人気ブログランキング |

2018/11/15:アプデの内容を更新
2019/1/9:DEMON 3XBを追加 今更感
2019/2/24:アップデート内容を追記
2019/3/27:アップデート内容を追記(スイッチブレードも追加

検証&実際にプレイしてみての、サブマシンガン(SMG)の簡単な考察になります。
レートや射程は実機でおおざっぱに測っただけの数値のため、確度はお察しください。
エアプも多々入っているため、お察しください。

・今作の傾向
今作ではショットガン(SG)がサブ枠に移行したため、SMGが唯一の移動速度が100%のメイン武器となる。
これまでより展開が早く、チーム間のカバーが重要となる今作において、一番槍として重要な役を担える。
アップデートで他メイン武器が総じて鈍化したため、格闘戦での強さが光って来る。

代わりに全SMGが基本6発キルスタートで、キルが遅い傾向にある。
バランス型のMX9ですらICRに近接の最速キルで負けるため、撃ち合いはできるだけ避けるようにしたい。
正面以外や、ダッシュ中の敵を攻めたり、格闘戦で相手にエイムを合わさせずに倒すことが要求される。
何れのSMGも適正距離を離れるとハナクソのような威力まで落ちるため、距離の把握を徹底するべし。

性質上、音響センサー対策のデッドサイレンスは必須。個別部分では言及しない。
またオーバーキルが軽い作品でもあるので、別のメイン武器との併用も十分ありである。

余談だが、今作のSMG/HG/SGは弾速が低速に設定されており、他のカテゴリと比べて着弾が遅い。
(それでも他のFPSシリーズに比べたら遥かに速いが)
遠距離はそもそも射線にすら入らないようにするのが吉である。


・SMGの距離と最速キル
最速キルは正面衝突時の優劣に関わってくる。
全武器まとめて計算した別の記事も参照されたし。
やっつけ測定からの計算のため、推定止まりなので注意。

b0168174_00041662.png
先述の通り、最速キルは大した事がない傾向にあるため、撃ち合いは避けたい。
SAUGおよびSPITFIREの近接や、MX9大口径などにチャンスがある程度。
GKSは露骨にキルが遅いため、奇襲に専念する事。


続き。各SMG解説。
# by vibnil | 2019-04-01 00:05 | CoD BO4 | Comments(12)

→2019/3/30のアップデート内容も追記
2019/3/27に来たアップデートの内容です。PC版の変更は入ってません。
確認半ばのため参考程度に。



・・SMG
・Coridite 強化
ダッシュ後復帰が高速化(他SMGとの差が減少?)
5発キル距離が2.5m→4mへ延長

・Deamon 3XB 強化
6発キル距離が8m→11.5mへ延長
アイアンサイトの不具合を修正

・MX9 強化
エイム時間が短縮
ダッシュ後復帰が高速化(他SMGとの差が減少?)

・Spitfire 強化
6発キル距離が7m→7.5mへ延長

・Saug 9mm 強化
ダッシュ後復帰が高速化(元の単独1位に戻った)
6発キル距離が僅かに延長

・Switchblade X9 強化
マガジン容量を26→30へ増加
初期所持の予備マガジン数を2→3へ増加

・・AR
・KN-57 強化
4発キル距離が16m→17mへ延長
5発キル距離が46m→57mへ延長

・Rampart 17 調整
最大威力が減少(46→40)
大口径補正が1.3倍→1.75倍に増加(最大70ダメージ)
エイム時間が微増加
→胸上に2発以上当てる分には強化だが、基本的に弱体化となる
→エイム鈍化と併せて無理な動きでの信頼性が下がった

・・TR
・ABR 223 強化
エイム時間が短縮
マガジン容量を30→36へ増加
4発キル距離が32m→38mへ延長

・・SR
・Paladin HB50 調整
マガジン容量を5→6へ増加
リロード時間を増加

・SDM 強化
射撃レートを増加

・・HG
・RK 7 Garrison 強化
ダメージを増加(4→5→6→7発キルに変更)

・MOZU 強化
3発キル距離が16m→17mへ延長
4発キル距離が25m→32mへ延長
5発キル距離が32m→38mへ延長

・Strife 強化
射撃レートを増加


・・考察
パラディンを除いて全てが強化、かつ対象がほとんど"動くタイプの武器"となっています。
これはDMRやMOG、ランパートと言った動く敵を迎撃できる武器が前回のアプデで大幅強化された事へのバランス取りと言えるでしょう。
単純な射程の延長では汎用武器を食いかねないため、挙動の強化が多い印象です。

ハンドガンの全体的な強化は、高速フルオートで他全てを圧倒していたKAPとのバランス取りでしょう。
特にRKは前回と併せて、威力射程1.5倍&確殺1減という大幅強化に。
至近限定なら動ける劣化ABRになるので汎用サブ枠としてワンチャンス?

