モダンリマスター 予備弾薬共有グループ分け

グループが共通かつ、サプの装備状況が同じ武器同士は予備弾薬を共有する。
このため、一部SMGとHGで弾丸共有することで弾薬帯をケチったり、
自分が使っているメイン武器と同じグループの落ちてる武器を漁って弾薬を回収する事が可能。
ハンドガンと一瞬入れ替えるだけでも予備弾は回収できる。


グループ1(威力30アサルトライフル)
M16A4、M4A1、G36C

グループ2(カラシニコフ型)
Ak-47、XM-LAR
*AKSは共有できません

グループ3(単発ライフル)
G3、M14、M40A3、M21、R700、D-25S

グループ4(拳銃弾)
MP5、Mini-Uzi、MAC-10、M9
*唯一のメインサブ共有できる組み合わせ

グループ5(散弾)
W1200、M1014、Kamchatka-12

グループ6(拳銃弾2)
USP、M1911

グループ7(大型拳銃)
Desert Eagle、.44 Magnum

グループ8(機関銃)
M249 SAW、PKM

グループにあがってない武器に関しては、同じ武器としか弾丸共有ができない。
属しているだけで一種のステータスのようなものとも言える。

注目なのはMP5とMini-Uzi、MAC-10がハンドガンのM9と弾丸共有できる点。
1.5マガジン分の弾丸を確保できてお得。

他にも
スナイパーと戦う事が多いG3やM14は敵スナイパーの多くから弾丸を回収できる。
ショットガンミラーは相手の死体から弾丸を補給できる。まず漁れる距離で戦うため重要かも。
といった事が挙げられるか。

PTで武器を画一化するのも面白いかもしれない。


[PR]
# by vibnil | 2017-03-10 22:24 | Comments(0)

最低限覚えて欲しい部分だけざっくばらんに書きます。
分割のためスナイパーライフルとショットガンとハンドガンのみ書き出し。

・・スナイパーライフル
従来作と比べてロングや点対決での強さは圧倒的。さらに移動速度が並レベル。
ほぼストパ一択。裏返せば、スナイパー対策にジャガーノートが有用。
ACOG装備で息止めが不可となり、エイム速度が速くなる(0.4秒→0.3秒)
移動速度95%


・M40A3
総合レート65 点レート38 ボルトアクション
即死部位 素:首上  ストパ:下肢
手ブレ大 完全面射 ACOG装備時、ストパで全部位一撃となる

リマスター版のボルトアクション砂は、点射ではなく面射撃に優れる
(射撃時に視点が吹っ飛ばないのが利点)
走っている敵への無慈悲な一撃が長所。
ジャガノが無いとマジでやばい。


・M21
総合レート1200?? 点レート75 セミオート
即死部位 素:頭  ストパ:上体
手ブレ大 跳ね上がりやや大

めっちゃ強い。
即死部位は小さいが、カテゴリ内で最も点射レートが高い
手ブレを除いてM14の完全上位互換な射撃性能を持っている。
2撃必殺な面があるのでジャガノ相手でも比較的強い。


・Dragunov
総合レート1200?? 点レート38
即死部位 素:上体  ストパ:上体
手ブレ大 跳ね上がり右上に極大

ストパ時の性能はM21の完全劣化。点レートはセミ砂で最低。
スナイパーで唯一、現実的にストパを外した構築ができる。
ジャガノスナイパーするならこれ。


・R700
総合レート65 点レート29
即死部位 素:上体  ストパ:下肢
手ブレ特大 跳ね上がり極小

ほぼM40A3の劣化。
点レートがスナイパーで最下位。
ジャガーノート相手に即死部位をそれなりに維持できる事だけが利点。
それってM21で2発当てればよくね?って話になるわけで。


・Barrett M82A1
総合レート1200?? 点レート53
即死部位 素:上体  ストパ:下肢
手ブレ大 跳ね上がり右上に極大+++

セミオートで即死部位が最も広い。対ジャガノでも心強い。
その上で点射レートが2番手。
連射の跳ね上がりが、その他武器の10~100倍なのが欠点。
至近以外だと困った時の連射がほぼ許されない。



・・ショットガン
短射程なのでPTでは使えなさそうに思えるが、
室内戦だと封鎖・突破どちらもぶっちぎりで最強なので全然有用。
ブーストゲー時代のCoDとは別次元の火力がある。
このゲーム、距離を詰めるのは難しいが、離すのも難しいのです。


