人気ブログランキング |

[CoD BO4]アサルトライフル簡単考察 ver0.78[マルチプレイヤー時]

2018/11/03 アップデート内容を反映
2018/11/18 アップデート内容を反映&使用感を修正
2019/01/27 SWAT RFTを追加
2019/2/24 アップデート内容を反映
2019/3/27 アップデート内容を反映
検証&実際にプレイしてみての、アサルトライフル(AR)の簡単な考察になります。
レートや射程は実機でおおざっぱに測っただけの数値のため、確度はお察しください。
エアプも多々入っているため、お察しください。

・今作の傾向
今作はサブマシンガン(SMG)の最速キルが至近を除いて控えめのため、
移動力と射程の両立はARの分野となっている。
性能の都合、TDM~オブジェクト系までどのルールでも通用する。

一方でTRやLMGに対して中距離以降で押され気味のため、無茶苦茶な正面衝突は避けたい。
テンポとチームプレイで補っていきたい所。

2018/10/30でのアップデートで、全ARのエイム時間、エイム中移動速度の微鈍化が入った。
体感0.05秒/5%程度で、近接戦や飛び出し射撃時にかなり響いてくる。
ストック(Ⅰ/Ⅱ)装着中も同様に鈍化し、SMGとHGとの挙動差が明確になった。
一方でLMGはさらに鈍化しているため、敵との速度差を意識してプレイしたい。

進軍を伴う移動繰り返す都合、デッドサイレンスによる音響センサー対策は重要度が高い。
どのARでも有力候補となるため、個別部分では言及しない。

最大の注意点として
現状のARは何れもFMJストックの両立が不可能となっている。
つまるところ高速移動しつつゴリラを最速キルする事ができない。
これを意識する場合は、何かを犠牲にMX9/コルダイト/ハデス/タイタンあたりで我慢するしかない。


・ARの距離と最速キル
最速キルは正面衝突時の優劣に関わってくる。
全武器まとめて計算した別の記事も参照されたし。
やっつけ測定からの計算のため、推定止まりなので注意
b0168174_00263338.png
MADDOX RFBのエコーファイアは2発の弾を1発にまとめて撃っていると勘定して計算している
数値上は強いが事故要素満載なので、これを見て最強だ!等とは思ってはいけない。
カテゴリ内のみで比較した場合、13m以内はKN-57がトップ、21m以内はMADDOX RFB
30m以内はVAPR-XKG、33m以内RAMPART 17、それ以降はICR-7やロンバレRAMPARTの天下といった具合




・各AR解説
カテゴリに対する修正履歴
2018/10/30:エイムの微鈍化、エイム中移動速度の微鈍化

基本移動速度:95%
エイム中:42%(VAPR-XKGのみ45%)
ストックⅠ:72%(KN-57、VAPR-XKG、MADDOX RFB、SWAT-RFTのみ)
ストックⅡ:75%(VAPR-XKGのみ)
発砲ペナルティ:エイム/腰射撃中に移動速度0.9倍(ストックⅡに限り、エイム中発砲のペナルティ削除)
HS倍率:個別記載がない限り ×1.1

ICR-7
威力:34-29(5→6発、51m→∞)
HS倍率:×1.12(38-32)
レート:600
最速キル:24.0F
マガジン:35
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、リーコン、ホロ、デュアル、脅威発見機、サーマル
他:グリップⅠ/Ⅱ、FMJ、クイドロ、レーザーサイト、ロンバレ
2018/10/30:威力微低下、リロード時間微短縮

最も射程の長いAR。待機時の手ブレも小さく、射撃精度も高い。
代わりに近距離での最速キルが最も遅いという、判りやすい武器。
射程・精度・移動速度のバランスが良く、とにかく戦場の穴を埋めるのに向いている。
全メイン武器中で最速キルが底辺で、敵の得意距離での正面衝突では力負けしやすい。
かつストックやラピファが搭載不可で、無理をする武器ではない。

元から十分な精度・射程があるため、ノーアタでもそこそこ機能するのも美点である。
ショットガンやハンドガン特化クラスにおいて、1ポイントでメイン枠を埋めるのにも使える。
(アップデートでSGクラスは1ポイントの余裕もなくなったが・・・)

役割を重視するならサイト系+グリップⅠ/Ⅱの並びがとにかく強い。
無反動射撃となり、中~遠距離において一方的に最速キルが遂行できるようになる。
近~中での撃ち合いを意識するならクイックドローやFMJでの補強も有効である。
50m超の射線をARで居座る事は多くないため、ロングバレルは過剰気味。
レーザーサイトは至近を幾ばくか誤魔化せれるが、そこまでするならMOZUやRK7、オーバーキルSpitfireあたりをどうぞ。

アップデートで基礎威力が低下し、1HS4発キルが没収され、爆発力が大幅に低下した。
これまで以上に無欲な戦いが要求される。オマケ程度にリロード時間が短くなった。
近接性能が低いため、ハンドガンを用意するのも良い。
役割の都合、エンジニアやチームリンクとも相性が良い。


