スラッシュアックス エリアルスタイル使い方考察@モンハンダブルクロス

・・エリアルスラアク考察

・特徴
定点火力に優れるスラッシュアックスの攻撃を、
跳躍システムでセルフサポートするスタイルとなる。
特に剣モードは跳躍攻撃が2段構えとなっており、乗り蓄積に優れている
エア回避によって本来は詰むような対地攻撃を無力化できる利点も持つ。
野良のスラアクは6割型エリアルな程度に人気がある。

剣モードは基本攻撃が揃っているため、ダウン後の追撃は火力十分。
サポートと火力を両立する特殊なパワータイプとなる。

代償として横方向への機動力が壊滅的に悪く、
エア回避で賄いきれない距離への干渉が不得手
突進で動き回る相手だと、何もできない場合もある。
前転の出だしに無敵時間が存在しないため、(回避性能スキルが無い限り)
起き攻めされると絶対回避が無い場合詰む

狩技1枠はラッシュ力の維持・機動力の補填で秤にかける必要があり、
絶対に一方が犠牲となってしまう。
リソースの不足をどうやりくりしていくかが重要となる。
中級者あるいはかなりの上級者向けとなっている。

何だかんだ言っても飛びながらザクザクが楽しい。これに尽きる。





・操作変更点
-斧
突進突き 完全削除
斧縦切り → 剣変形縦切り 削除
斧切り上げ → 剣変形縦切り 追加
エア回避 → 跳躍に派生
跳躍 → Xで空中斧縦切り、Rで空中剣縦切り、R+X+Aで空中変形解放突き*
*リロード状態だと剣変形攻撃はジャンプリロードの置き換え

-剣
属性解放突き 空中解放突きから追撃でのみ発動
エア回避 → 跳躍&空中切り上げに派生(跳躍と同時に自動で切り上げが発生)
跳躍 → Xで空中剣縦切り、Rで空中斧縦切り、X+Aで空中変形解放突き

-共通
起き上がり時以外の前転回避がエア回避に変更
(地上攻撃後の横ステップはそのまま)
狩技は一つのみ


・変形
斧→剣縦切り:斧切り上げ ぶん回しフィニッシュ
剣→斧横切り:剣横切り 2連斬り
剣→斧解放突き:斧状態からの跳躍


・操作解説

まず従来からできなくなった動作を挙げる。
前転がエア回避に置き換わり(跳躍できない限り)抜刀状態の機動力が低下した。
さらに地上での位置取りの要であった斧突進突きもないため、
少し離れた相手への攻撃にかなり難儀する。
その他のスタイルと間合いが異なるため慣れが必要である。

追加された部分の目玉は跳躍からの派生の多さ
自動追撃がある剣モードの跳躍&縦切りはただ繰り返すだけでも数値上は強力。
位置取り次第で地上でのコンボに繋げるとなお良い。

空中解放突きはその他スタイルより始動が早く実用的。
ここぞで使えると気持ちが良い(終わり際をエネチャでキャンセルするのが理想)
ただしぶっ飛ばしがあるため味方の位置は必ず熟慮する事。

跳躍は発動する瞬間のレバー入力方向に向かう性質があるため、
必ず弱点部位や次の行動につながる場所へと動くこと。
攻撃する瞬間に動く性質は他のスラアクにはなく、馴染みにくいかもしれない。

剣モードの火力が特に強いため
離脱以外は剣モード主体で動くことになる。
常時スラッシュゲージの管理に悩まされるので、隙あらば斧モードを挟んで節約したい。


・斧モード

離脱時に斧モードになっておくと、間合い調整・ゲージ管理が楽になる。
空中攻撃は斧縦切り>剣縦切り(強撃ビン)であるため、
空中攻撃の〆(特にエネチャ発動直前)は、こちらで行うと良い。

空中斧縦からは着地後切り上げにつながる。
ゲージ完全枯渇時のラッシュは一応、切り上げ→ぶん回し→フィニッシュ(最速発動)が最強となる。

麻痺ビン型の場合、空中変形切りを繰り返すことで、
常時剣モードと比べ、ゲージ消費半分以下で同等の麻痺蓄積を発生させれる(ダメージは8割程度)
また斧状態を維持する事で麻痺の暴発を防ぐことができる。
(乗りダウン直後に極めて有用)


・剣モード

強撃ビン型の場合、踏みつけコンボは1ループのモーション値が77に達し強力。
跳躍を駆使して弱点部位に攻撃し続ける事が理想である。

跳躍する瞬間のレバー操作で移動方向が決まり、
縦切りする瞬間のレバー操作で着地時の方向が決まる。
敵との軸がずれた場合、次のジャンプがステップに化けやすくなる。
レバー操作と視点切り替えがシビアなので要修練。

前述の通り、被弾後のリカバリーが劣悪なので
事前の行動でなんとかしてくださいとしか言いようがない。
絶対回避を導入すれば緩和できるが、代わりにスラッシュゲージが枯渇するようになる。
スキルで多少はカバーできるが、だったら他のエリアル武器使えば・・・ともなりやすい。


・モーション値
-斧
空中縦切り 40
横斬り  23
縦斬り  50
斬り上げ 32
振り回し 22
振り回しフィニッシュ 25+30+40

-剣 カッコ内は強撃補正
空中縦斬り 30(36)
縦斬り   32(38)
横斬り   28(33)
二連斬り  28+36(33+43)
空中解放突き→地上追撃 40+28(48+33)
解放継続   13(15)
解放フィニッシュ 80or50(96or60)


DPSの記事も参考に。


・武器選び

飛燕主体の火力型なら強撃ビン一択。
剣モードのモーション値で攻めるため他のビンが入る余地はない。
アトラル武器を筆頭に、ミツネ・ガムート・ジンオウ・ルーツ系統などが候補に上がる。

乗り名人主体の拘束型なら麻痺ビンも可能性がある。
前述の空中変形連打によって、楽なゲージ管理で運用できる。
属性解放フィニッシュによって確定で1.5倍の麻痺蓄積が可能。
麻痺タイミングをコントロールできる近接エリアルは無二の存在である。


・狩技

-エネルギーチャージⅢorⅡ
最も基本的な選択肢。
超会心と併用するならⅢ、そうでないならⅡが安定する。
ゲージ枯れ際に斧変形切りor属性解放から繋げられるとお得。

-絶対回避【臨戦】
スラッシュゲージの管理と引き換えに、
横方向への緊急脱出を可能とする。
また切れ味維持も可能となる。
一撃が重たい相手はこちらを使った方が安定する。


・スキル選び

ジャンプ攻撃主体となるため、飛燕は必ず搭載したい。
サポート主体ならさらに乗り名人を加えたい所。

回避距離スキルがあると位置取りがまるで楽になるため優先度が高い。
ただし0距離だと進み過ぎが発生する場合も。

【臨戦】を使う場合は業物で切れ味維持を推奨。
跳躍は攻撃判定を伴うため、ほぼ全攻撃に連撃スキルが適用されるため相性が良い。
6スタイルの中でも特に欲しいスキルが多いので、ある程度の取捨選択を強いられる。
目的に応じて選ぼう。

[PR]
by vibnil | 2017-07-12 20:26 | モンハンXX | Comments(0)