個人的にはVKMやらタイタンやら人気武器のリロード時間を弱化、ハンドガンへの切り替えを強化すれば
メインガンファイター至上な環境を緩和できるかなーとも思います。
あと異種グリード&グラトニー併用はよ。


# by vibnil | 2019-03-30 21:55 | CoD BO4 | Comments(2)

2018/11/03 アップデート内容を反映
2018/11/18 アップデート内容を反映&使用感を修正
2019/01/27 SWAT RFTを追加
2019/2/24 アップデート内容を反映
2019/3/27 アップデート内容を反映
検証&実際にプレイしてみての、アサルトライフル(AR)の簡単な考察になります。
レートや射程は実機でおおざっぱに測っただけの数値のため、確度はお察しください。
エアプも多々入っているため、お察しください。

・今作の傾向
今作はサブマシンガン(SMG)の最速キルが至近を除いて控えめのため、
移動力と射程の両立はARの分野となっている。
性能の都合、TDM~オブジェクト系までどのルールでも通用する。

一方でTRやLMGに対して中距離以降で押され気味のため、無茶苦茶な正面衝突は避けたい。
テンポとチームプレイで補っていきたい所。

2018/10/30でのアップデートで、全ARのエイム時間、エイム中移動速度の微鈍化が入った。
体感0.05秒/5%程度で、近接戦や飛び出し射撃時にかなり響いてくる。
ストック(Ⅰ/Ⅱ)装着中も同様に鈍化し、SMGとHGとの挙動差が明確になった。
一方でLMGはさらに鈍化しているため、敵との速度差を意識してプレイしたい。

進軍を伴う移動繰り返す都合、デッドサイレンスによる音響センサー対策は重要度が高い。
どのARでも有力候補となるため、個別部分では言及しない。

最大の注意点として
現状のARは何れもFMJストックの両立が不可能となっている。
つまるところ高速移動しつつゴリラを最速キルする事ができない。
これを意識する場合は、何かを犠牲にMX9/コルダイト/ハデス/タイタンあたりで我慢するしかない。


・ARの距離と最速キル
最速キルは正面衝突時の優劣に関わってくる。
全武器まとめて計算した別の記事も参照されたし。
やっつけ測定からの計算のため、推定止まりなので注意
b0168174_00263338.png
MADDOX RFBのエコーファイアは2発の弾を1発にまとめて撃っていると勘定して計算している
数値上は強いが事故要素満載なので、これを見て最強だ!等とは思ってはいけない。
カテゴリ内のみで比較した場合、13m以内はKN-57がトップ、21m以内はMADDOX RFB
30m以内はVAPR-XKG、33m以内RAMPART 17、それ以降はICR-7やロンバレRAMPARTの天下といった具合


続き 各AR性能考察
# by vibnil | 2019-03-27 19:50 | CoD BO4 | Comments(4)

当サイトで本格的な攻略情報を扱う予定はありませんが、気になる新作情報をお知らせします。
フロムの新作? これ終わってからで。。。

"チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!"
b0168174_18442475.jpg
PS4とニンテンドウスイッチから発売となる、シリーズ最新作です。
ブログ主としてはチョコボの不思議なダンジョン2以来になります。
 通信対戦等が絡まないためか、ソフト価格が4000~5000円前後と良心的なのは〇
 暇な時に黙々とゲームしたい方にどーぞ。

ストーリーに関するネタバレ防止のため、当ブログではそこらへんはほぼ触れません。
最序盤はフロムやFPS脳的には眠たくなるチュートリアルが待ってますが、そこは我慢です。
基本的なルールはチョコダン2と変わりません。
通常攻撃・アビリティ・アイテムを駆使して、攻略していきます。
ノーマルモードとハードモードが選択可能で、経験者はハードモードをどうぞ。
本当に最初はヌルゲーかと思ったのですが、少し進めば中々の歯ごたえを実感できるようになります。


・今作の特徴
1.様々なキャラクターを友軍として起用できる
所謂バディシステム。オフラインなら2P操作が可能です。
最初はシロマやシド、モーグリ以外が後ろにいるのは違和感ありますが、すぐ慣れます。

1ターンは"プレイヤー行動 → バディ行動 → 敵行動"の順で処理されます。

キャラによってステータス、アビリティ、特性が異なります。
 例:ゴブリン系はHPが高い バット系は罠を踏まないetc...

