[CoD WW2]ライトマシンガン簡単考察ver2.1

超絶今更ながら、解析情報と使用経験に基づくライトマシンガン(以下LMG)の考察となります。
サプライドロップ品による見た目の差異は考慮していません。
最終更新:2018/05/31 アップデート アンデットの襲来 対応済み

・今作におけるLMGの立ち位置

要所の防衛や突破には欠かせない最重量のカテゴリとなっている。
フルオートで発射される弾丸は威力減衰が無く、貫通力も大に設定されている。
固有特性でバイポットを持ち、機動力と引き換えにさらなる火力を得られる。
50m以降はアサルトライフル(AR)も弾威力が限界を迎え、LMGとスナイパー(SR)の世界となる。

BO3と同じく射撃中の移動速度にペナルティがかかる仕様で、
LMGは腰だめ射撃でも2~5割、エイム射撃は5~8割も速度が減少する。
今作品ではブースト射撃という逃げ道もない。
このため移動しながらの火力に関してはサブマシンガン(SMG)やARに軍配があがる。

全武器でも最も挙動が遅く、即座の展開が苦手。遭遇戦では脆弱な立場にある。
いわゆる稼ぎに最も向いた武器種であるが、LMG同士のフォローは難しい。
チーム全員がLMGを持ってしまったがために、一か所の綻びから陣全体が崩壊するなどよくある話。
いくら強くても "間に合わなければ意味がない" くらいは意識しときましょう。


・共通仕様
移動速度:92.5%
エイム中の移動速度:最も遅い。後述
射撃による移動速度ペナルティ:最も大きい。後述

エイムアシスト距離:12m/38m(腰だめ/エイム時)
敵探知距離:25m

エイム中の視野角:45℃
待機中の手ブレ:特小(ブレン&スティンガーのみ:中)

-装備可能アタッチメント
リフレックスサイト:視野角変化なし
4xサイト:視野角30℃、手ブレ90%減、点射レートごく僅かに増

クイックドロー:エイム時間&エイム解除時間0.8倍
グリップ:エイム射撃に限り、跳ね上がり8%低下&収束26%増
ステディ:立ち~伏せ時の腰だめ収束5倍、ダッシュ時1.4倍、ダイビング中は無効

ラピッドファイア:射撃間隔0.91倍 (レート9%増、精度は悪化する)
 *グリップ&ラピファを併用した場合、極僅かにラピファが勝る

拡張マガジン:1マガジンの容量が1.5倍 (MG42&ブレンは100発、ルイスは97発となる)
FMJ:オブジェクト貫通による威力減少を緩和、対ストリークダメージ増加(機甲師団とは重複する)

 クイックドロー、グリップ、ラピッドファイア、拡張マガジンの人気が高い。
特にLMGはクイドロの効果が強めに設定されているので重要。
大口径がないため、素火力で勝っているARに逆転される事が多々ある。
その他の有用な組み合わせについては各武器の解説で記述する。





・グループ分け

現状カテゴリ内で6種存在し、大別すると以下のように分けれる。

中速型:MG15、MG81
低速型:ルイス軽機関銃、MG42
鈍足型:汎用機関銃、ブレン軽機関銃、スティンガー

2発キル~4発キルでも分けれるが移動速度差を重視した。
今回の記事では上から順に解説し、解除レベル等は無視する。

現状、総合力のルイス、固定火力のスティンガーの二強体制である。
MG81は移動力が優位で対抗しえるが、追加武器なので普及率が低い。
とは言え他も弱いわけでなく、かなり拮抗している。

・データリスト
アタッチメント無しの時の数値を記載
プレイヤーの体力は100 (威力30なら4発、40で3発、50で2発キルとなる)
アーヘンの電車前~マップ中心までが25m、南北の電車間が60m程
UAVを狙うでもない限り、127mを超える状況は無いので対人において射程∞と同義となる
b0168174_22424508.png