RAMPART 17
威力:40-37(4→5発、38m→∞)
HS倍率:×1.08(大口径時:×1.75)
レート:493
最速キル:21.9 F
マガジン:30
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、リーコン、ホロ、デュアル、脅威発見機
他:大口径Ⅰ/Ⅱ、FMJⅠ/Ⅱ、グリップ、ロンバレ、ファストマグ
2018/11/14:初弾から1,3発目の反動が減少するボーナスが付与された。射程微増(30m→33m)
2019/2/19:4発射程増加(34m→38m)
2019/3/27:最大威力が減少(46→40)、大口径倍率増加(1.3→1.75)、エイム微鈍化

最速キルと精度のバランスに優れるAR。
大口径Ⅰ/Ⅱによって、フルオート武器でも屈指の爆発力を誇る。
「最速キルでどんどんゴリ押ししたい場合に向くAR」と言える。
またFMJ持ちARとしては最も最速キルが早く、対ゴリラでも力を発揮できる。
射線をとれる火力が欲しいが、機関銃は重たすぎる場合に有力。

反面、ストック/クイック/レーザーサイトが搭載不可で小回りが利きづらい。
一対一での正面性能は申し分ないが、対複数は身に余り気味。
敵の移動ペースを考え、処理が追いつく程度の接触を繰り返すようにしたい。
基本はサイト&大口径Ⅰ/Ⅱ&4アタ目選択の6ポイントとなるだろう。
ARで唯一のFMJⅡ持ちでもあり、対装備や貫通に特化する事も可能(バリケード等を20発弱で破壊可)
ただし弾数が乏しいので貫通性能を生かしづらく、やや噛み合わない印象である。

それなりに正面から行きたい武器のため、タクマスやフラジャケは割と役立つだろう。
ストックの不在はドリフター付きの屈み移動で多少はごまかせる。
アタッチメントを盛りたい武器のため、耐性・足回りをどの程度補うかは選択となる。


KN-57
威力:40-32-29(4→5→6発、17m→57m→∞)
レート:550
最速キル:19.6 F
マガジン:30
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、リーコン、ホロ、ELO
他:グリップ、クイドロ、レーザーサイト、ハイブリットマグ、ストック、拡張マグ、ラピファ、サプ
2018/11/14:4発射程微増、手ブレ縮小
2019/2/19:4発射程増加(14m→16m)
2019/3/27:4発射程増加(16m→17m)、5発射程増加(46m→57m)

近距離火力に優れるAR。
特徴的な射程を持っており、これを利して敵を受ける事に秀でる。

4発射程内の最速キルはVKMを上回り、ARの挙動にストックやクイドロを付加できる。
音響センサー等と併せて敵を安定して受ける事が可能。
高レートSMGやSGも、10mの安全距離を取ってしまえば圧倒的優位に立てる。
そしてこの手の武器にありがちな中距離以降の弱化を、とても長い5発距離がカバーしている。

アタッチメントにマガジン系が二つ、クイドロストック両立可等、
ゲリラ戦や粘りといった方面に厚い設計となっている。
その他「FMJ以外は」ほとんどのアタッチメントが揃っている。

近中以降の火力はICRの劣化版で、FMJも無いためミドル以降の深追いはご法度か。
他のARを使ってからKN-57を使うと大抵は射程不足に悩まされる。
一方でSMG使用中に敵のKNに迎撃されると、非常に手ごわく感じる、そんな武器。
とにかく殺しに行くのではなく、殺されに来てもらう動きが重要となる。
お仕事の都合上、音響センサーや探知系パークとの併用も生きるだろう。


SWAT-RFT
威力:36-29-27(5→6→6発、24m→37m→∞)
HS倍率:×1.08(大口径時:×1.3、46-37-35)
レート:625
最速キル:23.0 F(大口径4発:17.3 F)
マガジン:35
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ホロ、サーマル、バイオセンサー
他:ストック、クイドロ、サプ、ロンバレ、ファストマグ、拡張マグ、FMJ、大口径

遅れてやってきたバランス型AR。
ありそうでなかったFMJとストックを両立できる一品。
能動的にゴリラ対策する場合、短射程なSMGかハデスを持つ必要があったので画期的である。
一通りのアタッチメントを搭載可能。精度向上系が無い点には注意か。

最速キル自体はICRに毛が生えた程度であり、あまり無理をするべき武器ではない。
とにかくフラットに、無難さを追求した武器となっている。
最大威力&距離に関してはVAPRを上回る一方で、5発射程は24mと最低限となっている。
性質の似るVAPRと比べて、体力200を6発キルで抑えれる距離で大きく勝り、
FMJによる対ゴリラ性能、大口径の恩恵等、不意の死因に対して強い性能をしている。

静止射撃に関してはICR、ランパートの壁があるため、ストックはほぼ必須になる。
残りは方針によって決めたい。
5発距離24mは通常のSMGを受ける分には十分だが、TRやLMG相手には心もとない。
4発キルを中遠距離でもかましたい場合はロンバレ&大口径が、
近中までのゴリラ退治を重視するならクイドロやFMJがお勧め

サプを併用する場合、5発射程を切りたくないならロンバレとの併用を推奨。
ただし大口径なしサプ運用の場合、よりレートと5発射程で勝るVAPRが壁になる。
差別化のため、サプロンバレに関してはサイト抜きでも4アタを推奨。


