ストーリー攻略に強い魔法@ダークソウルⅡ

ストーリー攻略に強い魔法@ダークソウル2

今回はストーリー攻略で役立つ魔法を紹介します。
純魔的視点ですので、武器エンチャントは考慮外なので注意されたし。

ネット上では色々な情報が書いてますが、
ストーリーで強い魔法 ≠ 対人で強い魔法
ここはしっかり認識する必要がありますね。
どっちでも役立つ物もありますが、数は少ない方です。


・・各魔法の特徴

魔法型のキャラを作る際、何をしようかと悩む事も多いでしょう。
まずそれぞれの特徴を掴むと良いかもしれません。
威力の出し方については前回記事を参照されたし。

魔術
デメリットなし、出が早い、射程長めと扱いやすい
1スロットあたりの総火力に優れる。
協力プレイで後衛するなら基本となる。
追尾系、浮遊系、近接、超火力、拡散弾やらレパートリーが豊富。
理力武器は層が厚く、魔法剣士としても戦いやすい。

属性が魔法一辺倒で、魔法防御が高い相手が辛い。
(鎧型の相手には雷属性と大きな差が開く)
味方の体力をどうこうする手段を持たない。


奇跡
ストーリー攻略に特化した性能を持つ。
回復手段の限られた序盤は、回復の有無が生死を分かつ。
(今回は魔方陣に触れた味方まで回復できる素晴らしさ)
その他の支援効果も豊富。

雷と魔法の二つの属性を打ち分ける事ができる。
ほとんどの相手に安定したダメージを与える事が可能。
水上の敵、鎧の相手には凄まじい火力を叩き出す。

術の発生が遅く、割り込んでの発動が難しい。
信仰武器の数が少なく、魔法剣士の敷居が高い。
これ一本だと対人戦は辛い。


呪術
ステータス依存が小さく、誰でもそれなりの火力が出せる。
(詠唱速度の差はかなりの影響を受ける)
何れの技も攻撃範囲を持ち、複数の相手にダメージを与える事が可能。
独自の炎属性を持ち、魔術等とは得意な相手が異なる。

射程の長い術が無い。発生も遅いのでサブ火力向け。
魔法使いの相性補完、戦士の飛び道具的な位置づけか。
呪術の火の入手時期が遅め。


闇術
捻くれた技が多い変則的な属性。
被弾した敵のスタミナを削る特性を持つ。
特化すれば、炎の槌すら真っ青のラッシュ力が出せる。
一定の状況で凄まじい効果が出る特殊な技が多数存在。

ステータス要求が厳しい。
高火力技は使用時にソウルを要求する。
(支払えないとカス威力となる)
デメリットの無い技は魔法と比べ、威力で劣る。
特殊な技は使い所を理解しないと腐る。
道なりに進んで攻略する場合、入手時期がかなり後になってしまう。
総じて上級者向けの性能。





・・オススメ魔術@ストーリー編


魔術

-ソウルの矢
-強いソウルの矢
-強いソウルの太矢


魔法属性の基本火力です。
これさえ積んでおけば、まぁ失敗にはなりません。
序盤~終盤までの雑魚戦でお世話になるでしょう。
ソウルの槍が弾数2発なので、火力枠として強い太矢が扱いやすいか。
ソウルの矢は強い~系統が手に入り次第、入れ替えましょう。


-ソウルの槍
-ソウルの結晶槍


大火力枠。緊急時や対BOSS戦やらに。
基本弾数が2発なので、頭装備で使用回数を増やすと良いでしょう。
対人用の基本火力でもあります。


-追尾するソウルの塊   (理力40以上で5発展開)
-追尾するソウルの結晶塊 (理力50以上で5発展開)

おなじみの浮遊型の魔術です。
追う者たちを含め、最大の5発展開に必要な理力が異なるので
能力値に応じて使い分けましょう。
(理力10刻みに増えていきます)

持続時間は約20秒。
前もって使う事でラッシュ力を強化したり、
不意の敵への迎撃に使います。
壁越しでも反応するため、隠れている相手の発見手段としても優秀です。
(擬態している敵には無効なので注意)


-ソウルの大剣

近接戦闘用の魔術です。
魔力でできた超特大剣を振る感じ。
威力はソウルの結晶槍すら凌ぎ、特化すればPCすら一撃で落とせる程。
ただし弾数は少なく、出も早くはありません。
緊急避難用と捉えるべきでしょう。


