[MHW]イビルジョー派生スラアク、テラーテュランス簡易考察

最新の無料大型アップデート第一弾で実装された、イビルジョーの剣斧の考察となります。
猛者石不足につきあくまで机上論となっていますので、参考ばかりに流し読みされるとよいでしょう。
バンギスシリーズは・・・まぁ、お察しください

テラーテュランノス
レア度:7 → カスタム強化2回
攻撃:220
会心:-25%
属性:龍180
封龍力:大
スロット:なし
強撃ビン搭載
切れ味:素で青40、匠5で白50

匠5での物理火力
剣モード:356(デモンに次ぎ、モーターアクセルと並んで同率2位)
斧モード:304(同上、ハザクデミオスⅡらと並んで同率2位)
*無強は考慮外

 今作6本目となる龍属性を持ったスラアクとなる。水や各種異常系が一本ずつしかないのに凄い格差。
高攻撃力・マイナス会心・匠5で白50・強撃ビンと、バゼルレイダーと対になっている。
物理攻撃の最大値に特化した龍属性武器で、デモン断滅の一閃と競合する。

 デモンと比べると、無撃強化が乗らず最大火力は数%劣る。
代わりに無撃球用の中スロットが不要で、白ゲージの長さで20勝って融通が利き、
封龍力:大と若干の龍属性が古龍相手に刺さる。

 断滅の一閃と比べると、匠が必要なので構築が縛れる代わりに、
白ゲージの存在から最大火力で1割近く勝り、弾かれ耐性が得られる。
龍属性スラアク最長の白ゲージが、硬い部位を持つ相手への保険にありがたい。
これはパワースマッシャーⅡとの差別点にもなる。

白ゲージ50によって構築の幅がそこそこあるのがうれしい所。
・匠5かつ剛刃研磨を採用すればデモンとほぼ同じ装備で作れる。
 →効果持続や無強を切れるので、その分を他に割ける
・ゼノラージベースで匠5業物を両立すれば、剛刃研磨無しでも運用ができる。
 →最大火力は落ちるが強化持続・怯み軽減と併用できる。

総じて十分実用に耐える一品と言える。
難点はカスタム強化に斧猛者石を4つ要求されること。重たい
さらにパワースマッシャーⅡやデモン、断滅の一閃のビルドを既に持っているプレイヤーにとって、
性能に大差のないこれをわざわざ作る意味があまりないこと。

まだカスタム強化を行っていないスラアクユーザーが、猛者石で一品作りたい!
というのであれば選択しても良いといった具合。
それでもレア6~7のスラアクは
パワスマを筆頭にハザク、レウスギア、ウルムースマッシャー、ボルボグランダー等、
一芸を持ったブツのオンパレードなので、優先度は低からず高からずである。

作っても損にはならない性能をしているので、見た目で決めてしまっても全く問題はないだろう。


[PR]
by vibnil | 2018-03-24 00:35 | MHW | Comments(0)