スラッシュアックスのオススメスキル!諸々考察@モンハン4G

スラアクのオススメスキル!紹介@MH4G

野良で集まるプレイヤーには、まるで意味の無い組み合わせ、
最悪なにもスキルが発動していない場合まであります。
(穴だらけは蹴りますが^q^)
このゲームは腕前も重要ですが、そもそもスキルの有無で
できる事が変わってくるので、最低限はしっかり抑えたいですな。

今回はそもそもスキルに何を使えば良いかが判らない人向けに、
基本的なスキル(オススメスキル、第一候補スキル)と、
状況に合わせて使いたいスキル(第二候補スキル)を紹介します。


・・・基本スキル

"and/or業物 回避性能+1 回避距離UP"

スラアクを教科書通りに運用するなら必要になってくるスキル。
第一候補スキルとも言える。
とりあえず上記3つ(4つ)は発動させておきましょう。
他プレイヤーから見た心象がまるで変わります。

普通の相手ならば、これらの有無だけで難易度が急変する。
超大型MOBやハメ用に攻撃特化する    → 真打業物挑戦者
耐性さえあれば回避性能は要らない   → レウス相手に耳栓風圧
特大白ゲージで切れ味スキルが要らない → 衝斧
こういった場合は切っても良いが、特別な考えがないなら必ずつけるべし。


匠or真打

切れ味ゲージ+50
(真打のみ武器倍率+20)

多くの武器で紫ゲージが出現し、白ゲージと比べて火力が1.1倍になる。
効果は匠の時点で攻撃力UP【超】程度。斧状態の弾かれにも関係してくる。
真打ともなると火力は15%増し程度になる。
(G級の強武器は武器倍率270~310程度)
これは挑戦者+2が常時発動しているような物で、火力優先なら是非付けたい。

素でゲージマックスの武器以外は基本的にどちらか採用する。
G級では採用も比較的容易。



業物

切れ味消費が1/2の確立で無効になる
弾かれた際の切れ味消費が半分になる

素紫の発掘武器あるいは叛逆斧バラクレギオン(レギオス武器)で必須。
紫ゲージを維持し続けることで火力・弾かれ耐性どちらも確保できる。
特にバラクレギオンでは、切れ味修復効率が2倍になるので前提条件と言える。

火力特化の短紫ゲージ武器も、ラッシュ力を損なわないために真打と両立すべき。
それ以外の武器は紫ゲージの現れる匠が大幅に有利。

心剣一体は剣モードの特性上で不用。
斧運用がメインの一部で採用しても良い程度だろう。



回避性能+1
回避の無敵時間が約1.5倍になる(0.2秒→0.33秒)

大型モンスターの攻撃を露骨に避けやすくなり、
張り付きが捗るようになる。
本来なら確実に反撃される位置に居座る事で、攻撃数を増やす。
スラアクではかなり攻撃的な運用をする。

回避距離UPと同じく、他の方面がよほど充実しているでも無い限り+1は欲しい。
判定が一瞬の敵に対して大きな効果が期待できる。
(イビルジョーのブレスやジンオウガの攻撃等)



回避距離UP
回避時の移動距離が1.5倍になる

回転回避が最速移動手段のスラアクにとっては移動力1.5倍も同義。
攻撃機会がグンと増えて火力効率も上がる。
すれ違いざまの回避も安定しやすくなる。
これがないと敵を追うのも一苦労である。

回避性能+1と合わせてW回避という俗称で呼ばれる事もある。
斧モード特化なら移動速度が幾分マシなので、切っても良いかな程度。





―――その他スキル―――

基本スキル以外で付ける、第二候補となる物たち。
武器と相手を選ぶ傾向にあるので、複数カスタムを用意しておきたい。



・・・攻撃系
より攻撃力を目指すなら。
超大型の敵や、味方に拘束役がいる場合、攻撃特化型が生きる。


・攻撃力UP
小:武器倍率+10
中:武器倍率+15
大:武器倍率+20
超:武器倍率+25

文字通り物理火力が上がる。
攻撃力UP小で3~4%程向上する。
(ステアワンドならば270→280で3.7%up)
真打がある場合は無意味になる(攻撃UP大が付くのでほぼ重複しない)
素で攻撃のポイントがあったり、お守りの第二スキルで発動するなら付けておきたい。
元の攻撃力が低いほど効果が高い。