VAPR-XKG
威力:34-32-27(5→5→6発、13m→46m→∞)
HS倍率:×1.1(大口径時:1.42)
レート:666 (ラピファ時:710)
最速キル:21.6 F (ラピファ時:20.3 F)
マガジン:35
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、リーコン、ELO、サーマル
他:ストックⅠ/Ⅱ、サプ、ロンバレ、ファストマグ、ラピファ、大口径
MOD:銃剣(格闘攻撃一撃化)
2018/10/30:近距離威力低下、5発射程減、大口径時の倍率低下
2019/2/19:5発射程増加(32m→46m)

機動力と射程のバランスに優れるAR。
ARで唯一、ほぼデメリット無しでのサプレッサー運用が可能。
ストックと併せた遊撃に向く武器となっている。

射程と足周りの両立ではGKSと被るが、あちらは最速で遠方へも行ける武器で、
こちらは平均レベルの最速キルからストロングさを重視した感じである。
レーザーサイトやクイックドローが無く、とっさの近接戦はSMGと比べて劣る。
FMJが無いため、対ゴリラでは思ったよりも火力を発揮できないのも難。

サイト、ストックⅠ、サプ、ラピファ辺りが基本構成となるだろう。
精度的に正面衝突は考えすぎず、上手いこと軸をズラした一方的な攻撃を徹底したい。
威力の都合、大口径4発キルには2HSを要する場合が多く、考えなしの運用には不向き。

余談だが、数少ない左反動武器となっている。合わない人には本当に合わないのでそこは体感で。
(大多数の武器は左右のムラが無いか、右寄り)


MADDOX RFB
威力:32-27(5→6発、21mまで最大火力)
レート:716(MOD:380*2≒760)
最速キル:20.1 F
マガジン:40
装備可能アタッチメント
サイト:リフレックス、ホロ、デュアル、ELO
他:レーザーサイトⅠ/Ⅱ、ファストマグⅠ/Ⅱ、クイドロⅠ/Ⅱ、ストック
MOD:エコーファイア(一射で弾丸2発を発射、射撃レートほぼ半減)
2018/11/14:初弾から1,2発目の反動にペナルティが追加(MOD搭載時は無効)
2019/2/19:初弾から2,3発目の反動にペナルティが追加(1~3発目に反動増加っぽい)
クイックドローⅠ/Ⅱ、ストックの効果が減少、ELO搭載時に反動ペナルティ(微小)
エコーファイアのみ反動減少(上記反動増加とのバランス取り)

AR内で最高レートの武器。
3種あるレベルⅡアタッチメントによるアクションの速さと最速キルが売り。
素だと近中まで、ロンバレで中遠までの最速キルでAR内最速となる(大口径除く)。
ストックやクイドロによる挙動の速さと近中でのキル速度から、要所の殴り合いで非常に強い。
殴り合う展開ならとりあえずコレ。

爆発力は文句ないが、精度が怪しい上にグリップ不可、初弾反動ペナ等で中遠は不得手。
長い射線は切って動き、深追いはしすぎないと幸せになれる。
近接に強いとは言え、デュアルソーやショットガン(SG)等、上には上がいるため、
そういった相手にはARらしく若干の距離をとって対処したい。
またFMJ不可のためゴリラとの正面衝突は厳しめ。

レーザーやクイドロを並べるなら、ガンホーがあるとさらに無理ができるようになる。
ルインやファイアーブレイク、エイジャックスでさらに緊急時の対応を強化するのも一興。

エコーユニットは超高速2点オートバースト化を行う。
レート上昇がラピファを超えるため、近接での正面衝突性能が上がる。
反動もその分だけ増えて、中遠距離以降は不安定となる。
弾消費がすごいのでファストマグによる補強は必須か。


・終わりに
検証で判った情報を基本に、机上論と経験ベースで作った記事なので、
必ずしも使い手の体感と一致するわけではないのでご了承ください。

LMGと比べて火力で劣るARですが、貴重な動ける火力でもあるので臆せず使っていくと良いでしょう。
「プレイヤーは横に目玉は付いていない」「銃は横から弾を出せない」
SMGにも共通してますが、これの突き方が重要になってきます。
図々しい移動がしやすい体力150の環境を上手く使っていきたいですね。

Commented by rom at 2018-10-17 01:28 x
更新お疲れ様です。
FMJとストックの両立ができないのがキツいですね・・・
振れ幅の小ささで言えばやはりTitanなんでしょうかね?
Commented by 助かります! at 2018-10-17 05:31 x
マジで参考になります。これからも検証お願いします!
Commented by いいセンスだ at 2018-10-17 19:55 x
参考になります
Commented by vibnil at 2018-10-17 21:06
あくまでブログ主からの私見であるので、きっちり使ってみて判断するんやで。

LMGのが確かに火力でるが、ゲーム展開についていけずに終了という、違う下振れがあるから、どっかでリスクを持って戦わなければいけないんやで。
by vibnil | 2019-03-27 19:50 | CoD BO4 | Comments(4)