カテゴリ:モンハンXX( 21 )

隻眼シリーズ解説@MHXX

超特殊クエストで重宝した、隻眼一式の簡単な解説になります。

・隻眼一式とは

隻眼イャンガルルガの素材を用いて作る防具である。
MHXXにおいては、二つ名クエストレベル1から進めなければならず、
全身でチケット75枚も必要となるのがネックとなる。

ただし隻眼本体は二つ名の中ではとっても闘いやすく、
超特殊もそこらの獰猛化2頭クエストより優しいため、G1~G5のチケットが集めやすいのは救い。


・スペック

防御力:870
火+10 水-20 雷+10 氷-10 龍0
スロット:0
発動スキル
-真・隻眼(挑戦者+2 気絶無効 不屈)
-根性
-連撃

剣士用二つ名防具の中でも安定性を考慮した性能では屈指を誇る代物である。
防具スキルだけでも、ネセト一式だと理想のお守りでなんとか発動できるか否かのレベル。

何といってもここら辺がすごい。

-古龍防具に劣らず、爪護符のみで防御900に達する物理耐性
 →HP満タンだと根性を残したまま、大技を耐える
-雷・火耐性がプラス。グギやシルソル、ネセトと比べて一層硬く感じれる
-気絶無効・根性の並びによって驚異的な粘り強さを発揮
-火力特化装備に及ばぬとは言え、それでも挑戦者+2&連撃で並以上の火力が得られる
-万が一、乙しても不屈が発動して帰ってくる
 →即死圏がさらに狭まり、火力大幅アップ。しかも根性は再チャージされる。

グギやシルソルと比べて平時の火力では劣るものの、
何重もの護身から、クエストを失敗させない性能が凄まじく高い。
特にクエスト失敗が目立つ超特殊クエストでは大いに頼れる一品である。
(超特殊に水・氷属性の10割級火力がほぼないのも大きい)


・課題

切れ味、回避性能、動作関連のスキルが一切ない。
必須スキル類が一切ないため、スキル拘束の強い武器×スタイルでは基本動作が怪しくなる。
普通のお守りだとそれらを一つ付けれる程度。それにしても武器スロットを要求されがちになる。
実質的に、スキル自由度の高い武器専用の超耐久防具となる。

スラアクの場合、回避スキルが盛れない都合、もっぱらブシドー・ブレイヴで運用する事になる。


・拡張

切れ味+6~7、真・隻眼+3、スロット3のお守りがあれば、
複合装備とすることで、前述のスキルに加えて業物&様々なスキル1つを搭載できるようになる。
複合装備は胴部位がGXクシャ固定となるため、耐久がほぼ落ちないものでかい。

自由枠は5スロスキル、回避性能+1、炎熱適応、底力+2等様々。
発動スキル7~8つとかいうネセト一式では到底真似できない所業が可能。
万が一、手に入ったのなら使い倒すと良いだろう。

追加スキルが業物だけでも超特殊では大いに役立つ代物故、
どうしてもピヨって乙することが多いプレイヤーには是非とも勧めたい。

[PR]
by vibnil | 2017-07-13 18:23 | モンハンXX | Comments(0)

・・エリアルスラアク考察

・特徴
定点火力に優れるスラッシュアックスの攻撃を、
跳躍システムでセルフサポートするスタイルとなる。
特に剣モードは跳躍攻撃が2段構えとなっており、乗り蓄積に優れている
エア回避によって本来は詰むような対地攻撃を無力化できる利点も持つ。
野良のスラアクは6割型エリアルな程度に人気がある。

剣モードは基本攻撃が揃っているため、ダウン後の追撃は火力十分。
サポートと火力を両立する特殊なパワータイプとなる。

代償として横方向への機動力が壊滅的に悪く、
エア回避で賄いきれない距離への干渉が不得手
突進で動き回る相手だと、何もできない場合もある。
前転の出だしに無敵時間が存在しないため、(回避性能スキルが無い限り)
起き攻めされると絶対回避が無い場合詰む