・達人
+1:会心率+10%
+2:会心率+15%
+3:会心率+20%
マスター:会心率+30%

会心率が向上する。会心発動時の攻撃力は1.25倍(マイナス会心は0.75倍)
+1で期待値が2.5%向上する事になる。
単純に攻撃スキルに比べて劣りがちだが、攻撃スキルと重複する点が重要である。
真打&挑戦者+2&痛撃に、さらなる火力を盛るなら候補に挙がる。

計算式の関係上、達人は武器倍率が高く、会心率が低いほど効果が高い。
(とは言えガイアでも僅かに攻撃小>見切り+1だが)
会心撃と組み合わせるか、防具のポイントがある場合に採用する程度。



・挑戦者+2

武器倍率+25、会心+20%(モンスターが怒っている場合限定)

大よそ火力15%増しと言った所。
G級の敵は怒っている時間が長く、高い効果が期待できる。
怒天系装備で真打を両立した場合、火力は30~40%増しになる。
4回攻撃が必要な所が、3回で済むのはとても大きい。
ナバルディードと併せると凄まじい火力を叩き出せる。
テオ・テスカトル相手だとノヴァを撃ってくるタイミングを目視できるようになる。
常時怒り状態の相手には効果絶大である。


・本気+1
累計150ダメージを受ける or 敵と同じマップ上で5分間戦い続けている場合、
90秒間"会心率+30 スタミナ消費半減"される
(挑戦者が発動している場合はそちらが優先される)

怒天装備を使うと、挑戦者のおまけで付いてくるスキル。
発動条件が面倒なので、わざわざ+2まで付ける必要はない。
挑戦者が終了した際に、丁度発動していると攻撃力が幾らか維持される。



・弱点特攻
肉質45以上の部位に、追加で5%のボーナスが入る。
柔らかい部位に対しダメージが10~5%程増える。

それなり以上に柔らかい部位の多い相手に効果が高い。
ラージャンに対しては硬化中の腕を除き全てに効果がある。
比較的小型の相手に対して効果が高く、敵が大きくなるほど効果が薄くなる。
ランポスラージャン、クックラージャンのギルクエでは是非用意したい。
テオ・テスカトルにも比較的有用。

その他は有効な敵が少ない。
攻撃UP対象がピンポイントだが強力な攻撃スキルと言えるだろう。



・属性攻撃(単属性)
属性攻撃力が増加する。
+1:1.05倍+40
+2:1.1倍+60
+3:1.15倍+90

ほぼアルトロイヤル専用。+3で火力が1.2倍に跳ね上がる。
アカムやクシャルダオラ、ミラボレアス系にあると便利。
その他の敵は物理面を強化して殴ったほうが早い。
お守りの第二スキルとして高数値が付き易い。
匠よりも手軽に火力が出せる。



・ボマー

爆破属性の蓄積値1.2倍
爆弾ダメージ1.3倍
爆弾の調合率が100%となる

ミラ斧やテオ斧を使うならば。
特に2頭同時等で、HPの低くなったMOBには有用である。
部位破壊にも貢献しやすい。




・・・回避系
W回避を超えた張り付きを目指すなら。
単に死にたくないだけなら根性なり加護付けた方が良い場合もある。


・回避性能+2
回避の無敵時間が2倍になる(0.4秒)

+1だと怪しい攻撃も避けやすくなる。
特に咆哮回避が安定しやすくなってくる。
+2は上昇幅が微妙で、+1と比べても無敵時間が0.07秒しか増えていない。
構成が許すなら+1か+3にすると、ポイント効率的には得である。


・回避性能+3
回避の無敵時間が3倍になる(0.6秒)

