超特殊許可クエスト 朧隠ホロロホルル @モンハンダブルクロス

vs超 朧隠ホロロホルル @モンハンXX

b0168174_15352730.png
HR100に上がった記念に超特殊の朧隠ホロロホルルを倒してきました。
オンラインで有志を募って3回ほど。
これでも二つ名持ちの中でも下位であろうホロロですが、やばいですね。
にわか勢にはこれでも手に汗握る闘いです。

スタイルはエリアルスラッシュアックスwith緊急回避【臨戦】
装備は通常ミツネスラアク+青電主一式+お守りで回避距離
で挑みました。

スラッシュアックスのスタイルに関してはその他どれでも役目が持てそうですが、
今回は翼薙ぎ払いを容易に避けれるエリアルを選択。







基本的な動きは獰猛化ホロロホルルの強化版と言った具合。
鱗粉射撃が3wayになってたり、透明化で位置取りから派生行動したりする。
原種であった害悪行動の、ボディプレス→鱗粉フィールド形成→フィールド吹き飛ばしは無くなっています。

兎に角、混乱状態が厄介。翼あるいはプレス攻撃とその余波で発症します。
スキルで防御不可かつ、睡眠麻痺と異なり味方の攻撃で解除されません。
特に発生した瞬間と終わり際は強制的に反転させられるため、特に注意しなければならない。
乗り状態中だと関係ない上に途中で治るため、エリアルを選択した側面もあったりする。

以下注意が必要な行動

・翼切り上げ
原種でもあった攻撃。1回ないし左右の2連撃で使用。
防御力920で4割程持ってかれる。怒り時に5割程?
被弾すると混乱状態になる。

地上の広い範囲をカバーする厄介な攻撃。
2連撃の場合、下手に初弾をブシドー回避やイナシしてしまうと反確してしまうのも辛い。
エリアルスタイルだと振り切り部分以外はジャンプで避けれます。
その他スタイルのスラアクは回避性能でフレーム回避するのが妥当かと思われる。

・左翼叩きつけ
正面に向かって左翼を叩きつける。
本体のサイズもありリーチはすごく長い。
防御力920で8割程、怒り時に9割程もってかれる。

何かの攻撃の追撃で使ってくる印象が強い。最速起き上がりに重なったりする。
この攻撃のために、下手に逃げるのが悪手になっている。
向かって左手前が安置になっているため、そこに逃げ込むのが吉。

・プレス
飛び上がって正面のポイントに落ちてくる。
防御力920で素から9割程持ってかれる。
衝撃波による直撃判定等は無いため範囲は狭いが、至近に鱗粉の余波が一瞬発生する(こちらのダメージは極めて小さい)

ダメージは凄まじいが、まぁ受ける事は稀か。
真上に飛び上がって真下に落ちてくることはしない。必ず幾らか前進しつつ落ちてくる。
透明化から派生で使ってくる際の事故死に注意


・透明化
ほぼ完全に透明化し、1~2回のポジショニングを行ってから派生行動を行う。
定期的に一瞬だけ像が映る。また頭部が破壊されると半透明化に留まる。

派生行動は以下
透明化を解除したのちにスパイラルアタック
透明化を解除したのちに鱗粉ブレス
透明化を解除しつつダイビングプレス
透明化を維持したまま睡眠術

透明化を維持したままの肉弾線は行わない。
また透明化中に一定ダメージを受けると解除+大ダウンする。
透明化解除際に動いてるか否かがかなり重要なので注視する。

スパイラルアタック
透明化からの派生でのみ使用。
防御力920でギリギリ耐え。怒り時10割?
防御力が900切ってると素で即死の模様。

僅かに前方に飛び上がったのち、きりもみ回転しながら正面に向かって突撃する。
発動直前に強めの軸合わせがあり。
翼によって横方向の判定が極めて強い。

ある程度距離があれば横移動+回避で範囲外に出られるが、近距離だと横判定の強さから危険。
ただし前方に飛び上がる都合、発動見てから前移動+回避を行えばすれ違って避けれる。


・・終わりに
総じて、属性攻撃がこないため、剣士は怒りスパイラル以外で10割されなくなる、
防御力910以上を用意するのが第一でしょうか。

比較的難易度の低い超特殊モンスターだと思うので、一度やられてみてはどうでしょうか(@q@)

by vibnil | 2017-04-23 16:34 | モンハンXX | Comments(0)