武器の予備弾丸共有グループ分け@CoD MWR

モダンリマスター 予備弾薬共有グループ分け

グループが共通かつ、サプの装備状況が同じ武器同士は予備弾薬を共有する。
このため、一部SMGとHGで弾丸共有することで弾薬帯をケチったり、
自分が使っているメイン武器と同じグループの落ちてる武器を漁って弾薬を回収する事が可能。
ハンドガンと一瞬入れ替えるだけでも予備弾は回収できる。


グループ1(威力30アサルトライフル)
M16A4、M4A1、G36C

グループ2(カラシニコフ型)
Ak-47、XM-LAR
*AKSは共有できません

グループ3(単発ライフル)
G3、M14、M40A3、M21、R700、D-25S

グループ4(拳銃弾)
MP5、Mini-Uzi、MAC-10、M9
*唯一のメインサブ共有できる組み合わせ

グループ5(散弾)
W1200、M1014、Kamchatka-12

グループ6(拳銃弾2)
USP、M1911

グループ7(大型拳銃)
Desert Eagle、.44 Magnum

グループ8(機関銃)
M249 SAW、PKM

グループにあがってない武器に関しては、同じ武器としか弾丸共有ができない。
属しているだけで一種のステータスのようなものとも言える。

注目なのはMP5とMini-Uzi、MAC-10がハンドガンのM9と弾丸共有できる点。
1.5マガジン分の弾丸を確保できてお得。

他にも
スナイパーと戦う事が多いG3やM14は敵スナイパーの多くから弾丸を回収できる。
ショットガンミラーは相手の死体から弾丸を補給できる。まず漁れる距離で戦うため重要かも。
といった事が挙げられるか。

PTで武器を画一化するのも面白いかもしれない。


[PR]
by vibnil | 2017-03-10 22:24 | Comments(0)