ローリング動作が全て無敵になる。
攻撃を避けるどころか、体当たりに対して追われる形で回避して、
張り付き状態を維持する芸当すら可能になってくる。

性能が過剰で、完全な張り付きを目指す以外は非効率気味である。
回避移行が遅めの剣モードだと生かしきれない場合も。
斧主体だと性質を生かしやすい。

角竜系列の咆哮等は、回避性能+3でも回避しきれない。
相手を見て採用を検討しよう。


・・体術+1~2
単発のスタミナ消費量が+1で50%、+2で25%まで低減される。
緊急回避の移動距離が倍程度に伸び、モンスター方向にも可能になる。

緊急回避性能の向上がかなり便利。
咆哮やブレスを回避しながら、敵の懐に飛び込む芸当が可能となる。
スタミナ低減も中々便利で、強壮薬に頼らずとも自由に回転回避ができる。
ぶん回しも対して気にせず振れるようになる。
クシャナ装備系統で、回避性能と共に取得が可能。




・・・耐性系
敵大型モンスターの拘束要素を無力化し、肉薄しやすくする。
攻撃機会の増加と、即死コンボの回避が主な用途である。
一方で、対応した相手でないと無力な事に注意したい。
ミズハ一式が嫌われやすいのは、このためである。


・・耳栓、高級耳栓
咆哮やられを無効化する。
咆哮による衝撃波ダメージは無効化できない。

・耳栓で可な相手
イャンガルルガ クシャルダオラ 錆びたクシャルダオラ
ケチャワチャ ケチャワチャ亜種 
ジンオウガ ジンオウガ亜種 セルレギオス
テツカブラ テツカブラ亜種 テオ・テスカトル
ババコンガ ババコンガ亜種
ブラキディオス 臨界ブラキディオス
リオレウス リオレウス亜種 リオレイア リオレイア亜種

・高級耳栓が必要な相手 (太字はダメージ範囲アリ)
イビルジョー 怒り喰らうイビルジョー ガララアジャラ ガララアジャラ亜種
グラビモス グラビモス亜種 ゴア・マガラ 混沌に呻くゴア・マガラ
ゴグマジオス ザボアザギル ザボアザギル亜種 シャガルマガラ
ダラ・アマデュラ ダラ・アマデュラ亜種 ダレン・モーラン
ディアブロス ディアブロス亜種
バサルモス バサルモス亜種
フルフル フルフル亜種
ミラボレアス ミラバルカン
モノブロス モノブロス亜種
リオレウス希少種 リオレイア希少種
アカムトルム ウカムルバス 
ティガレックス ティガレックス亜種 ティガレックス希少種

*ラージャンは通常時は耳栓で可だが、乗り中は高級耳栓が必要

咆哮モーション中が攻撃チャンスとなるため、対応する相手に有用なスキル。
乗りの妨害も受けなくなるが、スラアクは乗る機会が少ない。
咆哮の範囲が狭かったり、頻度が少ない場合は不用とも言える。
特に4Gでは応急耳栓が追加されたので、
出会い頭のラッシュだけなら耳栓抜きでも可能。
咆哮時間が短い相手には回避で十分間に合うので、相手に合わせたい。

飛竜種全般、イビルジョーでかなり便利である。



・・風圧無効 小/大
風圧やられを無効化する
龍風圧は無効化できない。

・風圧小
イャンクック イャンクック亜種 イャンガルルガ
ケチャワチャ ケチャワチャ亜種
ゲリョス ゲリョス亜種
ジンオウガ ジンオウガ亜種
ティガレックス ティガレックス亜種 ティガレックス希少種
バサルモス バサルモス亜種

・風圧大
ゴア・マガラ 混沌に呻くゴア・マガラ
ダイミョウザザミ ダイミョウザザミ亜種
ディアブロス ディアブロス亜種
フルフル フルフル亜種
ミラボレアス ミラバルカン
モノブロス モノブロス亜種
リオレイア リオレイア亜種 リオレイア希少種
リオレウス リオレウス亜種 リオレウス希少種

・龍風圧
オオナズチ テオ・テスカトル
クシャルダオラ系(毒状態では風圧大になる)

風圧による拘束が無くなり、確定コンボを受けなくなる。
特にイャンガルルガ、ゴア・マガラ リオレウス系 クシャルダオラ系で有用。
その他は風圧がオマケ程度の場合が多いので、耳栓以上に相手を選ぶ。
イャンクック系を除いて、採用するならミズハ装備で耳栓共々カバーすべし。



