スラッシュアックス ブシドースタイル使い方考察@モンハンダブルクロス


・・ブシドースラアク考察 @モンハンXX

・特徴
近接最長のリーチの斧攻撃、定点攻撃に優れる剣攻撃を、
カウンターを交えつつ永遠と引っかけていけるスタイルとなる。
他の近接ブシドーと比べ、斧は多少走る角度がずれていてても当たり、
剣は素早い縦4連撃に繋げられ、どちらもが吹き飛ばしを伴わない点で優れる

何より削除されるアクションがそこまで致命的ではないため、
他スタイルとスイッチして運用するのが苦にならない点が素晴らしい。
(これはスラアク全体に言えるが)

今まで重要視されてきた回避性能スキルが無用である点も見逃せない。
このためスキル自由度が恐ろしく高い。

ジャスト回避後の強制停止が狩技でしか不可能で、敵からの連撃に弱い。
判定の強い単打を行う相手に用いたい。
有効な相手:青電主 燼滅刃
苦手な相手:白疾風 天眼
こんな感じ。

狩技が1つ能動的な縦連撃がないため、壁殴り性能は低め。
速攻勝負はギルド・ストライカーに任せた方が無難だろう。
難敵を相手に張り付き続けるのがこのスタイルでの楽しみである。






・操作変更点
-斧
斧切り上げ → 剣変形縦切り 追加
ジャスト回避 → ぶん回しフィニッシュ 追加
ぶん回し → ぶん回しフィニッシュ 派生削除 
(ぶん回しフィニッシュはジャスト回避の派生でのみ可となる)
ジャンプ変形解放突き使用不可

-剣
ジャスト回避 → 2連切り上げ 追加
剣切り上げ 完全削除
ジャンプ属性解放突き使用不可
(実質的に縦切りループが使用不可、ローリングをキャンセルした攻撃も不可能

-共通
スタイルによりジャスト回避判定が追加 
納刀状態でジャスト回避した場合に限り
Xでぶん回しフィニッシュ、R+Xで2連切り上げが発動と使い分けが可能
"リロード"表示中は2連切り上げもリロード動作に変更される
狩技は一つのみ

・変形
斧→剣縦切り:突進突き 縦切り 切り上げ ぶん回しフィニッシュ
剣→斧縦切り:2連切り上げ
剣→斧横切り:横切り 2連斬り


・操作解説

まず従来からできなくなった動作を挙げる。
剣切り上げが削除されたため、剣縦ループが使用不可になった
能動的に縦連撃をしかける術がないため、
これが欲しい相手には素直にストライカースタイルで剣鬼エネチャするべきである。

ローリングの後隙をキャンセルして剣切り上げすることもできないため、
ジャスト回避無しだと剣モードの動作が重たいのも注意したい。
ちなみにローリングから最も隙を小さく攻撃できるのは"剣横切り"となる。

追加された動作で重要なのは斧切り上げ→剣縦切りへの変形ルート。
斧→剣を、かなり自由に渡れるようになった。
斧突進突きor切り上げから様子を見つつ、余裕があるなら斧縦切りまで行ってから
剣へと変形、追撃→ジャスト回避から縦4連コンボ→ジャスト回避or斧に変形・・・

このように
"斧でタッチして → 剣で追撃 → 剣で受けて → 斧で離脱"
とするのがブシドースラアクの理想的な動きとなる。

斧のジャスト回避は敵との交差際に強く、敵を掠めるようなルートを取れば
味方と干渉もしにくくなる。

連撃してない時は可能な限り斧になっておくことで剣ゲージを蓄積させておき、
斧→剣への移行もなるたけ斧縦を挟むことでダメージ量を増やしつつ、ゲージを温存するのが理想。

・重要アクション
-斧 縦振りおろし
モーション値50
ブシドースラアクにおける攻撃の軸となる。
スラアク最強の単打であり、長いリーチに縦一線と癖が無く、そして剣縦切りにつながる。
斧モードでならブシドースラアクも縦の2連撃まで行える。
斧切り上げから連続すれば、3連撃まで可能。
これをどれだけ当てていけるかが肝である。

-斧 振り回しフィニッシュ(カウンター)
モーション値25+30+40
ハンター自身の全方位に3回の攻撃を行う。
近接攻撃としてはトップのリーチをもち、弾かれ無効でもある。
とにかく攻撃範囲の広さから、調整の難しい交差際でも安定して当てれる点が魅力。
拘束時間は長く、敵の反撃に注意。
見切り発車で発動して全段HITを逃しててでも、敵の反撃を避けて反撃の連続した方が効率は良い。

相手が足を止めていればそのまま剣モードで追撃、そうでないなら離脱とすれば良い。
SAの貧弱な近接武器とは相性が悪いが、それを言い出すとブシドースラアク自体使ってられなくなる側面はある。

-剣 2連切り上げ(カウンター)
モーション値27+27(32+32)
火力は並だが、隙の少ない純粋な縦2連撃は魅力。
弱点へピンポイントで叩き込みやすく、数値以上の火力を感じやすい。
斧縦切り→剣縦切りと4連続まで縦連撃が可能。
相手への反撃を読んで調節すること。


