Cod BO2 AR使い心地まとめ&考察ver3.1

ブラックオプス2マルチプレイでのアサルトライフル使い心地一覧

2015/9/17 ゴースト記事のように射撃精度等を更新。武器個別説明を更新。書きかけ。


私的なARの使い心地を書き下してみる。

 取り回しはSMGとLMGの間だが、構えはSMGと大差なく、射程が勝っており中距離に強い。
種類が多いだけにそれぞれ個性がある。
近距離用~遠距離用 フルオート、バースト、セミオート等多様である。
何処で最も性能を発揮できるかを考えて動きたい。
総じて瞬間火力・射程が優秀だが、弾数が少なく継続力が少ない。


・・フルオート
・利点
 R1を押し続けるだけで良いため、プレイヤーへの負担が少ない。
弾密度が安定しており、弾丸を1発外す事のリスクが少ない。
総じてキルの安定性が高い。近距離では顕著。
初心者に優しく、慣れたプレイヤーでも安定性が好まれる。
人気が高いカテゴリ。

・欠点
 最速キル速度でバースト&セミオートに負ける。
最速キル合戦では分が悪い。
反動が強く、遠距離では指きりを挟む必要性が出てくる。


・・バースト
・利点
 1トリガーで発射される弾が狭い範囲に集中する。
静止した敵へのキル速度&安定性は随一。
最速キル速度がフルオートに勝る。
フルオートの指切りより負担が少なく中遠距離での安定性が高い。

・欠点
 弾密度でフルオートに劣り、弾幕のムラから動体に対して安定しない。
横に動く相手に1セット全弾命中させる事が難しく、苦手。
近距離戦では安定性に欠ける。
完全な点に対しては2射目以降が無駄になりやすく、セミオートに譲る。


・・セミオート
・利点
 1発あたりの火力が高く、点に対する確殺力では群を抜く。
2発キルが可能。ワンショットキル系以外では最速クラス。
HSが絡めば現実的な距離はほぼ2発キルとなり、芋に対する耐性が高い。

・欠点
 レートが遅く、外した際のリスクが特に大きい。
点射レートを把握しないと腐る。プレイヤーへの負担が大きい。
2発射程外の殴り合い性能は低く、チンパンに対して脆い。
場が固まった際の強さと引き換えに、乱雑な場では弱い。


・・各AR特徴

基本移動速度95%   *type25のみ96.5%
エイム時移動速度40% ストック有88% *Type25のみ1.5%速い
エイムアシスト距離 腰だめ時24m エイム時36m
ADS移行時間0.25秒  *SMRのみ0.28秒
貫通力中 : MTAR、Type25、M27、M8A1、AN-94
貫通力大 : SWAT-556、FAL OSW、SMR、SCAR-H
腰だめ精度: 全体の命中精度を100とした場合、Type25:108 セミオート類:85
       


・MTAR
フルオート
威力:40→30→24 (HS×1.2)
射程:16.5m→38.1m→∞
精度:縦分散145 横分散98 跳ね上がり上方へ4000
弾数:30/90
レート:750発/分 (面レート500、点レート136)
射撃間隔:4.8F

近距離ばら撒き型AR。
近距離3発によるパワフルさで殴り負け辛く、
跳ね上がりの小さいため垂れ流しで命中率が落ち辛い。
真正面から殴りあう展開ではSMGよりこれを使った方が良い。
(SMGR類は射撃精度から最速3発キルの成功率が低い)
狭いマップで前線を上げるのに適する。

反面、いわゆる芋に対する耐性が低い。
点に対する実質レートがフルオートAR中で最低で、
被弾面積の小さい相手に命中率を維持し辛いためである。
引く相手にはアバカンと使い分けると幸せになれる。


・Type25
フルオート
威力:33→24 (HS×1.1)
射程:38.1m→∞
精度:縦分散150 横分散59 跳ね上がり上方6000 右方10000
弾数:30/90
レート:937発/分 (面レート425、点レート155)
射撃間隔:3.8F

遊撃向けAR
どの距離でもそれなりのキル速度を発揮できる点が売り。
移動速度の速さ・腰だめ精度とレートによる護身から走りやすい。
SMGと似ているが、こちらはより射程を誇張した動きができる。

最速キル速度は控えめで殴り合いには不向き。
跳ね上がりも大きめで、良く狙って撃つ武器である。
如何せんBO2のマップはどれも前線での殴り合いが主になりやすく、
遊撃というジャンルがやや弱いのが難点である。