・金剛体

耳栓 + 風圧無効小 + 各種受身

被弾時の除けりが減り、吹っ飛ばされても受身を取るようになる。
全攻撃にSAがあるスラアク的に反動軽減は意味が薄い。

イャンガルルガ、ケチャワチャ系、ジンオウガ系に限り、
防風防音効果が共に有効で素晴らしい性能を発揮する。
ギルドクエストでこれらを相手にするなら是非用意しておきたい。



・耐震
主な使い手
イビルジョー系 ラージャン系
アカムトルム ウカムルパス
ウルクスス グラビモス系 ディアブロス系

ギルドクエストでイビルジョーやラージャンを相手にするならば必須。
張り付く武器であるスラアクならば、なお更である。
一応回避性能+2~+3でも代用できるが、かなりの腕を要する。
猛者なら震動を利用してリロードキャンセルするらしいが、
並の腕前なら必須である事は変わらない。



・細菌研究家
悪臭&爆破の主な使い手
ブラキディオス系 テオ・テスカトル ティガレックス希少種
ババコンガ系 ゲネル・セルタス系

特に爆破やられからの即死を回避するために用いる。
ブラキとテオ、希ティガでは超重要スキル。
スラアクは立ち回り上、粉塵との接触が不可避なので使わない手は無い。
裂傷や耐震と合わせて、5スロスキルとして使いまわしが効く。


・その他5スロ耐性スキル

泥&雪無効 → ウカムルパス 
裂傷無効  → セルレギオス
対粘    → ゴグマジオス
暑さ無効  → ダラ・アマデュラ、溶岩島での討伐

何れも即死コンボ回避に必要となる。
本気でこれらの相手を討伐するなら用意すべし。



・・・動作系

・砥石使用高速化

研ぎ回数を4回→1回に減らす。

モーション時間が1/3程度になる。
特に5スロ耐性スキルが必要ない場合に、差し替えで用いる。
ちょっとした隙に切れ味が回復できるようになり、
攻撃効率と安全性が向上する。

何より、このスキルを発動させているカスタムは、
相手に合わせて上記耐性スキルも発動できる点がポイントとなる。


・心眼
攻撃が弾かれなくなる(極限化を除く)

ほぼアルトロイヤル、クーネムルカム専用スキル。
上記二つは斧モードの攻撃が重要で切れ味に劣るため、
全うに運用するならば必要となってくる。
弾かれ無効の剣モードがあるスラアクには原則として不用である。




・・・まとめ

クリア以外に目的がある場合を除き、
基本は上記でスキルを構築する事になるでしょう。
属性耐性や、回復速度、回復量と言った、
お守り第二スキルで発動する物たちは第三候補になります。
他に発動できるスキルが無いなら使う程度でしょう。

自分と相手(と、味方)に合わせたスキル構成で、
快適なスラアクライフを楽しみましょう(^q^)

Commented by 中堅スラアク野郎 at 2014-11-23 20:59 x
はじめまして。定期的にブログにお邪魔させて頂いております。

いつも濃度の高い考察記事でとても参考になります。対応モンスター毎のスキル考察には驚きました。
使っていて楽しい武器ですが、細かな知識が必要になる側面もあり色んなスラアク使いさんに見て欲しい記事でした。

更新また楽しみにしてます!
あ、イビルは回避1で耐震の代わりが割とやりやすいです。リロードもタイミングが測りやすいのがポイントです。
Commented by vibnil at 2014-11-23 21:13
ども~です。
140ジョーさん、一応は性能なしでも震動も咆哮もやれなかないのですが、
簡単なミスとかゲージフルでのラッシュを考えたら、
一般には耐震推奨と書くべきでしょうね~

そもそも、それできるならこの記事いらないでしょうし\(^o^)/

僕はゆとってプレイしたいので、ジョーの時は
性能1高級耳栓耐震ですねw
Commented by 中堅スラアク野郎 at 2014-11-23 21:32 x
たしかに耐震ないと蹴られたりする報告もありますし推奨すべきかもしれません。
私も思わぬ時にミスるし!orz

蛇足を失礼しました。

精密な考察尊敬しております。また影ながら応援しています!
by vibnil | 2014-11-23 13:28 | モンハン4G | Comments(3)