・W1200
総合レート80 マガジン8発
素:3→10発  ストパ:2→8発
最大威力8m 4発距離10m 限界13m

ストパ有りだと、かの有名なレミントンの上位互換になる(負けてるの限界距離くらい)
融通が特に利かない代わりに、M1014と比べてパーク3が自由なのが利点。
ストパ使わないなら採用価値無し。


・M1014
総合レート80 マガジン4発
素:3→10発  ストパ:2→8発
最大威力8m 4発距離9m 限界15m

至近の1on1ではまじで無敵。
腰だめ精度の都合でステディエイムが必須な代わりに、パーク2が自由。
また、限界射程はこちらのが上。
ワンポイントで使えると世界が変わる一品。


・・ハンドガン
アサルト以下の武器はこれに格闘戦を頼ることになる。
絶対使えるようになりましょう。
弾数・射程・腰だめ精度・連射力で選ぶ。


・M9
点レート107 マガジン15発
素3→5発 ストパ2→4発
最大威力6m サプ時3m 腰だめ精度:並
跳ね上がり特大 MP5と予備弾薬を共有する 

弾数だけはある武器。一応もっとも面射がまとも。
ただし射程の短さがきつい。
MP5の予備弾薬を1.5マガジン分増やせる点が強い。
(サプの装備状況を揃えないと弾が共有されない)


・USP
点レート111 マガジン12発
素3→5発 ストパ2→4発
最大威力14m サプ時9m 腰だめ精度:悪い
跳ね上がり特大+

腰だめ精度を除けば優秀な一品。
特に射程距離が優秀
可変ストック付き武器の代用をしたい場合はこれ1択。


・M1911
点レート122 マガジン8発
素3→5発 ストパ2→4発
最大威力11m サプ時8m 腰だめ精度:並
跳ね上がり特大+

射撃性能的には最も汎用的なハンドガン。
個人的には迷ったらこれがいいと思う。
弾数がネック。本当に予備武器にしかならない。


・Desert Eagle
点レート94 マガジン7発
素2→4発 ストパ2→3発
最大威力9m ストパ時24m 腰だめ精度:良い
跳ね上がり特大+++

至近での腰だめ射撃と、近中距離での指切り射撃が売り。
ただし弾数難かつストパ必須な感がある。
至近以外で最速連射かますと弾がどこかに消えていく。
緊急時の火力というより、攻撃の択を増やしたい場合に良さそう。

[PR]
# by vibnil | 2017-03-02 20:42 | Comments(0)

最低限覚えて欲しい部分だけざっくばらんに書きます。
分割のためサブマシンガンとライトマシンガンのみ書き出し。

・・サブマシンガン

最速キルは20m程まで。ただし射撃精度的に期待できるのは10m程まで。
サプありだと最速キルが10mまで縮む。
足の速さと腰だめを生かす武器。ジャガーノートが基本。
チーム戦できるか否かで性能が天と地ほど差がでる。周辺の味方も把握しておけよ???
移動速度100、エイム中移動速度80%

・MP5
総合レート800
素3→5発 ストパ2→4発
手ブレ極小 跳ね上がりやや大 収束悪め 収納速度が全武器中で最速

面射よりのバランス型。移動速度ペナルティもなく、SMGの基本はこれ。
初期ハンドガンと予備弾薬を共有でき、弾薬帯無しでもカバーが効く。


・AKS-74U
総合レート800 点レート123
素3→5発 ストパ2→4発
手ブレ大 跳ね上がり大 貫通力中
移動速度95% エイム中76%

点射よりのバランス型。移動速度がARと等速な代わりに、
有効射程はSMG中で最長。撃ち合いも意識するなら。


・Skorpion
総合レート857 点レート170
素2→5発 ストパ2→4発
手ブレ極小 完全面射 10mで最低威力になる

至近のみ2発、それ以外5発キルと言って差し支えない武器。撃ち合いはご法度。
その代わりARより射撃精度が高い。
サプ+ストパorUAVジャマーで隠密用に。


・Mini-Uzi
総合レート952 点レート100
素4→5発 ストパ3→4発
手ブレ極小 跳ね上がりやや大 高拡散

レートで圧倒するための近接特化SMG。
有効射程はすさまじく短い。入ってくる敵を迎撃するための武器っぽい。


・P90
総合レート937 点レート121
素4→5発 ストパ3→4発
手ブレ極小 跳ね上がりやや大、右寄り 収束悪め

弾数が多い近接特化SMG。Uziと比べて幾らかマイルド。
MP5に押され気味。有効射程がかなり短い事だけは覚えておくべき。


・・ライトマシンガン

超射程、高火力、高貫通、100発マガジン。
ただし移動速度壊滅、腰だめ精度終了、ストックもクイドロもない。
居場所があって生きる武器だが、自力で場所を取る性能が極端に低い事を自覚すべし。
移動速度87.5%


