DLC第一弾の白霊プレイにおけるボス戦@ダークソウルⅡ

深い底の王の冠の白霊プレイにおけるボス戦@ダークソウル2

配信からそろそろ一週間が経ち、落ち着いてきた感のあるDLC第一弾。
ボス戦の成功率がそこまで高くないので、少し書いてみます。
とにかく白霊をやる/呼ぶなら死なない事を徹底したいですね。
特にDLCのボスは固く、あと一撃を欲張って反撃されると、
全くリスクリターンが見合いません。
慎重が一番です!






・冒された盗掘者 古い戦士ウォーグ 古い探索者セラ

攻撃手段:物理、出血(盗掘者)
ガード不能:盾崩し攻撃
赤眼の指輪:無効ないし効果薄

備考
-ターゲットされていないPCを優先的に狙う傾向
-(白霊2体の場合、1on1が3組できるようになる)
-探索者は接敵して無い場合、大弓で援護に回る
-高強靭、怯みや攻撃動作をロリキャンする

チャレンジルートのボス。
基本的に強い赤霊3体と同時に戦う事になると考えて良い。
ビジュアルは使いまわしで、新ボスと戦いたいなら金払えと言った所である。
(著者的には安すぎる買い物であるが)

しかしながら強さ自体は既存の赤霊とは一線を画す。
探索者を除き固く、インチキ強靭とローリング抜けでハメを許さない。
3人の場合、一対一になりやすいため、地道に戦っていくしかない。
大槌系のR2で嵌めるでも無い限り、盗掘者と探索者は当て逃げを、
古い戦士はスタブ狙いが無難だろうか。
できるのならバックスタブは積極的に行いたい。
魔法使いの場合、盗掘者と戦士は逃げる→撃ち逃げで削っていける。

トーマスを倒せる腕前があれば、問題なく倒せるはず。
一人の場合はとにかく当て逃げ推奨。



・穢れのエレナ

攻撃手段:物理 闇
ガード不能:闇の嵐(生命の残滓っぽい部分)?
赤眼の指輪:無効ないし効果薄(召喚MOBには有効)

備考
-召喚を行ってくる。出てくる敵はヴェルスタッド>骨>ブタ
-闇の槌および追う者たちは目標に向いてなくても放たれる
-瞬間移動からの攻撃も向いている方向関係なく行う

行動
-斧槍による攻撃(単発、2連撃、強攻撃)
-闇の弾3連射
-闇の飛沫
-追う者たち3発(全方位対応)
-闇の嵐
-闇の槌(単発、2発同時)
-召喚
-瞬間移動(直後に上記の内のいずれか)


正規ルートのボス1体目。
非常に属性防御が高く、魔法によるダメージが通り難い。
物理はそれなりだが、各種攻撃に晒される。
戦士・魔法使いどちらでも戦える。

戦士系は爆発と斧槍攻撃に注意しつつ、地道に削っていく。
特にこちらを向いていない時はチャンス。
スタミナさえ残っていれば瞬間移動への対応は容易であろう。
筋力系は隙があれば積極的に殴るとよく、
技量系は敵の攻撃中に殴れるとカウンター倍率を有効に扱える。

魔法使いはひたすら魔法を当てていく。
瞬間火力で物理に負けるが、安定して当てて行くことが出来る。
召喚された敵を範囲攻撃で即倒せると良い。
太陽光の癒しができる高信仰キャラの場合、味方のフォローを重視したい。

赤眼盾役は対ヴェルスタッドで役立つ。
また、追う者や闇の玉は弾速がとても遅く、狙われた味方に割り込んで受け持つ事が可能。
基本は戦士として動き、召喚や闇魔法展開に合わせてフォローに回ると良い。

このボスに限った話ではないが、最低限のスタミナは常に温存しておく事。
白霊には絶対死なない事が求められる。

即死コンボは召喚絡みが最も多く、連続HITして10割が多々ある。
ヴェルスタッドの影に隠れた状態から瞬間移動され対応できなかった等。
出来る限り敵を全員捕らえて戦うべし。
闇の弾3連→追う者3連は脅威。

回復は慎重に行いたい。こちらを向いていなくても追う者、闇槌を撃ってくる為、
安心してエストを飲もうとしたプレイヤーが乙るケースが非常に多い。
ターゲット管理を徹底すれば問題なく攻略できるであろう。




・眠り竜シン

攻撃手段:物理 炎 猛毒
ガード不能:かち上げ 叩きつけ2連撃(2段目の振り下ろし部分) 
      空中ブレス(火球) 急降下攻撃(体当たり)  
赤眼の指輪:無効ないし効果薄

備考
-ブレス及び着弾点周囲に猛毒蓄積あり
-放射型ブレスはガードできるが、炎属性の貫通ダメージあり(200程)
-尻尾を切断可能(耐久値はHPの3割程度?)

行動
-かち上げ
-叩きつけ(縦単発、横単発、横→縦2連撃)
-回転尻尾攻撃(1~3回)
-放射ブレス(正面長射程、前方なぎ払い、近距離前方180度、左右回り込み)
-離陸
-空中火球ブレス
-急降下攻撃(火球ブレスからの連帯)
-急降下放射ブレス
-着地

   
ステージのラスボス。
黒竜カラミットを思い起こす、非常にアクティブなドラゴンである。
エレナ以上に固く長期戦になる。

大きさに似合わず攻撃間隔が非常に短く、範囲も凄まじい。
一発受けて回復中にやられる場合が最も多い。
即死コンボはほぼこの二つ。
-火球ブレスでダウン → 起き上がりに合わせて急降下攻撃
-尻尾振り回し3連撃
攻撃力が絶妙で、生命力があれば1撃は耐えれるが、2撃目を耐える敷居が非常に高い。
惜別があれば良い保険になる。

各種攻撃の一点に対する持続時間は短いため、敏捷を高めてローリングをすれば、
攻撃は大分避けやすくなる。

戦士系は最もダメージが通りやすく、また尻尾を切りやすい利点がある。
ターゲットされてない場合は積極的に尻尾を狙いたい。

魔法使い系は飛行中も攻撃できるが、属性防御に阻まれやすい。
特に炎耐性が高すぎるため、基本は魔法・雷・闇で攻めるべき。
魔法ならひたすらソウルの結晶槍1択。
尻尾きりにソウルの大剣もあり。
奇跡なら雷の槍系列、光の癒しも視野に。
闇なら飛沫・大共鳴・追う者が良い。ただし対空が苦手。

赤眼が通用せず、ガード不能攻撃も多く壁役は成り立たない。
素直に物理攻撃に回ろう。

できるかぎり被弾せず、回復を慎重に行えば十分攻略できるであろう。



よりスタイリッシュに攻略して、良いマルチプレイを目指しましょう!
by vibnil | 2014-07-28 17:59 | ダークソウルⅡ | Comments(0)