・LMG個別解説

-中速型
射撃中移動速度:70%
エイム中の移動速度:40%(スコープ時60%、歩兵師団80%)
射撃によるエイム中移動速度ペナルティ:50%

 射撃ペナルティがきついLMGの中で一番マシな組。
腰だめ精度、リロード時間もカテゴリトップで忙しい盤面で間に合いやすい。
最速キルは並程度。

MG15
最速キル:15.0F → LMG内 5/7位
特記:カテゴリ内挙動最速、腰だめ精度〇、弾収束×

 最も軽いLMG
腰だめ火力がAR並になっており、遭遇戦の対応が若干楽になっている。
ステディ&バイポッドで超精度の腰だめ射撃が実現可能。
(伏せ補正と合わせて、腰だめ射撃の収束が大体2500倍になる)
エイムアシストが12mまで縮む事を逆手にとって、複数の敵をアシストに縛られずに薙ぎ払える。
ガンホー併用でダイビング射撃→バイポッド敷設→超連射とかいう曲芸もできるが・・・?

この手の武器のお約束として、カテゴリ内でも素の精度は最低となっている。
最速キルの確度が低いので正攻法での衝突は避けたい所。
大口径にも頼れず、バイポット無しだと頭出し相手も辛い。

わざわざこれを出すのであれば、ラピファ&ステディを併用しておきたい。


MG81
最速キル:14.7F → LMG内 4/7位
特記:カテゴリ内挙動最速、素のマガジン弾数最多、対ストリーク火力×
*イベント 電撃戦で追加

 挙動の軽めな汎用タイプ
最速キル、貫通キル、対ストリーク威力を犠牲に、
射撃中移動速度、素のマガジン数、腰だめ精度を強化したルイスとも言える。
レートはラピファで簡単に逆転できる程度の差で、
機動力を重視するならルイス以上の性能を期待できる。

余剰火力の低さが最大の欠点となる。
3発キル時の余剰威力に乏しく、ルイスほど堂々と貫通キルを狙えない。
射程外威力が22と最低で、敵UAVに対する火力効率はフルオートARにすら劣る。
例えFMJを付けていても、対UAVは考えない方が無難だろう。

アタッチメントは汎用的な物を選べばOK。
貫通面の不利を補うため、サイト系を選んでも良いだろう。


-低速型
射撃中移動速度:60%
エイム中の移動速度:40%(スコープ時60%、歩兵師団80%)
射撃によるエイム中移動速度ペナルティ:60%

最もLMGらしいグループ。
精度や火力バランスが最も良い。
当然動くのは苦手。

ルイス短機関銃
最速キル:13.9F → LMG内 3/7位
特記:総合性能◎、現環境最強のLMG

 特にいう事のない、総合力最強のLMG
通常運用においてフルオートなロングレンジ武器で最高のキル性能を誇り、
純粋に正面衝突で安定して強い。
弾収束も高く、遠距離だろうが問題なく運用が可能。
強烈な貫通力を誇り、頭出しを貫通キルで無理やりねじ伏せれる。
LMG使用者の8割がこれ使っているくらいには大人気の一品である。
弱化どころか微強化されているのが恐ろしい。

特別な欠点はない。
プレーンな性能をしているため、LMGの弱点が全てルイスにも当てはまる程度。
特別な用途に用いず、間に合わなければ無駄になる点にさえ気を付ければ、
必ず結果を残してくれるだろう。

拡張マガジンの効果が大きく、クイドロと併用するのが主流となっている。


MG42
最速キル:16.6F → LMG内 7/7位
特記:面射性能〇、対ストリーク火力◎、弾収束△

 典型的な面射型LMG
ばら撒き性能を生かし、展開中の敵を効率よく落とすのに向く。
この武器のみ射程限界が極めて長く、UAVにも最大火力をぶつける事が可能。
(ルイスと比べて4割増しの火力が期待できる)

最速キルの速度・確度どちらもワーストな点が欠点で、
正面衝突でのキル速度勝負は避けたい所。
射程勝ち、あるいはバイポの補強で乗り切りたい。

拡張マガジンの効果が大きい。また精度的にグリップは必須。
対UAVを考えるとFMJも必須、クイドロも外したくない等々、枠が厳しい。


-鈍足型

エイム射撃中の速度が10%前後まで落ち込む。
もはや移動しながらの射撃は考えるだけ無駄で、迎撃専門と考えていいだろう。

汎用機関銃
最速キル:15.0F → LMG内 5/7位
特記:弾持ち×、パッチによる強化待ち
射撃中移動速度:45%
エイム中の移動速度:38%(スコープ時57%、歩兵師団76%)
射撃によるエイム中移動速度ペナルティ:75%
冬の包囲戦 で追加