・M249 SAW
総合レート937 点レート121
素4発 ストパ3発
手ブレ極小 跳ね上がりほぼ無し 収束悪い
グリップで腰だめ精度がARと同等になる。 収納速度が全武器中で最速

高拡散の面射型。最速キルを考えてはいけない。
射撃特性はP90が近い。用途が特殊すぎて基本的に忘れて良い武器。


・RPD
総合レート705 点レート121
素3発 ストパ2発
手ブレ極小 跳ね上がり特大+ 高収束

ストパ2発キルがとにかく強烈なチョー強い機関銃。
ただし上反動が凄まじすぎてフルオート射撃は苦手。
機関銃で点射性能はトップ。


・M60E4
総合レート600 点レート94
素2→3発 ストパ2発
手ブレ極小 跳ね上がり特大 高収束

ストパ時、ジャガノ相手でも25mまで2発キルが取れる機関銃。
リコイルコントロールもRPDより多少しやすい。
ただし最速キルと点射レートで大きく劣る。


[PR]
# by vibnil | 2017-03-01 19:33 | Comments(0)

最低限覚えて欲しい部分だけざっくばらんに書きます。
分割のためパークとアサルトライフルのみ書き出し。


・・パーク
・パーク1
基本的にフラグ×3が超強い。
居座りを視野とする武器は弾薬帯がお勧め。
ボムスクワッド、クレイモア×2、タクティカル×3はマップと対策次第で使うと良い。

グリップに関して。
LMGのグリップは点射レートが1割上がるフルオート射撃の精度はほとんど変化しない
M249 SAWのみ加えて腰だめ精度がAR相当になるボーナスがある。


・パーク2
ストッピングパワージャガーノートの2強。
前者はキルに必要な弾数が1発減る、後者はデスに至る弾数が1発増える(ざっくばらん)
基本はこのどっちかを使う以外ありえない。

メタ次第で稀にUAVジャマーソニックウェーブを使う程度。
オーバーキル、スライハンド、ダブルタップはストパの効果の前ではほぼ息をしていない。

ストパで3発キルが2発キルになる場合、キル速度は"2倍"になる。狂ってるレベルの強さ。
ジャガーノートを装備すれば、SRやフラグによる即死を大きく抑制できる。


・パーク3
場所取りゲームであるチーム戦において、Exコンディションは非常に強い。
定点崩しにおいてディープインパクトは非常に効果的。
ステディエイムは腰だめ射程を実質2倍に増やす。近距離の補完に強力。
孤立する事がありえるクラスはデッドサイレンスがあると心強い。

基本的に4種にから目的に応じて選択。他は忘れてよい。


・・・武器性能

・・アサルトライフル

最速キル距離は44mまで(IWのNV4並)
サプレッサー装備で17mまで縮む。
有力なフルオートARは常にスナイパー並の手ブレが伴っている事に注意。
移動速度95%

・M16A4
瞬間レート937(総合459)
素3→4発 ストパ2→3発
手ブレ極小 収納速度が全武器中で最速 取り出し速度が全武器中で最速

瞬間火力の鬼。ただし精度はAKより下。頭出し相手は厳しい。
ノーガード野郎を瞬殺するための武器
近接は苦手だが、切り替え速度が出し入れ共に最速。ハンドガンとの連携がカギ。