狩技1枠はラッシュ力の維持・機動力の補填で秤にかける必要があり、
絶対に一方が犠牲となってしまう。
リソースの不足をどうやりくりしていくかが重要となる。
中級者あるいはかなりの上級者向けとなっている。

何だかんだ言っても飛びながらザクザクが楽しい。これに尽きる。



続き エリアルスタイル詳細
[PR]
by vibnil | 2017-07-12 20:26 | モンハンXX | Comments(0)

今回は二つ名Z部屋で相手にすることが何度もあった、青電主ライゼクスの超特殊個体に
"お守り無しで確実に"作れる剣士装備を紹介します。

ネセトやシルソル一式、グギ共が一撃で吹き飛んでクエスト失敗なんて日常茶飯事!
ただルーツや青電主一式を着込んだ"だけ"では雷耐性が足りず、結局ブレードで即死なんてことも多々。

そもそもPTプレイにおいて、いくら火力を盛ったところで動けなくては全く持って意味がない。
腕前があろうと、事故は必ず起こるもの。これ工業じゃ鉄則ですからね。
だったら必ずクリアするのが大事じゃね???

b0168174_18563979.png

・雷耐性50装備!

-用意する装備
武器:アトラル武器 (スロット〇〇〇)
防具:GXジンオウシリーズ一式 (スロット〇×5)
装飾品:制雷珠×8(一個だけは耐雷珠でも可)
*お守り部分は自由

-発動スキル
力の開放+1
体術+1
連撃
雷耐性【大】

-耐久力
物理耐久870 (810+60、爪護符でギリ901を達成
雷耐性40 (猫飯で最大50


・仕様
2017/7/10現在、雷耐性が20かつスロット数に優れて、素耐久800を割っていない、
唯一の防具であるGXジンオウ一式で固めた型です。
(ガード主体の武器はラギアX一式でも可)
(将来的にはGXルーツシリーズが解放され、潔癖が腐る点と災難に目をつぶれば上位種となります)

ルーツ(無印)・金雷公一式との違いはスロット数。
防具スロットのみで雷耐性【小】が発動し、スロ3武器で雷耐性【大】が発動します。
さらにお守りが一切自由な点を誇張したい。
お守りあって災難も気にならないならルーツ一式を使えばよいのです。

この装備はお守りフリーで雷耐性50を実現できることが売りです。
青電主ライゼクスはほとんどの攻撃に雷属性が付与されており、
しかも脅威となるブレード、雷撃弾、対地放電、磁力球はほとんどor完全な雷属性ダメージで、
雷耐性が生死を分ける事になります。

ダメージ計算式の都合、物理耐久は上げれば上がるほど1の重みが下がりますが、
属性耐性は上げれば上げるほど1の重みが上がります。ここ重要。

耐性0で100ダメージ受ける攻撃を、耐性25なら75ダメージ、耐性50なら50ダメージまで減らせます。
ちなみに青電主の怒り時ブレードは耐性0で200前後のダメージと予想され(プレイヤーの体力上限は150)
雷耐性+25までは確定で即死っぽいです。


・ここがすごいぞ雷耐性50装備

怒り時のライトニングブレード確定で耐える
ライトニングブレード+雷撃弾一発耐える
麻痺針からのブレードも当然耐える
対地放電をフルヒットしても耐える
体術スキルによって全方位に緊急回避が可能。磁力球絡みのコンボを安定して避けられる

HP9割を維持しておけばまず1コンボでの乙はなくなる耐久を誇ります。
ちなみに雷耐性40だとHP9割では多段ヒットが厳しく
雷耐性30だとブレードをHP満タンからギリギリ耐えれるか否かのラインとなる。

HPが僅かに削れている時、味方の回復目的で粉塵を押したが、ブレードを重ねられて乙・・・
という状況すらこの装備なら踏ん張ってくれます。
ちょっと削れてても即死は無いだけで、人は全然リラックスして戦えるようになります。
そうなれば凡ミスも減り、さらに安定した闘いが見込めます。

