Cod BO2 SG使い心地 性能比較まとめ&考察

ブラックオプス2でのショットガン使い心地一覧

私的なSGの使い心地を書き下してみる。ちなみに著者はキルコン民です。

 4種とも射程内で直撃するとワンショットキルという点で共通している。
発砲からキルに要する時間は0秒。0F。どんなにレートが高かろうが他の武器では撃てて一発。
SMGだろうがARだろうが、SGの射程内で遭遇戦をやってしまうと負けが確定する。
この確殺力こそがSGの存在価値である。無理やり相手の陣をこじ開けるのが得意。
動き回る場所の関係上、タグ回収能力が高くキルコンでは高得点を狙いやすい。


ここで前もって書いておきたい事がある。
SGとしての性能はR870 MCS(レミントン)一強である。
理由はSGの存在意義が出会い頭のワンショットキルであり、
散弾で最大威力射程を誇るこの武器が、その点で突出している事である。

連射可能なSGは代償に確殺性が低い。連射で補えるが2射、3射するならそれこそSMGへの優位性が薄れる。
撃ち分けやワンショットキル失敗時のリスクが小さく、より短い距離のみ戦う場合で生きる。

KSGは理論上でレミントンを超える。しかし単発式であるが故、不安定でエイム時間分のロスが付きまとう。
レミントンの即死射程(7~11m)を外した相手を強引にねじ伏せる事が可能。


*SGはロングバレルで射程距離1.16倍、サプレッサーで射程距離0.9倍される。
大体射程が1m伸びるか縮むという解釈でOK。




・・各SG特徴

基本移動速度100%
エイム時移動速度80% ストック有88%
ADS移行時間0.25秒(15F)  *M1216のみ0.2秒(12F)
HS倍率 1.5倍(KSG) 1.0倍(散弾3種)
貫通力中 : KSG
貫通なし : 散弾3種

移動速度、エイム時移動速度はSMG相当。
可変ストックでの移動速度、構え速度はAR相当。



・R870 MCS
ポンプアクション 威力(50→10)×8 最大射程16.2m 弾数8/24 レート80(45F間隔)
威力推移推定 50→34→25→18→10?
こちらも参照。レミントンの確殺力検証
素 → 威力50 : 0~1m  威力30 : 1~11m  威力10 : 11.1~16.2m
ロングバレル → 威力50:0~1.2m  威力30 : 1.3~12.8m  威力10 : 12.9~18.8m
サプレッサー → 威力50 : 0~0.9m  威力30 : 1~9.9m  威力10 : 10.0~14.6m

通称:レミントン
完全に捕らえて撃った場合 "腰だめ7m以内 エイム10m以内で確殺"
レーザー&ロングバレルの場合"腰だめ9m以内 エイム11m以内で確殺"
射程内で撃てば相手が死ぬ、ただ強武器。SGと言ったらまずこれで。
レミントンに「弾を当てつつも割り込まれて撃ち殺された」こんな経験は誰にもあるはず。
1発あたりの確殺力は他を圧倒する。真正面から相手をするのは賢い選択ではない。
使用する場合、真正面から火力を押し付けるように動くと良い。



・S12
セミオート 威力(30→20?→6)×8 最大射程14.9m 弾数10/30 レート400(9F間隔)
威力30 : 0~3.5m ワンショットキル限界距離7.5m

旧名称はサイガ
ポンプアクションと比べて一発一発の威力射程では劣るが、
レミントンが2発目を撃つ間に6発撃てる連射力が売り。
万が一ワンショットキルし損ねても復帰が容易で、二人以上との連戦に対応しやすい。
スナイパーがオーバーキルを使って接近戦で用いるなら、
取り回しの良いこちらが優れる場合が多い。

腰だめが安定するのは3m以内。エイム射撃が安定するのは7m以内。



・KSG
威力200→74(HS倍率1.5) 1発射程13.7m 最大射程31.4m 弾数14/42 レート75(48F間隔)
ポンプアクション

理論上最強のショットガン。スラッグ弾(単発弾)を用いる。
適当に捕らえていれば当たる散弾と違い、エイムありきの動きを求められるため
そもそも散弾3種とは挙動が同じだけで、別系統の武器と考えて良い。

