CoD IW βテスト簡易感想03 AR解説もどき

インフィニットウォーフェアβテストにおける、ARの感想というより解説になります。
PC上のデータはありませんが、過去作からのデータ蓄積で、
大体の特性は感じられました。

以下、正確な数値もないため、体感と経験による殴り書きとなります。
製品版でどう変更されるか判らんのでノーマル~エピックの改造は割愛します。

・・過去作との違い

エイム速度が遅め→モダンシリーズ準拠の0.3秒と思われる。クイドロが欲しくなる。
射撃ペナルティがない→BO3よりも地上射撃の性能は優れる。空中射撃は劣る。
移動速度は並→BO3と異なり、LMGより素早い。

BO3とかいうTDMにおいてLMG正義なゲームと異なり、
脚が遅すぎず、射程が短すぎず、尖りすぎずと恵まれた立ち位置にいる。
ARゲーのインフィニットワード、LMGゲーのトライアーチというべきか。
陣地の穴埋めにとても優秀。

近距離でSMGやSGに食われ、遠距離でSRやLMGに圧倒されるのは何時もの事。
カテゴリ全体として汎用性重視。武器毎に得意分野が異なっている。





・・各ARの性格

NV4
実弾 フルオート
レート並 精度最高 4発キル武器(4発射程は長い)

精度特化のAR。
跳ね上がらず、収束する弾幕が出る。射程も長い。
最速キル速度が遅いという一点を除いて非常に優秀。
LMGと異なり足が絶望的に遅いわけでもない。

敵の不利な部分を突いて確実倒す武器。
のらりくらりと動いて、待ったり不意打ちする動き向き。
逆にごり押ししようとしたり、ある一か所を絶対守るといった動きは不向き。

1行で表すなら"立ち回りが完璧なら神武器"


R3K
エネルギー 3点バースト
総合レート低 精度良 3発キル武器

足回りと中距離でのキルタイムを突き詰めているAR。
LMGから対応力を削って、代わりに速くしたような物。
連射可能で射程の長い武器としては、突出した最速キルタイムを持つ。

来る/居るのが判っている相手を、正面からキルタイム差でねじ伏せれる。
スナイパーを極力マイルドにした性能とも言える。
この手の武器のお決まりとして、一方向に集中しきれない乱戦は不得意。
落ち着いた戦場で使いたい。


KBAR-32
実弾 フルオート
高レート 精度並(面射型) 3発キル武器? 腰だめ精度高め

使いやすさ、動きやすさ重視のAR。
ARとして最低限の実射程を確保しつつ、
高レートと腰だめ精度から不意の戦闘に対応しやすい。
詰まない事に特化しているとも言える。

弾幕は跳ね上がらないが全方向に散る面射型。
"ある程度の命中率を維持しやすい" "強制的に弾がそこそこ外れる"
不可能を可能にする武器ではないので注意。
雑な場や、様子見したい時に選ぶと良い。


Type-2
エネルギー フルオート →デュアルハンドガンに変形可
高レート 精度並(即死重視型) 3発キル武器

近接用のデュアルハンドガンモードに変形できるAR。
総合的な得意レンジは近中距離。

アサルトモードは高レート、上反動のキルタイム重視型。
ノーガードの殴り合いが比較的得意といった所。
面射レートで劣り、ばら撒くタイプではない。

デュアルモードは格闘戦特化型。
エイムと射程を犠牲に、レートと弾数をひねり出している。
レートと機動力がカギの0距離で生きてくる。

"変形はハンドガン切り替えより遥かに遅い"
このため、アサルトモードで近接戦になると、変形する間もなく死ぬ。
KBARとかなり被るが、射撃特性はまるで違う。
あちらは"状況を問わず、そこそこのキルタイムを出すこと"が得意
こちらは"適切にモードを選び、最速キルを目指すこと"が得意
自分で距離を選べる場ではこちらが、選べない程の荒れ場ではKBARが優れている。


Volk
エネルギー フルオート
低レート 精度並 3発キル武器(射程長い)

典型的な中遠距離向けの面射型AR。
βでは派生させる事ができなかったため、割愛


・・過去作の類似武器
射撃特性的に、既存の武器で近しい武器を挙げるとするなら以下のようになる。
参考程度に。

NV4:ICR-1(BO3)
R3K:M4A1(MW3)
KBAR-32:HVK(BO3)
Type-2(アサルトモード時):Type25(BO2)
Volk:AK-12(Ghost)
[PR]
by vibnil | 2016-10-31 20:10 | Comments(0)