ルーツシリーズとの差別化要素として、体術スキルもデカい。
ブシドースタイルを選択して回避性能を補いつつ、絶対回避も積めば相当な事故死耐性が得られるでしょう。
後は適宜、荷電した頭・翼・尾を攻撃していればクリアは時間の問題です。


・お守り部分

所持しているなら業物を発動させるのが良いでしょう。
無いなら他の有用そうなスキルを発動すれば可。
またスロットが1余る場合、解放球1つで力の開放+2が発動します。
長丁場&累加ダメージが嵩みがちな超特殊クエストでは、本気スキルは割と優秀なスペックを出してくれます。


・課題

装備一式フル強化に天鱗を5つ要求される
まぁ、超特殊青電主の安定クリアを目指すなら、これくらいこなせよって話でしょう。
ルーツ一式にしたって連戦を避けれないのは同様。
金雷公のクエストも進めれば結構手に入ります。

青電主の安定クリアには雷耐性の追求をまじでオススメします。
皆が即死しないだけで、まず失敗なんて起こらなくなり、
絶望的な難易度のクエストは歯ごたえのある良クエストへと変わるでしょう。

システムへの理解はまじで大事どす。

[PR]
by vibnil | 2017-07-10 18:56 | モンハンXX | Comments(0)

超特殊全制覇@MHXX

b0168174_21351598.png
発売日から地道にやり続け、ついに二つ名超特殊個体を全種制覇しました。
当然全てスラアク使用。
剣鬼ストライカーばかりじゃツマラン!ってことで、
全スタイル使用&装備色々試行しての挑戦に。

攻略過程で"切れ味+6 真隻眼+3 スロ3"とかいう逸品を手に入れ、
隻眼複合装備を大分重宝しました。

二つ名クエストのクリア判定の仕様のクソさには辟易でしたが、
回数をこなすことで腕前の上達をどんどん感じる事には困りませんでした。
奴らと戦うのはとても面白かった。
ただ地底火山の南側はクソ。許されない。

2回ほどZ部屋と称して自分がクリアした瞬間に抜けるクズと出会いました。
やっぱ自分で部屋建てて仕切るのがオンラインでは健全ですね。



More
[PR]
by vibnil | 2017-07-08 21:35 | モンハンXX | Comments(0)

・・ギルドスラアク考察

・特徴
過去作の操作体系を順当に引き継いだ、最も基本的なスタイルである。
他武器種ギルドスタイルと共通して基本攻撃パターンを全て備える
スラアクの場合、定点・高所・暴れる部位への攻撃"全て"をこなせる事が売り。

爆発力や派手さは他5スタイルに劣る
特に剣だけ、斧だけの運用はストライカー/レンキンの壁が高い
代わりに敵に依存する動作や独自のゲージが存在せず、一定の働きが期待できる。
ギルドスラアクの合言葉は"当てれなければ意味がない"

SP状態で飲食・投擲・罠アイテムの使用が高速化される。
リカバリーが取りやすいので初心者向けであり、
全ての攻撃パターンを動員して手数を稼ぐため、熟練者向けでもある。

余談だがG級装備で上位個体を討伐するような速攻勝負では、
開幕から全力を発揮できるギルドスタイルがものすごく優秀だったりする。


続き ギルドスラアク詳細
[PR]
by vibnil | 2017-07-02 19:47 | モンハンXX | Comments(0)

個人的に注目なスラアクを挙げて簡単なスペックを算出していきます。
今回は氷スラアクの有力処、ガムート系列の2品。
他の氷剣斧の有力処3品も少し記述。
b0168174_21482802.png
・・餓斜ン牙機ンMAX(ガムート原種

攻撃力:340
切れ味:白30→青60→・・・ (業物or匠が必須)
匠+2:紫20→白60→青60→・・・
会心率:-20%
ビン:強撃(剣モードの物理威力が1.2倍 剣鬼形態Ⅲで1.44倍)
属性:氷32
スロット:1
その他:なし