ステータスは共通の固定値があるため、序盤はどんぐりの背比べな感じがします。
バディはチョコボとレベルを共有し、装備の攻撃/防御力も割合で反映されます。レベル上げが大事。
上記の存在から、ストーリー内は最後まで好みで使っても良いでしょう。

アビリティが最大の差別化要素に思えます。CPUのアビリティは「L1+オプションで発動します」
一本道だと飛び道具持ちのバディが優秀です(チョコボの背後から飛ばせるので)
ノックバックや異常付与は難敵対策に良さそう。


2.記憶のダンジョン
所謂制限付きのダンジョンです。
レベル上限、アイテム持ち込み禁止、バディ随伴禁止といった制限が一部ないし全てにかかります。
ロールプレイというよりパズルゲーム的な存在で、
ハードモードの初見は手に汗握る戦いになること間違いなし!!

攻略の記録にレベル及びジョブレベルも反映されるので、
縛りプレイしたい人にもおすすめ。


3.その他の気を付けたい仕様


・"L"字通路において、斜めへの攻撃が届かない。ただしスキルは届く。
 →敵を如何に2対1で受けるかが焦点に。

・SPはターン経過で回復していく
 →モリモリ回復するので、散発的な戦闘ではアビリティをどんどん使っていきたい
 →記憶ダンジョンやボス戦では切り処が重要になるので注意

・チョコダン2にあったアイテム"カード類"は存在しない
・マップを掘るギミックは無い
・ストーリーの進行等は今時のファミリー向けゲームな感じ


最後に、購入を検討されてる方へ。
対戦系ゲームじゃないので、攻略サイトは極力見ないで進行させることを推奨します!!

# by vibnil | 2019-03-23 18:46 | その他 | Comments(0)

ブラックアウトにおける、武器の個別簡単解説になります。
実機での検証が難しいモードであるため、あくまで性能に応じた傾向を記述するのにとどまります。
(まぁ交戦距離も戦場もマチマチなモードなので、、、)


・アサルトライフル(AR)
バランス型のフルオート武器。
遠距離まで当てれる武器としては最軽量カテゴリで、どんな役目でも潰しが効く。
殆どのアタッチメントを装備可能で、遠近どちらも補強が可能。
単騎では敵の得意距離を外すように戦いたい。
PTでは穴埋めにもってこいの武器となる。
1枠で汎用的に戦える都合、特化武器の"輸送役"としても適正が高い。


ICR-7
一般ARで最も精度の高いを持つ。
秒間ダメージは低いので殴り合い自体は苦手だが、
精度を生かした中遠距離での実質火力はARでも屈指。

動ける武器としては最もロングレンジな武器となる。
近接戦は高レートSGやSMGで補うと良い。


RAPART 17
高威力低レート型のAR。
ICRに次ぐ精度と、それをやや上回るDPSを持つ。
中距離火力と精度を両立したい場合の選択肢として有力。

使用する弾丸が7.62弾のため、味方のミドル武器と弾種で競合しづらい点が魅力となる。
無補給で連戦すると弾丸の消費は深刻な問題となるため、これはかなりデカイ。


KN-57
カテゴリ内で唯一、拡張ファストマグを搭載可能な持久力重視型。
マルチプレイヤーだと近接迎撃役としても優れていたが、
ブラックアウトではVAPRやMADDOXに譲っている。

その他の性能はバランスタイプで、SWATと比べて僅かに劣る程度となる。
こちらも7.62弾を使うため、味方との食い合わせの面で優れる。


SWAT RFT
秒間ダメージ効率に優れる火力重視型。
総合的な殴り合い性能で優れる。

代わりに弾持ちが不安で、連戦にやや不安が残る。
汎用高火力枠として、ABRというデカイ競合の存在が悩みどころ。
ICRとは反対に、汎用SMGとの組み合わせが良さそうではある。


VAPR-XKG
バランスに優れるARの、さらにバランス型な一品。
レートと威力射程のバランスで優れ、とにかく腐りにくい。
全てにおいて可もなく不可もない、とにかく穴埋めのためにあるような存在。
ランチャーやナイフと言った、一発モノの運搬役としてはもってこいか。


MADDOX RFB
カテゴリ内最高レートで、格闘戦をそれなりにこなせるAR。
ARでありつつもSMG的な"弾幕"を展開できる。

歩行速度が中速かつ、カテゴリ内最短射程なので、全力で動く戦いにはやや不向きか。
重量武器の補完として、近接対応と汎用火力の両方を望む場合にはとても有用である。
セーフゾーン内周で迎撃するような戦いに使いたい。


GRAV
クラシック武器、アタッチメント装備不可
可能な限り精度と射程を伸ばしたクラシックAR。
アイアンサイト固定のため、遠距離はむしろ不得手だが、
中距離の信頼性に限ればAR中で最高ではある。