・SWAT-556
3点バースト
威力:40→33 (HS×1.4)
射程:57.2m→∞
精度:縦分散19 横分散74 跳ね上がり上方22000
弾数:30/90
レート:483発/分 (バースト中レート937)
射撃間隔:総合7.5F

フルオート
威力:40→33→24 (HS×1.4)
射程:2.5m→33.0m→∞
精度:縦分散32 横分散96 跳ね上がり上方25000
弾数:30/90
レート:937発/分 (面レート169、点レート122)
射撃間隔:3.8F

点に対する火力に優れるバースト銃。
収束性と射程に優れる弾丸をレート937で3連射する。
3発キルも早いが、2HS2発キルの速度は別格。
純粋な点狙いの武器としてはFALに安定感でやや劣る。

フルオート化で性質が大きく変化する。
近接特化型のType25と言った具合で、
至近距離2発・高収束・高貫通による即死が売り。
互いに弱点をカバーできる関係にあり、採用価値が高い。
崩しとチンパンの使い分けが最大の長所となる。


・FAL OSW
セミオート
威力:55→49→40 (HS×1.2)
射程:16.5m→58.4m→∞
精度:縦分散0 横分散63 跳ね上がり上方へ13000
弾数:25/75
レート:625発/分 (面レート238、点レート221)
射撃間隔:5.8F

フルオート
威力:55→49→40 (HS×1.2)
射程:7.6m→58.4m→∞
精度:縦分散0 横分散71 跳ね上がり上方へ11000
弾数:25/75
レート:468発/分 (面レート138、点レート129)
射撃間隔:7.7F

全武器中で最高の点射レートを誇る一品。
大抵の距離で1HS2発キルが取れるため芋耐性に優れる。
M27より遥かに点に対する性能は高い。
3発キル速度の遅さから、単純なチンパン性能は低い。

BO2では珍しい崩し特化武器である。
2発キルは自衛のためと考えた方が良い。
フルオート時は安定したレートでばら撒けるが、
キル速度は低下するためハンドガンと選択になる程度。


・M27
フルオート
威力:33→24 (HS×1.2)
射程:40.6m→∞
精度:縦分散156 横分散69 跳ね上がり0(上方へ若干の偏り)
弾数:30/90
レート:750発/分 (面レート750、点レート155)
射撃間隔:4.8F

跳ね上がりの無さと弾の収束を両立するAR。
ただしSC-2010(ゴースト武器)みたいな絶対性は無く、
弾の収束は上の下レベル。
崩しではなく個人戦用であり、
レートと最短4発キルの都合、殴りあう性能はかなり低い。

先手の有利を固定化するための性能に特化しており、
人の流れを理解し位置取りできなければ腐る。
強いは強いが、人と戦法を選ぶ武器である。


・SCAR-H
フルオート
威力:45→33 (HS×1.2)
射程:57.2m→∞
精度:縦分散51 横分散82 跳ね上がり上方へ16000 右方3000
弾数:30/90
レート:625発/分 (面レート200、点レート125)
射撃間隔:5.8F

最も長い射程を持つフルオートAR。
アバカンで3発キルの取れない30~50mで生きる。
鈍足長射程武器と異なり、動きやすいのが売り。
運用するなら射線の長さを意識したい。

跳ね上がりはきついが拡散は小さいため、
爆発力はあるが安定感には欠ける。
射程で詰まない攻めの武器といった所。
ただし点レートは最低なので敵の頭出しには注意。


・SMR
セミオート
威力:59→55→49 (HS×1.2)
射程:25.4m→38.1m→∞
精度:縦分散3 横分散79 跳ね上がり上方へ16000 右方0(若干偏る)
弾数:20/60
レート:535発/分 (面レート150、点レート116)
射撃間隔:6.7F

フルオート
威力:59→55→49 (HS×1.2)
射程:12.7m→19.1m→∞
精度:縦分散0 横分散70 跳ね上がり上方へ11000 右方0(若干偏る)
弾数:20/60
レート:416発/分 (面レート147、点レート114)
射撃間隔:8.7F

射程距離が売りのセミオートAR。
中距離まで2発、全距離1HS2発キルとなる。

点レートでFALに倍近い差が開いており、
あちらの1HS2HITキル距離60mも考慮すると、
射程を生かせなければFALの劣化となってしまう。
連射性能の上がったSVUくらいに考えても良い。
フルオート化するならハンドガンの方が良い程度にレートが低い。