斧火力:斬478+氷38 → 斬453+氷36(紫ゲージ→白ゲージ)
剣火力:斬573+氷38 → 斬544+氷36(紫ゲージ→白ゲージ)


・・餓斜ン牙王の大解放(銀嶺ガムート

攻撃力:370
切れ味:緑120→・・・ (業物&匠が絶対必須)
匠+2:白20→青30→・・・
会心率:+5%
ビン:強撃(剣モードの物理威力が1.2倍 剣鬼形態Ⅲで1.44倍)
属性:氷20
スロット:なし
その他:二つ名武器補正 防御+10

斧火力:斬523+氷22 → 斬476+氷22(白ゲージ→青ゲージ)
剣火力:斬628+氷22 → 斬571+氷22(白ゲージ→青ゲージ)

-比較用アトラル剣斧
斧火力:489 (紫ゲージ)
剣火力:587 (紫ゲージ)



・概要

スラアクの中でも特に激戦区である、氷&強撃剣斧にある二振り。
考察勢から言わせるなら、氷剣斧は強撃4種と強属性1種の5強である。
(巨獣原種銀嶺大雪主、鋼龍氷牙竜の5つ)

この二つは巨獣ガムートのそれに相応しく、氷剣斧の物理性能で1,2位を独占しており、
物理を強化する強撃ビンときっちり噛み合っているのが素晴らしい。
物理火力×強撃ビンは過去作から続く強いスラアクの条件であり、古典的な剣斧とも言える。

原種のガシャンMAXは、物理・属性・スロット数の全てを抑える汎用的な一品。
しかも氷剣斧5強の中で"最も解放が速い"という代え難いメリットがある。
ぶっちゃけスラアク好きで各装備も最適化したいと思わない限り、
氷剣斧はこの一振りあれば何でもできるくらいの逸品である。

銀嶺剣斧は匠業物両立時の剣モード物理火力が全スラアクでトップという火力特化品。
無属性スラアクすら押しのける、流石の二つ名武器と言ったところ。
これに低いながらも氷属性まで乗るので、ジンオウガやラージャンへの火力は凄まじい。
金雷公はG5までなら後脚を切り続ければ脳死で沈めれる程度。


・課題

ガシャンMAXは最も中間的な氷剣斧なので、課題という課題はほぼ無い。
物理重視なので、氷弱点でない相手が混ざろうと十分な火力が発揮できる。
最適化すると大概は他の5強がベストになるので、
繋ぎ、即興でくみ上げるためのパーツと考えればOK。


銀嶺剣斧は最大火力の代償が色々とある。

-業物&匠必須の縛りの強さ。グリードXRのお世話になる。
そして防具防御力は基本的に840~810程度に収まり、
爪護符&硬化薬Gでも防御合計900にたどり着けない。
→超特殊二つ名の必殺技で"確定10割"となる。

-氷弱点の強敵はジンオウガとライゼクス&その二つ名、ラージャン、爆熱状態の燼滅刃・・・
何れも強力な属性攻撃手段を持っており(特に雷)
まず確実に雷耐性が壊滅しているため、それら属性攻撃でも2撃で終了が多々発生する。
"高火力と引き換えに耐久を失っている"事は肝に命じよう。

-匠業物でようやく"白"ゲージなので、弾かれ耐性に劣る
白→青は紫→白に比べて火力の落ち込みが強い上、青ゲージだとさらに弾かれやすくなって連鎖する
その白ゲージもたったの長さ20しかないため、臨戦での維持は必須である。

-銀嶺剣斧の強さを生かそうとすると、
ほぼほぼグリードXRをベースにした剣鬼ストライカーに固定される。
前述の虚弱体質をローリング回避+臨戦で支える必要があり、
クエスト難度が上がるほどプレイヤーへの負担も上がる事は覚悟すべし。