 環境に取り残されたLMGで現状"一弱"ポジション
競合相手のMG15と比べて高い精度が売り・・・であった。過去形。
あちらが大幅強化された時、こちらがノータッチだったため、
精度差がほとんど無くなってしまった。

後に残されたのはLMGで2番目に悪い挙動と、
貧弱すぎるマガジン容量、かつLMGワーストというふざけたリロードの遅さ。
→アップデートでリロード時間が半減してマシになった。
ただし火力が据え置きのため、スティンガーと比べると貧弱すぎて涙が出てくる。

開発陣にはリロード時間だけが課題ではなかった事に気が付いて欲しいところ。


ブレン軽機関銃
最速キル:12.0F → LMG内 2/7位
特記:挙動関係が壊滅的×、遠距離△、固定砲台適正◎
射撃中移動速度:55%
エイム中の移動速度:28%(スコープ時42%、歩兵師団56%)
射撃によるエイム中移動速度ペナルティ:75%

 驚異の2発キルなフルオート武器
拡張マガジンで100発となり、一度に50人までぶっ殺せる異常な火力容量が得られる。
それでいてガーランドにすら迫る最速キルを持つ。バイポット中はなんと逆転してしまう。
固定砲台状態に限れば、ルイスすら到底及ばない超火力が発揮可能。

当然、このような重火器を立って運用するのは無理が生じる。
まず挙動がぶっちぎりで遅い。他LMGが軽快に感じるくらい遅く、エイム時間は単発SR並。
エイム中の移動速度・射撃ペナルティどちらも厳しく、
エイム射撃中の移動速度はなんと14~7%となる。もはや動いてないと同義。
遠距離が強そうな印象をうけるが、待機中の手ブレがSMG並にきつくなっており、
アイアンサイトの劣悪さも相まって、むしろ遠距離は不向きに感じる。

この武器の真価は近中~中距離での制圧力にあり、
伏せとバイポットを駆使して、飛び出してくる敵を逃がすことなく狩り続ける事に向く。
他では逃がしやすい空挺SMG等も捉えやすい。
あまりにも制限がきつい武器なので、採用はワンポイントに抑えたい。

中距離でバイポを狙うなら、機甲師団にアンダーカバー、ラピファ拡張ステディまで並べ、
立ち射撃は切って使うと良いだろう。
汎用性を考えるなら、そもそもこの武器に触れるべきではない。
スティンガーの実装により、一気に微妙武器に。
エイム時間では勝っているが、とっさの動作をそもそも行うべきカテゴリでもないので・・・


スティンガー
最速キル:11.5F → LMG内 1/7位
特記:挙動関係が極めて壊滅的×××××、遠距離△、圧倒的な中距離火力
射撃中移動速度:55%
エイム中の移動速度:28%(スコープ時42%、歩兵師団56%)
射撃によるエイム中移動速度ペナルティ:75%
アンデットの襲来 で追加

 新LMGにして全メイン武器中、最重量のフルオート2発キル武器
基本性能はブレン軽機関銃に準じ、強烈な射撃ペナルティも同様となる。

素のエイム速度がなんと0.55秒と、ブレンの0.38秒から1.5倍近い重さとなり、
全SRよりもエイムが遅い。そこらのメイン武器のエイム→最速キルよりも遅い。

引き換えにブレンすら鼻で笑う強烈な火力を有する
総合レート312:最速キル11.5F
ラピファ時343:最速キル10.5F(M1ガーランドの11.1Fを超える)
面射性能が高い。ラピ無しグリップでほぼ完全な面射撃が可能(連射してもエイムが上に行かなくなる)
素のマガジン弾数80発。拡張マガジン無しでも40人までキル可能。
銃本体の上部に無駄なパーツが少なく、視認性が高い。リフレックスサイトで怖いものなし。
この武器の頭出し待ちを真正面から崩せるのはスナイパーや大口径AR等の一部に限られる。