・AK-47
総合レート705 点レート125
素3→4発 ストパ2→3発
手ブレ大 跳ね上がり中
ドットサイトorサプレッサーで最低威力が5発キルに劣化

ちょー強いフルオートAR
精度が並止まり、アタッチメント制限が弱点。


・M4A1
総合レート857 点レート150
素4→3発 ストパ3→4発
手ブレ大 跳ね上がり微小

かなり強いフルオートAR
爆発力に劣るが、精度とアタッチメント制限無しが光る。


・G3
総合レート600? 点レート125
素3→4発 ストパ2→3発
手ブレ小 跳ね上がり中

セミオートになった代わりに各種制限の外れたAK。つよい。
点射性能は全AR中で最高。

・M14
総合レート600? 点レート75
素2→3発 ストパ2発(中距離HS1確)
手ブレ小 跳ね上がり特大 貫通力大

全距離2発とHS1撃が売り。
ただ射撃性能はスナイパーのM21の劣化となっている。


・G36C
総合レート759 点レート125
素4→3発 ストパ3→4発
手ブレ中 跳ね上がり小
収納速度が全武器中で最速 取り出し速度が全武器中で最速

性能は手ブレと切り替え速度を除いてM4A1の劣化。基本的に忘れて良い武器。
ただし切り替えがクソ早いのでハンドガンとの連携では数段上。
また遠距離射撃では手ブレの関係でこっちが上になる場合もある。

・MP44
手ブレが極小になった以外、完全劣化AK-47。忘れましょう。

[PR]
# by vibnil | 2017-03-01 18:51 | CoD4 MW | Comments(0)

CoD IWマルチプレイにおけるSMG:Eradの新エピック武器、Cyclopeanの検証メモになります。


b0168174_01271605.jpg

*適当に検証したので若干数値違いがあるかも 確殺数やらは確かである
威力:19→16→12→10(HS倍率1.1)
射程:10m→15m→20m→∞ (おおざっぱ)
レート:約1000
弾数:45/90

*レーザーサイト、サプレッサー、ラムサーボの装備が不可
**最速キルは18F~33.4F 普通の武器で15F程度 8~12Fで最速キルに優れる

オリジナルとの変更点
弾数1.5倍 レート約1.2倍
・威力が変化 4~6発→6~10発 
・跳弾が削除
腰だめ拡散がほぼ0に変化
・サブ効果によりエイム時の手ブレが削減されている

基本的に素マウラーがやりたかった事をより実用的にした物と言った感じ。
オリジナルとは武器ステータスを部分的に共有する別武器となっている。
スチールドラゴンと異なりホーミング機能等はほぼ無い。エイムアシストは存在するが。

腰だめ射撃の拡散がほぼ0であるため、エイム無しでキルを狙っていける
弾幕自体はブレッブレ(低精度の面射型)のため、中距離以遠に関してはエイムが必要となる。
内部的に言えば一発の反動そのままにレート1.2倍で素Eradより精度が悪くなっていると思われる。

・メリットデメリットと運用法

利点は何といっても近中距離までのエイム不要射撃。
最速キル速度は最大威力でもNV4にも劣るが、射撃開始が速いため遭遇戦では逆転できる
基本的にこれが使えるのは荒場となる。
格闘戦でも安定したキル速度が出せるだろう。
中距離に関しても反動特性がEradであるため、FHRよりかは現実的にキルはできると思われる。

欠点は最速キルの遅さ。正面対正面は極めて厳しい。
腰だめ拡散0と高レートを生かし、ブースト等で軸をずらして強制的に格闘戦に持ち込むしかない。
また射撃音が極めてうるさくかつ消音不可のため、すっごく目立つ。
ヘイトを極端に集めて味方に射撃してもらうというのも一考ではある。

基本的に固められた場を突破するのは苦手で、荒場で戦う武器と言った印象である。
チームメイトにサプマンモス、サプセンチネルがいるなら、それらに連キルを託して
囮になるのは多いにありだろう。

高いレートかつ確殺数が多い上に機動戦をしかけてさらに命中率が下がる都合、
デクスタリティによるリロード補助は必須となる。
とてもではないがヒュージョンマグでは給弾が追いつかず、
オーバークロック+リワインドあるいはマンアットアームでようやくと言った感じである。

中遠以降を諦めるのであれば、必要アタッチメントは無いに等しいため、
機動戦に対応するためのサブ武器としてノーアタで使う事も視野に入る。
ハンドガンの平均と比べると遥かに射程と機動力があるため、
スナイパーやR3Kやらの狙い撃つ類と併用もありだろう。

蛇足だが、劣化リーバーモードに切り替えできるErad旧エピックのケルベロスとは全く方向性が真逆となる。
あちらは至近での即死の択と、ガンパーク安定性による近中距離での火力といった、最速キル(正面衝突)を重視した物であり、
こちらは最速キルを捨てて遭遇戦に特化した物である。
無くても困らないが、あればあったでPTやFFAで面白い武器と言った印象である。

[PR]
# by vibnil | 2017-02-16 01:27 | CoD IW | Comments(0)