・M8A1
4点バースト
威力:35→33→24 (HS×1.0)
射程:1.3m→31.8m→∞
精度:縦分散194 横分散42 跳ね上がり0(上方へ若干の偏り)
弾数:32/96
レート:789発/分 (バースト中レート1250)
射撃間隔:総合4.6F

フルオート
威力:35→33→24 (HS×1.0)
射程:1.3m→31.8m→∞
精度:縦分散201 横分散88 跳ね上がり0(上方へ若干の偏り)
弾数:32/96
レート:937発/分 (面レート937、点レート145)
射撃間隔:3.8F

面に対する射撃性能に優れるバーストAR。
垂れ流しが重要な面射と、バースト射撃は相反しており、
フルオート状態が本体とも言うべき性質をしている。
跳ねない代わりに弾が散るType25といった性能で、

レートの高さを生かした乱雑な場での垂れ流しに向く。
HS倍率がないため素で3発キルが発生しづらく、
タクティカルとの併用が望まれる。
良く狙える状態ではバーストによる即死も視野に。
パンチの弱さと枠の圧迫から、
PT単位で投げ物ポイポイできるような場面以外は辛い。


・AN-94
フルオート
威力:40→33→24 (HS×1.2)
射程:29.2m→57.2m→∞
精度:縦分散0 横分散112 跳ね上がり上方へ22000(1~2発目間34000)
弾数:30/90
レート:750発/分 (面レート204、点レート158)
射撃間隔:4.8F
備考:初弾のみレート937、反動-5% (点レートへ反映済み)

ARの基本はこれ。通称アバカン。
一言で言えば強い武器。
全フルオートARで最も弾丸の分散が小さく、点射レートでもトップ。
狙った相手を最速キルする性能が極めて高い。
初弾のレート増加によりキル速度自体も文句なし。
中距離まで3発、遠距離以内4発で射程距離も十分。
唯一弱体化を受けたフルオートARの性能は伊達ではない。

中衛としての性能は文句なしで最高である反面。
縦への跳ね上がりはAR中でも最大で、弾幕性能で劣る。
絶対的な射程があるわけでもなく、前後よりの戦いは苦手。
高バランスを売りに穴を埋める戦いを心がけると良い。
[PR]
Commented by play at 2013-07-26 22:41 x
こんにちは
AN94弱体化の理由が使用者のレシオ高いからって・・・笑いました 自分はAN94クラスだとゴーサプなので特に痛いです
あとMLGに出るような海外のCODプロはARだとM8A1使用者が多いんですが何故ですかね?あまり皆の評価は高くないと思ってますが
Commented by vibnil at 2013-07-27 00:08
playさん どうもです。
実際、AN-94はフルオートで射程、レート*威力どちらも優れ、HSかEMP前提なら他のフルオートARの上位的互換な性能を持ってましたからね。
一つ一つの性能で最高の部分はないですが、総合性能(むしろ実戦値)で勝っていた事は間違いないでしょう。
そして総合性能の高さは事故死の低さに繋がるわけで、使用者のレシオが飛びぬけていたのならバランスを崩していると判断されたのかもしれませんね。


M8A1の採用率が高い?事ですが、1トリガーでキルできる速度が早く、同系のSWATと比べて遥かにレートが高い=安定性が高いからではないでしょうか?

プロならエイムだって凄まじく速いでしょうから、引き金引いて当たって当然な部分があるのかなと。
一般のプレイヤーと比べて、求められる爆発力と安定性の兼ね合いが一歩進んでいるのかもしれませんね~
Commented by fallen at 2015-10-05 23:24 x
初めまして。
bo2のラグコンペという仕様についてどう思いますか?他のcodだと快適なんですけどbo2だと回線負けみたいな物を感じます。対策として下りの回線速度を絞るというのがあるみたいですけど、これもどうなんでしょうかね?
Commented by vibnil at 2015-10-06 18:54
回線は詳しくないのでよー知りませんが、回線悪いほうに合わせられるのはどうかなとは思いますね。
ただ下り回線絞って必ずしも良い影響あるんかいなって話でもありますし、そもBO2オリンピックに向けてそんなに力を入れる必要あるんかいなとも感じます。
Commented by 七氏 at 2015-11-03 18:43 x
BO2の武器性能の検証記事は大変勉強になりました。
今までありがとう。
by vibnil | 2015-09-17 03:03 | Cod BO2 武器考察&データ | Comments(5)