・スタイル別適正

-ガシャンMAX
汎用品なのでとりあえずは何でもOK。
突き詰めるとレンキン以外で選択肢となるだろう。

-銀嶺剣斧
真価の発揮を考えると剣鬼ストライカーが最有力
剣運用するなら他スタイルでも十分すぎるほど強いが、
弾かれやスラッシュゲージの維持を考えると他の5強が勧められる。


・対抗馬

他の氷剣斧5強とはスキル・スタイルによって選択すべし。

-エジニハ=ダオラ(クシャルダオラ
素白60、匠紫30、氷32、スロット0
斧火力:斬443+氷36(白ゲージ)
剣火力:斬532+氷36(白ゲージ)

基本火力はガシャンMAXとほぼ同等でスロット数で負ける
こちらは素白の長さから、切れ味スキルを全て切れる
耐性スキル盛り盛りが可能な他、火力スキルをフル投入して銀嶺剣斧以上の火力が得られる。
氷剣斧における裏の最高火力である。


-黒兎雪斧アウリスパダ(大雪主ウルクスス
素白40、匠紫30、氷30、スロット0、二つ名武器
斧火力:斬440+氷33(白ゲージ)
剣火力:斬529+氷33(白ゲージ)

基本火力はMAX&ダオラとほぼ並ぶ(三つで一番下
白ゲージが中間程度の長さで、こちらは二つ名補正が売り
業物が欲しい程度で、様々な防具で運用できる
何より二つ名・古龍防具との併用で、銀嶺剣斧で不可能な耐久力との両立が可能


-ギガフロストアンバー(ベリオロス初期)
素紫20、氷40、強属性ビン、スロット2
斧火力:斬444+氷48(白ゲージ)
剣火力:斬444+氷60(白ゲージ)

氷剣斧の斧モード最高火力かつ唯一の素紫スロット2まで備える。
強属性ビンのため剣火力は当然劣るが、
テンペストアックスを主軸とするレンキンスタイルでは氷属性ならこれ一択である。


・最後に

氷剣斧は高水準かつ、しっかり役割分担できてて非常に判りやすくなってます。
氷弱点相手にスラアクの定点火力をぶちまけるなら、是非とも採用したい所ですな。


[PR]
by vibnil | 2017-06-26 21:48 | モンハンXX | Comments(2)

個人的に注目なスラアクを挙げて簡単なスペックを算出していきます。
今回は紅兜スラアクです。
読みは"こうゆうごうふ マウンテン"であってるのか判らぬ。


・・紅熊豪斧【摩雲天】
b0168174_12551160.png

攻撃力:350
切れ味:青120→・・・ (業物&匠が必須)
匠+2:紫10→白40→青120→・・・
会心率:10%
ビン:(剣モードのみ毒属性が付加。変形切り&解放フィニッシュに確定で毒蓄積アリ)
属性:39
スロット:なし
その他:二つ名武器補正(与ダメージによる狩技ゲージ蓄積1.2倍)

斧火力:530 (紫ゲージ)
剣火力:530 (紫ゲージ)

-比較用アトラル剣斧
斧火力:489 (紫ゲージ)
剣火力:587 (紫ゲージ)

おおよそアトラル武器に対して物理のみだと斧で1割勝り剣で1割劣る


・概要

MHX初出の"紅兜アオアシラ"素材から作られる二つ名スラッシュアックスである。
既存作品であれば毒ビンの一か所のみで産廃扱いされていたが、今回は特別である。

売りは3点
-脅威の斧物理火力
-毒ビン&高い属性値
-二つ名補正による狩技ゲージ増加

正体は匠業物を併用したブレイヴスタイル専用の武器と言える。
匠業物時の斧物理火力で首位に立ち、下手な強撃スラアクと同程度の剣火力を持つ。
毒ビンの数値は39とかなり高く、また強変形切りでは"確定蓄積"となるため実質3倍の毒117とも言える。
平均値で考えるとそこらの毒属性な強撃・強属性スラアクに負けない毒蓄積となる。