曲者揃いのクラシック武器において、唯一汎用的であり、序中盤のつなぎとしてはかなり優秀。
物資が充実した段階で他のARと切り替えれるとグッドである。



・タクティカルライフル(TR)
火力と汎用性を両立した、バースト・セミオート武器群。
長距離戦が不可避なバトロワ環境ではマルチプレイヤー以上に強力な存在となっている。
スナイパーを除いて中遠で最強の存在かつ、汎用性も持ち合わせている。
サプレッサーも装備可能と穴が少ない。
レーザーサイトやリフレックスが装備不可能で、流石に至近距離は苦手。
その苦手距離を埋めるSPITFIREとの組み合わせは最早テンプレである。


AUGER DMR
素威力:62、対ミディアム/ヘビーアーマー威力:41
常用できる武器としては、最も狙撃性能に優れているロングレンジ対応品。
片足をスナイパーの域に突っ込んでいる。
遠距離に対応したいが、スナイパーは重たすぎるという場合はこれを使いたい。
ライトアーマーまでを3発キルで落とし、体力150ヘビー持ちを4発、
体力200ヘビー持ちを5発で仕留めれる。

地味に拡張ファストマグを搭載可能で、粘り強くなれる。
ABRやカジキ程の近接対応はできないため、汎用SMGやMADDOXで穴埋めしたい所。
ダブルタップ付きは超遠距離こそやや落ちるが、瞬間火力が補強されるため心強い。


ABR 223
非常強力な3点バースト武器。
バトロワでキルタイムが落ちる主原因となる発砲毎のエイム点強制ズレがほぼ存在せず、
最速連射の精度がトップクラスとなっている。
中遠距離の信頼性は随一で、即死や対物火力さえ考えなければ最強格であると言って良い。
ぶっちゃけマルチプレイヤーと比べてカジキと有効射程が逆転している。

TR特有の高速弾に息止めで遠距離を補強可能、
5.56弾武器では最も単発火力が高いので持久戦にも強い等、弾幕以外でも強い。

サイトがスコープ固定のため、近接の取り回しこそ悪いが、
高レートSMGでカバーすれば問題ない。
ブログ主は体力200のヘビーアーマーABR/スピファの組み合わせをテンプレゴリラと呼称している。


SWORDFISH
瞬間火力重視のTR。通称カジキ。
マルチでカジキを強武器たらしめている要素がバトロワに無いため、曲者となっている。
バースト射撃が"確定で"縦にする都合、遠距離だと初弾以外が当たらず不得手で、
1バーストで倒しきれない都合、近接も辛く悩ましい。
もう一つの武器を何にしても"遠近どちらかが穴になる"

バースト毎の収束自体はABRを上回り、中距離の確殺力は高い。
軽量武器の補完としては微妙なので、中距離専門の動きをしたい所。
ペンタバースト付きは中距離火力に磨きがかかるが、遠距離火力がより落ちる。


ESSEX MODEL 07
クラシック武器、アタッチメント装備不可
素威力50、HS倍率1.5、弾速がSR並、他TRより取り回しが軽い

強烈なヘッドショットボーナスを持つクラシックTR。通称エセックス。
体力150のミディアム以下を2連HSでキルが可能。汎用性を放り投げたロマン武器となっている。

「手ブレが皆無」に加えて「SRと並ぶ弾速」を持ち、精度は全武器中でも最高を誇るが、
アイアンサイト固定がこれを台無しにする。
さらに低レートかつ5発弾のため、体力200のアーマー持ちが相手だとHS無しでは1マガジンキルが不可能となっている。
正直言って単体で使う分には弱武器と言って差し支えない。

本気で使うなら汎用SMG等と併用し、SMGで削った敵への詰めに使う等が考えられる。
切り替えやエイム速度、頭出しへの火力でDMR等とは差別化できるっちゃできる。
縦に逃げる相手に対して絶大な命中精度があるため、けん制・トドメ用と割り切ろう。


・武器毎に使用する弾丸
5.56mm
ICR-7、SWAT-RFT、AK-57、VAPR-XKG、MADDOX RFB、GRAV
HADES
ABR 223、SWORDFISH

7.62mm
AK-57、Rampart 17
TITAN、ZWEIHANDER
AUGER DMR、ESSEX MODEL 07

9mm
MX9、Cordite、9mm SAUG
RK7 Garrison

45ACP
GKS、DEMON 3XB、SPITFIRE
STRIFE、MOZU

.50cal
VKM 750
PALADIN GB50、KOSHKA

.338cal
OUTLAW、SDM

12GA
MOG12、SG12、RAMPAGE


オマケ
# by vibnil | 2019-03-21 20:56 | CoD BO4 ブラックアウト | Comments(0)