エイム時間0.55秒と、最悪の射撃ペナルティでも動作が間に合う場においては、
文句なしで最強武器として君臨できる。
使い分けさえできれば、使用者に多大な恩恵を与えてくれるだろう。

注意点として
貫通火力や対ストリーク火力はルイス(及びMG42)に比べやや劣る。
また手ブレ中によって超遠距離では命中率がかなり低下する。やっぱり中距離向け。

エイム時間0.55秒、クイックドロー込み0.44秒だが、
これは振り向いて再エイムするだけでも一仕事の強烈な重さとなっており、
乱戦がすこぶる苦手である。視界に入っているが狙ってない方向から撃たれるだけでもやばい。
使いどころを違えるとただの鉄くずに成り下がるので、そこらの判断はしっかりしておきたい。

性質上、クイックドローを外す選択はない。視認性を確保できるリフレックスもイチオシ。
点火力を重視するならグリップを、貫通キルを補強するならFMJ拡張マガジンが良いだろう。


・バイポッドについて

台や地面に二脚で機関銃を固定し、精度を大幅に上昇させるアクション。
パッチで様々なボーナスが追加された。効果は以下

1.弾丸が予備マガジン側から優先して消費される。
 →予備マガジン消費中はリロード不要
 →本体側の弾残数が0の場合、リロードアクションが優先されるため注意

2.射撃時の反動が大幅軽減。グリップ3つ分相当
 →センタリング性能が同時に弱化するため、
 →面射撃が大幅強化されるが、点射撃はそこまで変わらない
 →大幅に強化されたフルオート射撃をぶん回すのが吉
3.エイム時間0.8倍、クイドロと重複する
4.射撃間隔0.91倍、ラピファと重複する
5.リロ―ド時間0.5倍、ハッスルと重複する
 →バイポ解除以外でのリロキャン不可
6.腰だめ収束100倍、ステディと重複する
 →MG15の伏せバイポに至っては、最早エイム射撃と収束が変わらなくなる

7.バイポット中移動不可、旋回に制限
 →上下左右30℃程度までしか向けない。特に真下が死角になるので注意
8.装備切り替え&装備品使用&ストリーク使用不可
9.着脱どちらの場合も1秒程度の予備動作あり

注)立ち屈み伏せ状態とバイポ判定は別で、精度面では 伏せバイポ > 屈みバイポ > 伏せバイポ と性能差が出る。

火力向上と弾数面の補強が著しい代わり、他の一切ができなくなる。
爆発物直撃もよくあるため、耐性無しでのバイポは覚悟が必要。
敵キャラ探知を切るため、アンダーカバー効果も重要となる。

また着脱の隙がデカいため、おいそれと行えない。
飛び出し射撃から即死させられるとラグの都合、無抵抗となってしまう。
一度行ったら、隙を見て場所替えを行うべし。
撤退後に投げ物を無駄撃ちしてくれれば御の字である。

特定ポイントを狙って敷設したり、リロード際に平地で敷設が活用処だろう。


・最後に

 ゲームルールによって評価は変わってくるため、記述した内容が絶対でない事には注意されたし。
ハードコアだと威力30以上か否かで評価が変わる等々・・・
基本はとりあえずルイス使っとけな状態ですが、何か狙いがあるのであれば、他を使うのも一興でしょう。

Commented by えふえ at 2018-05-29 11:16 x
LMG契約をサクサク終わらせるために、シップメントでブレン軽機関銃を良く使っています(B点範囲ギリギリでバイポッド展開)。バイポッド展開メインでの運用なので、立ち射撃捨てて問題ないなと気付きました...ステディ使います
Commented by vibnil at 2018-05-31 22:45
今ならスティンガー超おすすめどす
腰火力限定ならそれこそブレンの上位互換・・・オカシイよぉ・・・
by vibnil | 2018-05-31 22:43 | CoD WW2 | Comments(2)