発砲開始」は早いが次弾が遅く、ワンチャンスを失敗するとそのまま落ちる可能性大などなど。

正直言って勝ち試合で使う価値が薄く、かといって劣勢に回るほどの相手に安定した活用が難しいという
矛盾を抱えている点が大きい。速射狙いのユーザーすらパラディンを愛用する時点でお察しください。
どうしても動きのある戦いに即死を持ち込みたい場合に使う程度だろうか。

大口径Ⅰは絶対必須。解除レベルが高くその間は苦行を強いられる。
パラディンとの差別化のためにもクイドロⅠも併用したい。
他はさらなる速射を可能とするクイドロⅡ、大劣化MOGになれるレーザーⅠ/Ⅱorストレロク、
スライド射撃も可能とするストック、無難なファストマグやFMJ等がある。

MOD:ストレロクはエイム途中の射撃がばらけにくくなる。
クイドロⅡでそもそもエイムを完了させる方が手っ取り早いため、基本的に空気である。


OUTLAW (ボルトアクション)
基本威力:140、頭361、首元245
大口径Ⅰ:140、頭361、首元245、胸~肘より上175
レート:90
最速キル:40.0F
マガジン:9
装備可能アタッチメント
他:ラピファ、サプ、大口径、クイドロ、ストック、ハイブリットマグ、グリップ、スタビライザー
MOD:ボルトシリンダー(3点バースト化、威力低下、ボルトアクション動作が変化)

逆狙撃の専門家。アウトロー。
メイン枠屈指のピンポイント運用前提な武器となる。
全SR中最も素早い挙動に、最小の手ブレ、デフォルト高倍率スコープ、頭出しポジションには十分な即死部位と、
遠距離~超遠距離から「狙撃手を狙撃する」のに必要な要素を全て揃える。

遠距離戦は敵の投影面積が極端に小さくなる都合、拡大倍率と手ブレが発砲開始に甚大な影響を及ぼすが、
アウトローはどちらもトップクラスであり、遠距離での狙撃合戦に限れば最強格な存在となる。
反面、狭い即死範囲と遅すぎる2発キルから平地戦での戦闘力が大変低く、
考えなしでの運用ではSR中で最弱と言っても過言ではなくなる。
そもそもフリーポジションから逆狙撃を行えるマップ自体が限られてな・・・
大口径Ⅰのアンロックも大変遅く、血涙を超えた先もそんなに明るくない始末
特定ポジションを絶対に制したい!という場合にピンポイント採用すると良いだろう。

運用は大口径Ⅰ、クイドロ、サプあたりが安定する。
他のアタッチメントは平時の戦力を上げる物だが、
現状で平時を重視するならヴェンデッタを採用した方が早い。

MODを搭載する事で、HS1撃の弾丸を3連射できるようになる。
ただし3連射はそれなりに散るため、主目的の頭出し逆狙撃が弱くなる。
さらに1マガジン9発で単発威力が低くなって3連発という致命的な持久力の無さから、
ほとんどアドマグ必須となり高コスト化する。
即死の速度さえ妥協できるなら、ほぼすべての面でDMRダブルタップの方が有用となるだろう。


SDM (セミオート)
基本威力:95、頭142
大口径Ⅰ:95、頭332
レート:281
最速キル:12.8F
マガジン:12
装備可能アタッチメント
サイト:デュアル、ホロ、脅威発見機、アイアンサイト、サーマル
他:グリップⅠ/Ⅱ、拡張マガジンⅠ/Ⅱ、FMJ、レーザーサイト、大口径、スタビライザー

 セミオート枠。
点を打ち抜く他のSRと異なり、2発キルの弾幕生かした制圧射撃を得意とする。
用途を大きく制限した代わりに、射程とキルタイムを補強したVKM的な武器となっている。
秒間5発弱の連射により、多少動く相手だろうとそこそこ安定したキルタイムが取れる。
ワンショットキルは大口径Ⅰを採用した場合のHSでのみ可能。逆狙撃もできなくはない。

エイム中の火力自体はかなりの物があるが、小回りが絶望的に効かない欠点を持つ。
キルには連射が前提となるが、これが仇となり、重たい射撃ペナルティを長々と受けてしまう。
挙動を補強するクイドロもストックも無く、マガジン弾数が少ない上にリロードも遅い。
テンポの悪さは全武器でもワーストであり、VKMやパラディンよりも身動きが取りづらい。
自身の移動を最小限に抑えた上で、敵の進軍をカットするような動きをしたい。

