ペイロード能力メモ ストライカー@CoD IW

ツイッターに書いておくと忘れそうなので、簡易記事として記録に残す。

ストライカーは置物や投げ物、対投げ物に特化した地点防衛向けのペイロードである。
基本的にオブジェクト向けだが、TDMでも要所を抑えるのに使われると中々に脅威となる。
また使用されるペイロードやトレイトの対策にはマイナーなパークが必要であり、
所謂量産型クラスだと確実にそれらに引っかかるのも強み。
ただし対策されると完封されうるため、相手を揺らぶるための札として使うと良いだろう。

基本的にマイクロタレット+ハードが自己完結していて強力。
むしろストライカーを本気で使ってるプレイヤーの多くがこれ。

PTで組織だって守る場合にセンチュリアン+リレイも有力である。
ブーストによるワンチャンスを消せるのが強み。

ボルテックスガン+トロフィーはオブジェクトルール向けか。

鉄板の組み合わせとアンロックされる組み合わせが一致してない
さらにアンロックレベルが高い点が難点。
周回して使うなら永久アンロックは必須である。






・ペイロード

-ボルテックスガン
装弾数2発 チャージ時間270秒 スコア10ポイントにつき1秒軽減
ブラックホール弾の限界到達距離は50m程

大型のブラックホールを打ち出す。
6m程の範囲に強烈な吸い込みを伴い、ブラックホールに触れると200ダメージを多段で受ける。
またブラックホール消滅時に爆発し、10m程の範囲に即死ダメージを与える。
ブラックホールメイカーより吸い込みが強烈で、全力スライディングでなんとか逃れれる程度。
起点もないので破壊しての対策は不可。一応FTLジャンプやリワインドでも逃げれる。

クソ重たい上にキルまでに時間がかかるため、TDM向けの装備ではないだろう。
キャプチャポイントに撃たれるとどうしようもなくなる。


-マイクロタレット
耐久力140(ハード時215推定) 感知範囲20m 最大威力時5HITキル
稼働に時間制限あり 格闘攻撃一発で破壊
チャージ時間210秒 スコア10ポイントにつき1秒軽減

簡易版セントリーガン。性能は低めだが、全方位をカバーできる利点がある。
これ単品でルートを守り切れる性能はないが、
本体と連携して守られると全方位対応と相まってかなりの防衛力を発揮する。
これ自体で"リレイ"の効果は発動しない。
"ハード"との併用が大前提なペイロードである。

ハード+マイクロタレット+罠積み+バルチャーセントリーの組み合わせがかなりの脅威。
エンジニアで透視できる。ブラインドアイで感知されなくなる。


-センチュリアン
耐久力430(ハード時480推定) 格闘攻撃2発で破壊
接地地点から7m以内に入った敵に継続的に(秒間2HIT程)
1ダメージと極僅かな怯み + フラッシュと軽度の怯み + EMP効果と軽度の怯みを与える
フラッシュ効果はタックレジスト、EMP効果はハードワイアーで無効 1ダメージ部分は耐性パークなし
範囲内に入った投げ物が即時消滅する(爆発しない)
破壊されない限り永続or超長時間有効
ダメージ効果にリレイのマーキング効果が乗り、本体自体にリレイの感知効果が乗る。
またこの手にしては珍しく、自爆ダメージが発生しない。
道を堂々と塞ぐような置き方ができない
チャージ時間210秒 スコア10ポイントにつき1秒軽減

やたら効果が詰まった、侵入経路封鎖に非常に強力なペイロード。
滅茶苦茶硬い上にパークでの完封が不可である。
タックレジストとハードワイアーを併用しない限り、ダッシュが止められる軽度怯みが発生する。
エンジニアが無いと感知され、ゴーストが無いと感知時にマップに映る。
ハードワイアーが無いとダメージでマーキングされ、
どうあがいても1ダメージは確定で受ける。

1ダメージ削り中は単発砂が全部位即死となり、単発SGのワンショット距離が1.5倍程度に伸びる。
これで足を止めた敵を、防衛してるキャラで仕留めるのが純粋に強い。
あらゆる面でリレイとの併用が大前提な効果となる。

反面、見張り役がいないとほとんど役に立たないため、場を非常に選ぶのが難点。
使われた場合、ジャマーグレネードで割るか、フェイズシフトでスルーするか、
SR等で侵入せずに狙撃して倒すかが有効。



・トレイト

-リレイ
1.爆発ダメージを与えた敵の輪郭をマーキングする(1秒程)
センチュリアンのダメージにも有効
マーキングはハードワイヤーで無効となる
2.設置物の周囲8m以内かつ射線が通っている敵に反応し、敵をレーダーに映すと共に設置者に音でお知らせする
感知効果はエンジニアで完全無効となる
ゴーストでレーダー投影のみ無効となる(設置者にお知らせは行く)

マーキング効果はほぼおまけで、感知効果がメインとなる。
仮に起爆範囲をよけられたとしても、反応して通過を教えてくれる。
センチュリアン+罠クラスで有効



-トロフィードローン
リチャージ時間約35秒
投擲物を1回だけ迎撃する
迎撃時の爆発は敵と自分に判定がある

気休め程度の投げ物対策。
問題なのは瀕死の状態で迎撃してしまうと、セルフキルが発生しうる点。
10~20程削られるので、下手すれば耐えれたタクティカルグレネードでトドメを刺される。

相手の投げ物が面倒だが、対策クラスを用意してない時に出す程度。
ボルテックスガンを使うなら基本的にこれ。


-ハード
設置物の耐久値が向上する
対象はトリップマイン、C4、クライオマイン、マイクロタレット、センチュリアン
本体がリスポーンすると消える罠類が、本体が2度リスポーンするまで消えなくなる
(ゲームから退出したら流石に消える)

基本的にマイクロタレットの補強がメイン。
トリップマイン、C4、クライオマインの耐久が10→50に強化されるため、
並の弾丸一発では破壊されなくなり、より足止めできるようになる。

壁クライオマインを咄嗟に破壊して回避もほぼ不可能になるため強力。
本体が一度死んでも消えない点も凶悪で、侵攻ルートにローリスクで圧をかけれる。



・・総括

罠有りストライカーを使う側としては壁クライオマインやダッシュで侵入する経路に
トリップマインをしかける事を心掛け、置物と連動して守るように動きたい。
性質上、突撃する野良を見殺しにする形になりやすく、レシオは守れるが勝率は下がりやすい。
PT戦では荒らしてくる射撃特化クラスをけん制する目的で使うと良い。
ブラインドアイやエンジニアの採用は稀なので、まず引っかかってくれる。

罠有りストライカーを使われる側は、エンジニア+ブラインドアイでほぼ完封できる点を覚えると良い。
罠設置地点を好き放題抜けれるため、脆弱な本体と戦って倒す事ができる。
機動力と射程がある武器で使用するとなおよし。
バルチャー・セントリー・ウォーデン対策にもなってくれる。
ただしハード効果により罠消失にラグがあるため、味方が巻き込まれやすい点には注意したい。

リグの中でも一二を争う判らん殺しのため、効果はしっかり把握しておきたい所。


by vibnil | 2017-01-14 16:17 | CoD IW | Comments(0)