物理性能自体一線級だが、肉質に依存しない固定ダメージを与える"毒"のおかげで、
どれほど硬い部位に攻撃が吸われても最低限のダメージ効率が保証される点も強い。
完全無属性のアトラル剣斧との明確な差であり、攻撃範囲が広く吸われやすいブレイヴとも噛み合っている。

紫ゲージ10はとても短く感じるが、二つ名補正によって臨戦の回転率が上がるため、
弾かれにくさも相まって余裕で最大切れ味を維持できる。

ブレイヴスタイルは斧モードの比重が高く、
主力の強変形ループは強撃ビンでも火力が5%程度しか伸びない。
そして紅熊斧はアトラル斧を8%上回る素火力を有するため、
物理火力の時点でこれを上回るポテンシャルがある。すごい。
(匠のポイントを他にまわすとアトラルが僅かに上回るが、毒と二つ名補正があるため無意味な比較となる)

余談ながら、紅兜は明らかにアトラル・カより強い。G5に至っては分断失敗すると地獄が待っている。
二つ名武器が何れも一線級の性能を持っていながらマイナーなのは、
単に作成難易度が違い過ぎるからなのは言うまでもない・・・


・課題

-紫ゲージ10は業物込みでもやはり短めである。
維持自体は臨戦で永遠とできるが、臨戦前に大ラッシュのタイミングが来るとテンポで損する。
また一度切れ味をかなり削ってから臨戦しても紫に戻せない場合がある。

-性能は申し分ないが匠+2業物かつブレイヴスタイル&臨戦で装備パターン自体は固定化される。
特に防御900以上との両立が難しい。
実はお守り次第だが、燼滅刃複合装備で研磨術ベースとする事で狩技フリー&防御力確保が可能。
精霊の加護で更なる耐久力を目指せるが、まぁ机上の空論か。
常時"明鏡止水"相当が発動する代わりにスロットそのものは無いため、お守りの影響が強い。

-この武器の性能が生かされるのはあくまで
ブレイヴスタイルかつ紫ゲージの維持ができる場合に限られる。
その他スタイルや青ゲージ運用は残念ながら弱い。
作られる装備自体は毒属性の性質上、汎用性は高いが。


・スタイル別適正

前述の通りブレイヴスタイル一択
毒属性かつ剣オンリーは紫毒姫スラアクが適任だし、
テンペスト振り回しを生かすなら5属性武器の方が良い。


・対抗馬

-餓斜ン牙王の大解放
単純物理火力の比較相手。
素火力は誤差程度に上回り、剣火力では足元にも及ばない。
銀嶺剣斧は白ゲージ故の弾かれやすさがあり、相手を選ぶ氷属性のため差別化は容易。
そもそもストライカーやエリアル向けの武器なので被る事がない。


-無明剣斧【滅諦】
ナルガ原種のスラアク。
作成難易度が低いし、スロット2で自由度もある。
ハンターランク解放までをブレイヴスラアクで駆け抜けるならオススメの一品。
突き詰めると白疾風一式との併用で、紅熊を上回る物理火力を発揮できる。
さらに素紫20でラッシュ時の火力も維持されやすい。
二つ名補正の有無、倍近い毒蓄積値、防具の耐久性能やらで差別化される。
初級者或いは、超上級者向け。


・最後に
今まで産廃とされてきた毒ビンで高火力を発揮できるのはかなり魅力的です。
マイナーさと一線級の性能を何故か両立できる不思議。
高難度クエストでは二つ名補正による臨戦の回転数に救われる事も多々あります。
気になったら一度使ってみると良いでしょう!