大口径、グリップⅠ/Ⅱの恩恵が大変大きく、弾数の少なさから拡張マガジンも欲しい等、
アタッチメントの要求数が大変多い。サイト抜き4個スタートが基本となる。
(この高コストが挙動の遅さをさらに助長している)
新武器のヴェンデッタが素でHS一撃であるので、SDMも大口径削除して素HS一撃でいいだろと思うこの頃。
ハンドガンまで持つと残2ポイントという有様なので、運用には強い覚悟が必要だろう。


Vendetta (セミオート、限定的にフルオート)
基本威力:62、頭155
レート:530
最速キル:13.6 F(4発キルでも20.4 F)
マガジン:20
装備可能アタッチメント
サイト:デュアル、ホロ、アイアン、サーマル
*デフォルトスコープの拡大倍率がTR並の低さとなっている。
他:ストックⅠ/Ⅱ、サイトロ、クイドロ、グリップ、拡張マグ、FMJ、サプ
MOD:バイポット(伏せ状態だとフルオート射撃化、射撃反動が軽減、腰精度が向上)

 半ばTR的なポジションにいる追加実装のスナイパー。
SRどころかTRとしても高レートな射撃からHS1撃の弾丸を撃ち出す、頭出し狩りの鬼。
ワンショットによる対定点と、水準を超える3~4発キルで長い直線コースを広く受け持つ事が可能。
他SRとは誤魔化しの効きやすさが段違いで、無理な挙動さえ避ければVKMやカジキも及ばぬ火力を発揮できる。
(ぶっちゃけ極端な用途以外では、アウトローとSDMを食っている感が強い)

エイム完了後のアシストが無効、射撃中の移動速度ペナルティがSR相当と、TRに輪をかけて格闘戦に脆い。
他のSRと異なり「動く敵」への安定した即死が難しく、速射運用にもやや不向きとなる。
(速射についてはより早い2発キルのDMRにも劣っている)
直線コースの受け持ちと逆狙撃に焦点を当てて運用すると良いだろう。

"エイム途中"もアシストが有効なのでストックⅠとの相性が良好。SDMやDMRとの差別化でも推奨される。
素で使う分にはストックⅠ/クイドロ/グリップ当たりが無難か。グリップが無いと連射中の集弾が怪しくなる。
サプレッサーもデメリット無しなのでそこそこ有用である。
FMJは対ベストで重要となるが、HS1撃の逃げ道があるのでお好みで。

MOD:バイポットはWW2にあったシステムの簡易バージョンとなる。
今作は伏せ撃ちポジションがかなり限られるため、活用には工夫が必要。
ストックⅡ併用での驚異的な腰射撃や、グリップと併用しての超精度連射が有力か。
立ち射撃が十分優秀な武器なので、特定地点メタとして採用するべし。


・終わりに
検証で判った情報を基本に、机上論と経験ベースで作った記事なので、
必ずしも使い手の体感と一致するわけではないのでご了承ください。

当てれば無敵な反面、詰みやすい武器でもあります。
要領用法を守って使い、不用意な相手を刺していけると良いでしょう。


Commented by いも at 2019-07-19 13:31 x
ベンデッタにSDMと同じ腰限定AIMアシストあるとは知りませんでした!武器としてはヘッショできればレートで理論上最強だと思います。
ローカスも待ってまーす♪(* ̄∇ ̄*)
Commented by -+- at 2019-08-11 01:29 x
新武器のHAVELINA AA50 これやばいですね。手振れ、ADS速度はほぼパラディンと同一、エイムアシストが通常のARと同様に何故かしっかりとあります(覗いてもある)。部位ダメージの設定はパラディンと同一なのですが、現在バグなのかノンアタで太もも上でもワンショットキルが取れますね。(おそらく大口径2をつけたときの状態になっている)現在大口径を使う意味がないです。(太もも上168ダメージ、胸上200以上のダメージが装着有無でも変化なし) 1発装填ゆえのリロード速度(スピードローダーあるので解消は可能)、FMJ2、スタビ2、サイトローダーが無い、というとこ以外はセミオートになったパラディン…これぞPaytowinなやべー武器ですね。
Commented by vibnil at 2019-08-12 10:45
聞いた感じだとくそヤバい感あるのですが、如何せん手に入ってない上に敵の使用者も少なすぎて考察書けるのがいつになるかまでは判らぬですw
by vibnil | 2019-07-03 18:43 | CoD BO4 | Comments(3)