-乱れるソウルの槍
-ソウルの閃光
-ソウルの奔流


対BOSS特化の魔術。
至近距離や大型の相手に多段HITし、凄まじいダメージをたたき出します。
人型の相手には十分に当たらないので雑魚戦には無用の長物。
予め、でかいBOSSと戦う事が判ってる場合にのみ採用しましょう。


-強い魔法の盾

持続時間は約20秒。
強大なBOSS限定で使える魔術です。
回避困難・普通の盾では受けれない攻撃を強引にガードできるようになります。

古の竜で重宝するでしょう。
周回後の超火力攻撃を凌ぐ手段としても有用か。



奇跡

-回復
-中回復
-限られた大回復
-大回復


奇跡の代名詞。
自分と魔方陣に触れた味方の体力を回復します。
エスト瓶の初期数が僅か1本の今作では、重要な回復源になります。
死にそうな味方の後で発動し、生き延びさせるといった荒業も可能です。
何気にNPC白霊も回復できます。
赤霊・青霊が使える数少ない回復手段でもあります。


-雷の槍
-雷の大槍
-太陽の光の槍


奇跡の基本火力。
ソウルの矢と比べ必要能力や発生速度で劣りますが、
全編を通して雷属性の通りが良く、時間あたりの火力で勝つ事も多々。
直撃・爆発・水上への拡散と3段HITします。
(陸上では2HIT)


-放つフォース

攻撃性能は強いソウルの太矢と比べると寂しい限り。
ただ、雷の効かない相手に魔法属性で攻撃できる点が大きいです。
着弾時に小規模な爆発を起こして2段HITします。
相手を小さく押し出すので、崖際の相手を落とす事も狙えます。


-固い誓い

自分と味方の物理攻撃力・防御力を上昇させます。
入手時期が遅く、枠の圧迫も酷いが効果は絶大。
特に白霊との相性がとても良い。
一度使って欲しい奇跡です。
自分への効果も考えると、信仰振りした戦士向け。



呪術

-発火
-大発火


前作と比べてで発生が遅くなり、対人向けではなくなりました。
それでも威力は健在で、一撃で敵を倒したい場合には使えるでしょう。


-炎の嵐
-炎の大嵐
-混沌の嵐


デモンズからおなじみの範囲魔法です。
囲まれた時も有用ですが、
ダウンしない大型の相手に多段HITして凄まじいダメージが出せます。
出がとても遅いので、協力プレイ向けです。


-炎の槌

ターゲットの位置に時間差で爆発を起こす呪術です。
単発のダメージは呪術でもトップクラス。
理力・信仰無振りでも呪術の火さえ最大強化していれば1000ダメージ超えも。
アップデートで弱体化されました^q^ 現在は500前後です。
理力・信仰振りかつカウンターHITならPCも一確が狙えます。
ネット上でもよく強すぎると書かれています。

爆発まで2秒ほど差があるので、動く相手にはまず当たらないのは難点。
ソウルの大剣やソウルの大きな共鳴と比べると、
正直劣っている感があるので無難な性能かと思います。


-ぬくもりの火

周囲にいるキャラクターを敵味方関わらず回復させる呪術です。
数少ない奇跡を用いない回復手段でもあります。
回復は遅いので、戦闘後の繋ぎとして使いましょう。



闇術

-闇の弾

入門用の闇術です。杖で発動します。
ソウルの矢と違いは、連射すると相手の盾受けを崩せる点。
威力的には大した事無く、弾数はそこそこ。
これが使えるなら、強いソウルの矢を連射した方が良いかもしれません。


-ソウルの共鳴    (ソウル100消費)
-ソウルの大きな共鳴 (ソウル500消費)

闇術における真の基本火力です。
こちらは聖鈴で発動させます。
2枠消費型ですが、1枠あたりの弾数はそこそこ。
ソウルを消費する代わりに、最高クラスの火力が得られます。
通称 100円玉 500円玉

100円の方はたったの100ソウルで強いソウルの太矢相当を高速連射でき、
500円の方は500ソウルでソウルの結晶槍相当を高速連射できます。
聖鈴の詠唱速度が杖と比べ、全体的に速い事も大きいでしょう。

序盤こそ消費が重たいですが、後半は入手ソウルも増えてデメリットも薄くなります。
唯一、死亡直後の0ソウル状態だとまるで威力が出ないので注意したい所。

サブに魔法or雷の術さえ忍ばせておけば、これらだけでエンディングまで行けます。
闇術の強さの半分はコレで出来ています。



上記の呪文さえあれば、ストーリー攻略は難なくこなせると思います。
入手時期、弾数、必要能力等は情報サイトを参照されたし。
[PR]
by vibnil | 2014-03-23 16:50 | ダークソウルⅡ | Comments(0)