[PR]
by vibnil | 2017-06-25 12:55 | モンハンXX | Comments(2)

b0168174_21593129.png
*2017/6/26 状態異常属性の部分を更新 一部減気ビンやらの数値修正まだ
スラアクのステータス計算をもっと整理してみた。
*アイテム系での攻撃力upは護符/爪/猫飯大(or鬼人G)で計算。それ以上の加重は考慮外
*攻撃力増加スキルを積むと、低攻撃力或いは高会心ほどよく伸びる
*切れ味上限達している武器は切れ味背景が有色にしてある

-会心+20は見切り+2相当、連撃もこの程度の期待値になりそう?
-会強+30は会心強化&会心率+30で計算。エネチャⅢあるいは見切り+3の数値
-会強+60は会心強化&会心率+60で計算。エネチャⅢ&見切り+3での数値

・5属性の威力
属性威力×属性肉質÷物理肉質÷モーション値(%)で計算した数値を物理火力に直接足せばOK
物理:属性=2:1の部位に斧縦かます場合は、そのまま物理+属性が総威力になる。
実際には与ダメージ小数点切り捨てとかあるので、特に威力差が10未満くらいだと実ダメージが同等になったりすると思われる。

毒や爆破の累積威力に関しては知らん。もっと詳しい人で計算よろしく。

ただのメモなので詳しい解説とかはなしで。




More
[PR]
by vibnil | 2017-06-22 22:46 | モンハンXX | Comments(0)

個人的に注目なスラアクを挙げて簡単なスペックを算出していきます。


・・真名アナトカルナイム
b0168174_12585068.png
攻撃力:330
切れ味:紫20→白10→青20→・・・ (業物or匠が必須)
匠+2:紫70→白20→青20→・・・
会心率:±0
ビン:強撃(剣モードの物理威力が1.2倍 剣鬼形態Ⅲで1.44倍)
属性:なし
スロット:3
その他:防御力+60 (全スラアク中トップ)

斧火力:489 (紫ゲージ)
剣火力:587 (紫ゲージ)

アナトカルナイムの火力が、他スラアク選択の指標となっている感がある。


・概要

本作の集会所ストーリーのラスボス"アトラル・カ"素材から作られるスラッシュアックスである。
一言で言えば強い汎用性随一
とは言え理解せず使うとゴミに成り下がる恐れもあるので、長短と生かし方を述べる。

スキル無し物理火力において、強撃スラアクで最強を誇る。
スラアクは物理の比重が高い武器であり、物理に優れる強撃ビン持ちがそのまま強い武器となる。

強みは数値上の剣火力だけではない。

-切れ味が素でなので、弾かれに強い
斧モード中の不意の弾かれだけでなく、切れ味ゲージの温存にも繋がる。

-スロットが3つある。スキル発動に非常に便利である。
スロット数を力に変えるネセト防具一式とも相性良し。
強撃スラアクかつスロット3でマトモな性能なのは実質これだけである。

-防御力+60 全スラアクで最高の増加量である。
G級剣士の防御力は幾らか上下しても誤差の範囲内だが、
超特殊二つ名クエストは防御力900が即死回避のラインとして存在しており、
これを満たすために重要になってくる。

物理火力・切れ味紫・スロット3・防御力増加とほぼ隙が無い。
このため真名アナトカルナイムに業物を付けとけば、如何なる状況でも無難な選択肢になりえる
スラッシュアックス使いの半数が所持しているくらい使用者は多い。


・課題

常にベターになりえる武器であるため愛用者が多いが、
裏を返せば、常にベストな武器と言えるわけではない。それ込みでも強いのだが。

-難点というほどではないが、切れ味ゲージの配分は抑えなければいけない。
素紫20はカバー必須の貧弱さである。
そしてその下にある白ゲージの長さは僅か10。青もたったの20である。
このため業物・匠どちらも積まずに運用した場合、
あっという間に緑ゲージにまで落ちてしまう。

青ゲージの時点で物理火力は2流。緑まで行くと底辺となる。
運用にあたって、匠・業物どちらかは必須な事は頭に刻もう。
絶対回避臨戦を採用する場合は業物、ポイントに余裕があり臨戦を採用しない場合は匠が効果的である。