・斧モード

並程度の移動速度で位置を調整しつつ、移動切りor切り上げで敵と接触
様子を見つつ、可能なら縦斬りでモーション値50を当てつつ剣モードに移行する。

ジャスト回避から直接出せる振り回しフィニッシュはリーチが凄まじいため、
懐に飛び込むのではなく、狙った部位の側面を通り過ぎるようにすると直撃させられる。
ちなみに弾かれ無効となっているため、
同じ斧も多用するブレイヴと比べてブシドースラアクは弾かれに強い。

強撃ビンでない場合、ラッシュ時の最大火力は斧ぶん回しとなる。
またテンペストアックス発動中は強撃ビンであってもテンペ振り回しが最大火力となる。


・剣モード

他スタイル以上に機動力で劣るため、連撃の間だけ展開しておくのが吉である。
小ラッシュには横→2連ループでダメージを稼ぐ。
剣ゲージが余っていて、味方と干渉してない場合は属性解放ループにすると良い。
逆に枯渇している場合は斧ぶん回しをする事になる。
リロードは避けたいが、味方を利用したキャンセルは隅に置いておくと幸せになれる。

動く部位に対しては、横縦ループ、2連ループ、斧変形から突進突きを挟んで再変形と、
頭を使ってフルに当てる事を重視する事。

ジャスト回避からの2連切り上げ→斧縦→剣縦は
27+27+50+33(瓶補正抜き)と高いモーション値を持つ縦4連撃となる。
是非とも弱点部位に叩き込みたい所。


・モーション値
-斧
突進突き 19
横斬り  23
縦斬り  50
斬り上げ 32
振り回し 22
振り回しフィニッシュ 25+30+40

-剣 カッコ内は強撃補正
縦斬り   32(38)
横斬り   28(33)
二連斬り  28+36(33+43)
属性解放突き 28(33)
継続     13(15)
二連斬り上げ 27+27(32+32)

DPSの記事も参考に。斧は縦切りとフィニッシュ、
剣は縦4連を如何に弱点に直撃させるかで与ダメージが変わってくる。


・武器選び

切れ味スキルを積めるかにもよるが、
属性付きの強撃ビンスラアクを選択するのが無難である。
ただし切れ味スキルを完全に切れるスペックがあるなら強属性スラアクも一考してもよい。

剣鬼エネチャが使用不能で物理ダメージを極端に伸ばす事ができず、
またカウンター攻撃が複数HITする都合、属性の比重が全スタイル中でも大きい。
このため真名アナカトルナイムも、ことブシドースラアク武器としてみると微妙となる。

一方で主力としている連撃は瓶補正が係るものがそこそこあり、
強変形ループで火力差が5%しか生じないブレイヴスラアクと異なり、強撃ビンは無視できない。

毒ビン・麻痺ビンは斧攻撃に全く乗らないため相性が悪い。
銀レウス、ミツネ、ガムート、ジンオウルーツ、ミラといった5属性および、
金紫レイア、燼滅ディアの毒・爆破属性付きの強撃スラアクがお勧めだろうか。


・狩技

枠が1つなので剣鬼エネチャ両立は不可。そもそも縦ループが無いので
剣モードの最大火力を追求するだけ無駄となっている。

-テンペストアックスⅢ
斧の機動力を強化でき、ラッシュ手段が増える。
切れ味に余裕のある武器なら採用したいところ。
コストが軽いのでSP設定しても大して痛くない。
ただしSP状態の持続時間も長くはない。

-絶対回避【臨戦】
業物と併せて切れ味の維持を可能とする。
ジャスト回避のキャンセル手段としても有用。
また剣モードの位置調節でも有用と強力。

-エネルギーチャージⅢ
会心率+30%は魅力。
ただし展開によっては剣ゲージが余りがちになりやすい。
またジャスト回避とそこからの派生で拘束時間が長く、
チャージする暇がない場合が多々。

SP状態になるとジャスト回避の判定が長くなり、
ローリングの終わり際まで続くようになる。
テンペストアックスⅢは持続時間が長いため、おまけ程度となり、
臨戦では回転率が低下すると切れ味の完全な維持が不可能となる。
好みで選択と言ったところだろうか。

レンキンスタイルの味方がいると非常に心強いが、何分絶滅危惧種でな・・・


・スキル選び

テンプレート的なのはグギ装備で匠&業物両立、見切り+1とスキル2つ程度。
ただしスラアクで匠業物両立必須な強撃武器はガムート、ミラ系くらい。
他は業物があれば事足りる。

マルチプレイ時は回避距離アップを付けておきたいが、ジャスト回避から走れるので好みである。
武器に応じた切れ味スキルの選択は必要だが、あとは本当に好みとなる。
せいぜい相手に合わせて耐震や抗菌、抗達磨を積む程度。

剣鬼エネチャが使えないので会心強化関連はストライカーほど有効には扱えない。
素直に攻撃力を伸ばすもよし、防御力を見込んで二つ名一式を着込んでもよし、
好きに試行錯誤すると良いだろう。

[PR]
by vibnil | 2017-06-04 13:44 | モンハンXX | Comments(0)