ワンショット射程は腰だめレミントンの倍である。ロングバレル時16mまで一撃
散弾での即死を回避できる距離でも悠々と一撃できる点が売り。
より長いラインを意識して動き回ると脅威となれる。
SGの可変ストックは効果が少ないが、エイム前提のKSGでは比重が大きい。



・M1216
4発限定フルオート×4
 威力(25→20?→16→6)×8 最大射程14.9m 弾数16/48 レート450(8F間隔)
1セット毎に0.57秒(34.2F)のコッキング動作有り。リロードで初期化できる。
威力30 : 0~3.5m  ワンショットキル限界距離8.0m

最大の瞬間レートを誇る。ただし単発火力は最低。
連射系は相手を捕らえきる前から射撃が可能で、単射系と比べて射撃開始のタイミングが速い。
速いタイミングでキルが狙える他、サイガと違い4射目までフルオートで飛ぶため撃ち漏らしが少ない。
4~7mでの威力でサイガに劣るが、ワンショット限界距離自体はこちらが勝る。
構え速度がこの武器のみSMG相当なのも長所。
クイックドローを合わせると脅威の0.1秒(6F)エイム。

最速で接近して最速でキルしたい場合に向く。
初期クラスの特技兵はこの特徴を生かした構成になっているため、ガチでも通用する強さを持つ。
腰だめが安定するのは3m以内。エイム射撃が安定するのは7.5m以内。


・・まとめ
 
総合性能   → レミントン

近距離防御用 → サイガ

中距離を意識 → KSG

近距離戦特化 → M1216

大体こんな感じ。レミントン以外の三種は特性を理解した上で使用すべし。



・・オススメアタッチメント

・ロングバレル
射程が約1m伸びる。確殺距離も約1m伸びる。
ショットガン使用時、どれだけの距離を安全に動き回れるかに直結するため必須。
アタッチメントを一個しか付けれず、レーザーサイトと選択する場合はこちら1択。
最大威力射程内ではレーザーがなくても必殺が当然のため、射程そのものが伸びるこちらが有利。

・レーザーサイト
散弾3種が腰だめ射撃を用いるなら。
前述の通り、使うならロングバレルとの併用が基本である。

レミントンならサプレッサー、サイガはファストマグ、
KSGには可変ストック、M1216にはクイックドローが3つ目の選択肢だろうか。



・・オススメパーク

・デクスタリティ

メイン武器がショットガンの場合、遭遇戦が頻発するため必須。
デクスタなしの武器にほとんど負けなくなる。
迎撃手段としての運用なら不要。

・ライトウェイト
狙いはロングバレルに近しい。特に連射系をメインに使うなら必須。
室内を徘徊するなり迎撃として用いる場合は不要。



・・SG対策

"敵が来そうな方向を10m以上の距離を取って待ち構える"
10m取れば散弾3種に1撃される事はほとんどなくなる。
ショットガン使いが来れるルートは限られてくるため、意識すべき方向も少ない。
キルログやデスのサインを見れば、どこからショットガンがやって来るかは自然と判るはずだ。

クレイモアやショックチャージで侵入ルートを生めておくのも有効。
Fジャケットやエンジニアが多くキルは期待できないが、通ったかどうかは判別できる。

SGが角で待っている場合、そもそも行かない事。
どうしても通りたい場合は投げ物を使うか、貫通キルでの打ち合い拒否を。
角待ちを判って突っ込み、死んでSGはクソだと愚痴るのは無様でしかない。
頭の中がカラッポでなければ、どうやれば有利なれるかは考えれるはずだ。



・・総括

SGは負けない距離、勝てない距離が明確である。
射程に応じて動き回れる範囲が限られるため、侵攻ルートを絞って動きたい。
UAV下で相手の位置を把握している場合、あえて広場を突っ切る事で
本来来れない角度から攻める手も一考。

戦えない距離でも何かができるように、投げ物を仕込んでおくと何かと便利である。
特に相手が対SGを意識して接近を阻むような動きをしている場合、
搦め手無しでの突破は困難を極める。
中距離以遠での対応は、戦場で他の武器を拾っておくのも良い。

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア [字幕版]初回生産特典同梱
スクウェア・エニックス (2014-11-13)
売り上げランキング: 79

by vibnil | 2013-06-14 06:25 | Cod BO2 武器考察&データ | Comments(0)