-無属性武器であるため、どうしても火力には限界がある。
また与ダメージが斬撃肉質に完全依存するため、属性武器と比べて火力のムラが特に著しい。
全身万遍なく通る相手には問題無いが、
G4クラスや二つ名モンスターは物理の通りが基本的に悪い。
弱点部位以外だと、特に物理が極端に通らず、属性がそこそこ通る箇所が多々ある。
こういった最大弱点以外を殴る場合に、完全無属性武器はハンデを背負う。
肉質にして、属性が物理の半分以上通る部位となると、属性武器との差が無視できなくなる。
スロットその他が許す限り、単体クエストは対応属性を担いだ方が高火力を得られる。

-スロット3の利点はあるが、二つ名武器と比べて狩技の回転で劣るのは事実。
特に無属性スラアクお得意の剣鬼エネチャは、二つ名武器か否かで
始動タイミングと安定性が変わってくる。
通常武器のエネチャⅡと、二つ名武器のエネチャⅢは"重さに大差がない"
エネチャⅡのコスト650 Ⅲのコスト850 二つ名武器だとエネチャⅢのコストが708相当となる


・スタイル別適正

強撃ビン搭載で隙も少ないため、どのスタイルでもやってはいける。
あえて挙げれば、
一番相性が良いのは剣鬼形態と併用できるストライカー。次いで剣依存の強いエリアル。
ギルド・ブシドー・ブレイヴでも有力な選択肢になってくれるだろう。
何より防御+60による耐久調整が無二の利点なので、需要が無くなることはありえない。

逆に相性が良くないのは斧と属性火力が重視されるレンキン。
特にテンペストアックスの手数と、この武器の切れ味&無属性が水と油。
流石にレンキン&テンペストの組み合わせでは避けましょう
まぁ、自分以外にレンキンスラッシュアックスを見たことがないから問題はないが・・・


・対抗馬

-真滅斧グリマノヴァ
燼滅刃ディノバルド素材を使ったスラッシュアックス。
物理火力はこちらに6%程劣るが、素紫30白40と持久力では上回り、
爆破35による肉質無視の固定ダメージで硬い部位でも削りを行える。
何より二つ名補正による狩技ゲージボーナスが大きい。

スロット3つと防御力の差に問題がなければ、こちらを使いたいくらいの性能である。
まぁその二つが比較的デカいわけだが。


-各種属性付き強撃スラアク
ミラ・ミツネ・ガムート系等のスラッシュアックスは必要スキル等でやや劣る点こそあるが、
特定の敵を倒す分には属性値の分だけ上回ってくる。
こと火力を売りにしている武器だけあって、なるたけ火力は高めていきたい所。
こちらもやはりスロットと防御力と相談。

なお属性の通りが物理の1/4以下である箇所は、この武器(或いは毒・爆破)で殴った方が早い。


・最後に
脳死汎用武器は一部からは非難される場合もありますが、
これに関しては総合性能が高い上、希有な利点を複数揃えているため、作らない選択肢はないでしょう。
そこから他スラアクとスイッチすれば、最高の戦果が得られるはずです。
とにかく切れ味のカバーだけは忘れずに!!!

[PR]
by vibnil | 2017-06-21 19:48 | モンハンXX | Comments(0)


・・ストライカースラアク考察

・特徴
集中攻撃に優れる剣モードを最大限強化して戦えるスタイルとなる。
超強力なスラアクの自己強化狩技を余すことなく運用できる。
壁殴り性能は全スラアク中どころか全武器中でも最高クラス。
剣鬼エネチャでスラッシュソードが大正義。

特殊な行動が無く、操作が単純なのでスラッシュアックス入門にも最適
基本操作をこれで学び、他スタイルを開拓していくとよいだろう。

ローリング回避と絶対回避1枠のみで敵の攻撃を耐え凌ぐ必要がある。
ほぼ常時剣モードとなるため、機動力は全スタイルで最も低い。
特に判定の長い単打は鬼門。
定点攻撃がぶっ刺さり、フレーム回避の有効な相手で使いたい。



続き スラッシュソードスタイル詳細。
[PR]
by vibnil | 2017-06-18 14:03 | モンハンXX | Comments(0)