[CoD WW2]新基礎トレーニング「過激化」について

2018/6/26にて追加された基礎トレーニングの一つ「過激化」についての検証・考察記事となります。
やっつけ仕事のため、間違いがあったら情報提供をお願いします。

ゲーム内説明
~キル直後にエイムが著しく速くなる
ボーナス:敵にマルチキルで即座にマガジン補充~

どのルールでも一人だけ疑似クランクドができる基礎トレーニングである。
実装初期はボルトアクションスナイパーとの相性が騒がれてたが、
最初の1キルが大変かつ、数秒しか効果が持たないため微妙で、
早々に使い手が減った感がある。

連戦性能を強化する効果なので、
狭いマップ、リスポーン有のオブジェクト系ルール、
連続キルのしやすいマガジン容量に余裕のある武器と相性が良い。

後述の理由から、正直これを単体で使うよりも「専門家」で併用した方が爆発力は出るだろう。


・仕様(実機検証の範囲内で)

1.キルすると、5秒間エイム時間が半減する
 →効果時間中は右下にドクロマークが出る

2.ダブルキルを3秒以内にすると、ノーモーションでリロードを行う
 →過去作と異なり、予備弾薬はきっちり消費される
 →条件達成した瞬間に発動するため、3連キル以上では小刻みに補給される
 →キルが途切れてから補給されるわけではないので安心
 →ボルトアクションやポンプアクションはキャンセルできるない


・利点
発動中は重量武器すらAR並のエイムができる
2人目への対応力が著しく強化される
ノーモーションリロードによる持続力の強化

・弱点
1キル目は効果無しと同義
連戦できない場合も効果無しと同義
素のマガジン容量が少なすぎる武器はリロード効果の発動が至難
予備弾薬をしっかり消費するため、全力発動させると弾薬が追いつかない


・まとめ
他にはない無理な挙動を実現させる効果で、ユニークさは抜群です。
ただし過激化単体だと弾薬や挙動・耐性がついてこれず、腐り気味な印象を受けます。
本気で使うなら「専門家」でその他と両立させるのが良いでしょう。


[PR]
by vibnil | 2018-07-01 15:36 | CoD WW2 | Comments(0)