前衛キャラ用の魔法考察 筋魔向け@ダークソウル2

エンチャント系魔法考察 筋魔向け@ダークソウルⅡ
レギュレーション1.07対応


エンチャント系魔法の効果時間が変動するようになった点を応用した、
前衛系キャラ向けエンチャントの簡単な考察になります。
今回は理力よりの場合を考えます。


・・効果時間の延長について

-杖で使う魔法は理力に依存して時間が増減する
-聖鈴で使う魔法は信仰に依存して時間が増減する

魔法と表現しているのは、闇術を含めているためである。
闇術はメインとなる方のステータスで接続時間が変動する。
攻撃系統は低い方を参照する点と異なる点に注意されたし。




・・理力依存

・魔法の武器   理力20 → 180秒
・強い魔法の武器 理力50 → 160秒 (理力40 → 110秒)
・結晶魔法の武器 理力50 → 105秒

武器の魔法攻撃力を強化する。
魔法の武器は松脂の上位版と言った性能。
理力20と低ステータスで増加し続けられるため、長丁場向けと言えるだろう。
序盤の攻略に是非勧めたい。

結晶魔法武器は対人向け、強い魔法の武器はその中間と言ったところ。



・強い魔法の盾
必要ステータス:理16
最大効果時間:理力30 → 60秒
効果:
エンチャントされた盾の性能を強化する。
カット率+30(推定値 物魔炎雷闇毒血呪の全属性で増加する)
受け値+10


一時的に盾が鉄壁のカット率になる。
受け値さえ考えなければ、小盾でも全属性100%カットが可能。
魔法使いの保険としても有用だが、最大の見せ場はハベル盾との組み合わせである。
なんと、全属性100%カット&受け値98を実現する。
(要 筋力45 理力30 相応の体力)

スタミナ消費は通常のハベル盾の1/6になり、ガード可能な攻撃ではびくともしない。
エンチャ後の溶鉄デーモンだろうが、ヴェルスタッドだろうが無問題。
赤眼の指輪と併せて、最高の盾役となれる。

RPGにおける壁キャラとしては、最高の性能が得られるので、
協力プレイで盾として生きたいなら是非使ってもらいたい。
竜印指輪+1で接続時間75秒。

"PCあるいはPC型のNPC"が使う盾崩し攻撃は盾を強制的に崩す効果がある。
魔法ハベル盾でも問答無用で崩される。
一方、ボスや通常モンスターが使う盾崩し攻撃は、スタミナ消費が極端に高い(1000程度の?)攻撃であるため、
98%カットできる魔法ハベル盾ならば、問題なく受ける事が可能である。


・激しい鈍麻
必要ステータス:理42 信30
最大効果時間:理力60 → 90秒
効果:視界が狭まり、被ダメージが35パーセント減少する。

見える範囲は1/3程度まで縮まる。
共鳴する体と併用すると、被ダメージが割合で46%減少する。
擬似的に1.85倍までHPが上がると言い換えれる。
問題は、理力60もあれば後衛で戦える点。

理60信30ともなると"追う者たち"を使っていきたいステータスとも言える。
高耐久としては、魔法のハベル盾がより実戦的なのも辛い所。

参考
理42 → 57秒
理48 → 68秒



・・信仰依存

・共鳴する体
必要ステータス:理11 信19
最大効果時間:信仰30 → 180秒
効果:
最大HPを1.2倍にする。
発動時、増加した分の体力は回復しない。

生命力の高いキャラで有効な闇術。
受けるダメージを割合で17%減少させるとも言い換えられる。
竜印指輪+1で3分45秒持続する。

手軽で対人攻略問わず、闇術キャラや無明キャラで使いたい。


・魔法防護
・大魔法防護

最大効果時間:信28 → 90秒

効果:属性防御を+150(+250)する

どちらも対人向けな奇跡である
攻略では、強力な単一魔術属性攻撃を使ってくる相手が少なく、
単発で撃ってくる相手には盾を用意したほうが良い。
これがないと耐えれない相手(大体古の竜)では、ゴダの指輪が遥かに安定する。
必要信仰未満だと接続時間が減るようになっただけで、元より伸びることは無い。


・固い誓い
最大効果時間:信25 → 60秒
効果:周囲の自分及び味方の物理攻撃力を+50、物理防御を7%程上げる。

無明キャラと相性が良い奇跡である。
信仰が25未満だと接続時間が減るようになっただけで、元より伸びることは無い。
壁役よりも、攻撃役向けである。


・・時間変化のない魔法

・生命沸き     2分固定
・あふれ出る生命  1分固定

それぞれ時間内に960のHPを回復する。
回復奇跡弱体化パッチにより、詠唱時間が長くなった点が痛い。
PTで使うにはテンポロスが激しく、使用は難しいだろう。


・歪曲した防壁   1.5秒固定
・反動       1.5秒固定

一時的に無敵になるが、効果時間は竜印含めて変化しない。
詠唱速度次第の性能となる。
どんなにがんばっても後隙>効果時間なので、常時無敵は不可能。
仰け反りは存在するため、連続攻撃を防ぎきれない。
スロット使用数も重たく、存在価値が問われている。


・・まとめ

基本的に、PTで赤眼を使った盾役に徹するならば、
強い魔法のハベル盾が安牌でしょう。
鈍麻や共鳴体は保険の側面が強いです。

純粋な壁性能という意味では、筋力―理力キャラが最も優れているでしょう。
攻撃魔法ばかりで、エンチャントを使ったことが無い方は、一度使ってみると、
意外な発見ができるかも!?
by vibnil | 2014-06-19 21:05 | ダークソウルⅡ | Comments(0)